1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. マリリンの野望Offline
  4. その他のスポーツ » 
  5. マリリンの野望Offline

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

マリリンの野望Offline

Category: その他のスポーツ

コーエーテクモゲームスの有名ソフトとは何の関係もないが。

本橋マリリン新チーム…「カー娘」卒業
 カーリング女子の06年トリノ、10年バンクーバー両五輪代表、本橋麻里(24)=NTTラーニングシステムズ=が16日、都内でチーム青森からの脱退と、故郷の北海道北見市を拠点とした新チーム「ロコ・ソラーレ」の主将就任を発表した。

 本橋は「青森で5年間、五輪や世界選手権で思っていた結果が出せなかった。五輪が終わって一区切りだと思った。『卒業』という感じ」と説明した。そして「チームの和を作ることからスタートさせたい。もっと強いきずなを自分自身が作っていく。そういう課題が私にあると思った」と新たな決意を明かした。

 「ロコ・ソラーレ」は、太陽の常呂(ところ)っ子を意味する造語。チームは主将・本橋ら北海道の旧常呂町(現北見市)出身の5人で構成されている。7月に顔を合わせ、8月上旬には第1回合宿も行った。

 本橋は夏場は東京を拠点とし、シーズン中には北見市に戻るという。「選手である以上、目標はオリンピック。でも、足元を見つめてやっていきたい」。ゼロからの再出発を誓った。

[ 2010年8月16日 デイリースポーツ ]


一部には本橋選手のスタンドプレーとの批判もあるが、チーム青森(愛称「クリスタル・ジャパン」)はスポンサーもついて活動資金等の心配も少ないかなり恵まれたチームだった筈で、そこを離れると言うことはカーリング以外の心配事も抱えることになる。それ故に重大決心だったことは間違いないだろうが、その背景には何があるのだろうか?

口に出せない事情があるとすれば、それはチームの方針に対する不信感だろう。バンクーバーオリンピック日本代表決定戦、そして本番と阿部晋也コーチは近江谷杏菜(おおみやあんな)選手をサードに抜擢したが、それは今後近江谷選手中心のチームにしていきたいという意図が感じられた。ただ、オリンピック、世界選手権を見た限りにおいては、近江谷選手のサード起用は無謀というか時期尚早な感は否めない。

近江谷選手の父、近江谷好幸は長野オリンピックに男子日本代表として出場した選手であり、ソルトレイクシティオリンピックでは女子日本代表チーム(愛称は映画でも有名になった「シムソンズ」)のコーチを務めた。また、妹の近江谷七海は北見選抜のスキップを努めていて、まさにカーリング一家といったところか。体格的にも恵まれているし、阿部コーチが期待するのも分からないではないが。

但し、若い選手を(スキップに)抜擢するのは無謀かと言えばそうとは言えないだろう。イギリス代表のスキップは、その美貌で日本のカーリングファンを虜にしたイブ・ミュアヘッド選手である。ミュアヘッド選手の父、ゴードンはアルベールビルオリンピックにイギリス代表として出場し、1999年の世界選手権で金メダルを獲得している。兄弟のグレンとトーマスもカーリング選手であり、ミュアヘッド一族もカーリング一家と言えよう。ミュアヘッド選手は2007-2009の世界ジュニア選手権を3連覇(スキップとしては2連覇)している。イギリスチームもバンクーバーオリンピックでは満足のいく成績とはいかなかったが、ミュアヘッド選手は随所に素晴らしいショットを見せていて、近江谷選手とは格の違いがあると感じた。

本橋選手のセカンドというのは世界の強豪相手に勝ちに行った布陣なのは確かだろう。ただ、本橋選手までで築いたアドバンテージを残りの2人が吐き出してしまうことが多く、有効に機能したとは言い難い。しかし、本橋選手をセカンドにしたのは他にも理由があると思われる。本橋選手は公称ストーン3個分の体重(もっとありそうだが)を生かした強いストーンが投げられる選手でヒットに関しては素晴らしいものを持っているが、ドローに関してはヒットほどの安定感は無いように思う。カーリングは後半になればなるほど精度の高いドローショットを求められることが多い訳で、サードとしては?とコーチは思ったのだろう。本橋選手は今後はスキップ(フォース)を努めることになるのだろうが、ドローにもっと磨きをかける必要があるだろう。

以上、多少穿った見方をしてきたが、国際大会では全く歯が立たないチーム青森も国内では無敵状態な訳で、更に自分自身レベルアップすることを考えた場合、これ以上チーム青森に所属しても多くは望めないと考えるのはある意味当然と言える。国際大会で結果を残すには、もっと国内で激しい競争をしてレベルアップしていく必要があり、その為には国内に体制の整ったクラブがもっと増えないといけないだろう。ただ、それにはスポンサー等のバックアップが必要となってくる訳で、自身に知名度がある今だったらできるという考えもあっただろう。

勿論、本橋選手の「ロコ・ソラーレ」にも期待をしたいが、解説でおなじみの小林宏氏がGM兼HCを努める「チームフジヤマ」や日本選手権2位に入った常呂高校のメンバー全員が進学した札幌国際大学等楽しみなチームも増えてきつつあり、こういった状況の中でチーム青森がどういった戦いを見せるのか。チーム青森には目黒萌絵選手の後任スキップとして青田しのぶ選手が加入したが、(ブランクもあることだし)中心になっていかなければいけないのは近江谷選手だろう。チーム青森という看板に恥じないプレーを見せることができるのか、近江谷選手の今後を占う意味でもこれからの大会でのパフォーマンスに注目したい。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「その他のスポーツ」の前後の記事


2010-08-21 Sat 01:05:20 | trackback(0) | comment(2) | | PageTop▲
prev | home | next

Posted by kaz-p

この度は、トラックバックありがとうございました。

マリリンには、今後もがんばってもらいたいし、チーム青森にもがんばってもらいたい。でも、目黒選手に続いて本橋選手の脱退。とんでもない戦力ダウンですけど、大丈夫なんでしょうか?心配です。
2010/08/22(Sun) 02:05:38 | [ EDIT ]

Posted by Lammtarra

こんにちは。

個人的には、群雄割拠の時代に突入した方が、長い目で見て日本のカーリングのレベルアップに繋がると思っているので、そこまで心配はしていないですけどね。

チーム青森は11月のパシフィック選手権に日本代表として出場するので、そこでの成績が一つの指標になるでしょうね。この大会で2位以内に入れば世界選手権の切符が手に入りますが、中国は事実上確定で韓国との争いになると思います。韓国に勝てるようならチーム青森健在を示すことになるでしょうが、負ければ本当に戦国時代に突入することになるでしょう。
因みに、世界選手権での3年間の累積ポイントによって、オリンピック出場が決まるので、切符を取れるかどうかは非常に重要になってきます(負ければその年のポイントは0)。
2010/08/22(Sun) 07:49:40 | [ EDIT ]














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。