1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 負けられない戦いはどこにある?
  4. サッカー » 
  5. 負けられない戦いはどこにある?

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

負けられない戦いはどこにある?

Category: サッカー

まずは、サッカーの東アジア選手権から。

サッカーの東アジア選手権が17日に中国・重慶で開幕した。日本は北朝鮮相手に1-1で引き分けたが、試合を簡単に振り返ってみたい。

正直、結果はどうでもいいだろう。岡田武史監督に代わって間もないこともあり、まずはチーム作りの為に色々試して経験を積んでいくことが重要だろう。但し、単に試合をすればいい訳ではなく、テーマを持って試合に臨むことが求められる。岡田監督はラグビーの大西鐵之祐元日本代表監督の「接近・展開・連続」の理論をモチーフに「接近・展開・継続」を指針として掲げているが、それはいかなるサッカーになるのだろうか。

日本は鄭大世選手のゴールで先制される苦しい展開になったが、これは素晴らしいシュートだったし、急造DFラインだったことを考えると仕方ないと思う。この辺は試合を重ねて”お見合い”をしないようにしていかなければいけないが、現時点ではこんなものだろう。

それより気になったのは北朝鮮のカウンターに対する対応で、カウンターに対してズルズル下がるケースが目についた。北朝鮮がカウンター主体なのは分かっている筈だし、これからアジア予選で対戦するチームもカウンターは狙ってくる訳で気になるところだ。カウンターに対しては「接近」して少なくとも速攻は防がなければいけない訳で、試合途中でだんだんと良くなってきたものの意識付けができていないように感じる。

攻撃に関してはあれだけ引かれてしまうとパスで崩すサッカーは難しい訳で、別にパス回しに拘る必要はないと思う。ただ、序盤は冷静にボールを回して欲しかったが…。日本の永遠の課題は決定力不足をどう解消するかだが、サイドから単調なクロスを入れるだけでは得点に至らないのも当然でもっと工夫が欲しかったところだ。得点は安田理大選手のドリブル突破からのセンタリングを前田遼一選手が頭で合わせたものだが、安田選手の良さが出たと思う。

安田選手以外にも水本裕貴選手や田代有三選手など若手の登用が目についたが、苦しい台所事情もあるし色んな意味で試していくことは必要だろう。ただ、加地亮選手の左サイドバックは…。慣れの問題はあるにせよ、加地選手は器用なタイプには思えないし。それなら駒野友一選手を左で使った方が良いと思えるが…。

次は、四大陸フィギュアスケート選手権だ。韓国・高陽で行われた四大陸選手権は男子シングルで高橋大輔選手、女子シングルで浅田真央選手が優勝した。

四大陸とは、アジア、アメリカ、オーストラリア、アフリカの四大陸を指す。四大陸選手権はヨーロッパフィギュアスケート選手権と同格の扱いになっているが、歴史が浅いこともあり権威も大きく見劣りする。その為、年によっては各国の主力クラスが欠場することも多いが、世界選手権の叩き台としては丁度いい試合ではある。

高橋選手はエフゲニー・プルシェンコ選手が持つ記録(258.33点)を抜く歴代最高得点(264.41点)を叩き出しての優勝だったが、フリーのジャッジのスコアを見ても高い基礎点に加え10点以上の加点を得ているし、要素点でも9点をつけるジャッジがいて演技の素晴らしさを裏付けている。

女子は金妍児選手の欠場で、浅田真央選手と安藤美姫選手の一騎打ちになったが、浅田選手が優勝で安藤選手が3位になった。女子も、ジャッジのスコアを参照して見ていく。

まず浅田選手だが、全日本選手権では抜けてしまったトリプルアクセル(3A)を飛んだ時点で勝負あったように思える。この3Aは3点をつけている審判がいるように素晴らしいジャンプだった。ただ、この後のトリプルフリップとトリプルトゥループのコンビネーションジャンプを回転不足と判定(3F+3T<)されているし、相変わらずトリプルルッツ(3Lz)はエッジ違反を取られている。今回の大会は回転数のジャッジがかなり厳しいのは事実にしても、全日本選手権でも失敗していて(甘いジャッジに助けられているが)序盤が鍵になりそうだ。

安藤選手はクアドラプルサルコウの失敗(判定は2S)も痛いが、トリプルルッツとトリプルループのコンビネーションが3回転+2回転(3Lz+2Lo)になってしまったのも痛い。それにしてもクアドラプルサルコウを飛ぶ必要があるのだろうか。基礎点では金選手や浅田選手に比べて若干低いにせよ、出来映え点(GOE)で逆転できる範囲だと思うが。勝負がかかった試合では飛ぶのは難しくここしかないというところだろうが、世界選手権では恐らく封印だろう。

もう一人の代表村主章枝選手だが、今シーズンの結果が示す通りで語るに及ばずと言ったところか。正直、何故村主選手を派遣したのか疑問だ。村主選手の代わりに若手選手を派遣すべきで、武田奈也選手や水津瑠美選手あたりを選んだ方が良かったように思える。

東アジア選手権も四大陸選手権も大会の位置付けとしては中途半端で、どちらかと言えば前哨戦だろう。テレビ局としては視聴率が取れなければ困るのだろうが、無理に勝負気配を煽るのはどうだろうか。本当に負けられない戦いはまだ先だ。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「サッカー」の前後の記事


2008-02-18 Mon 08:34:51 | trackback(19) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
日本、北朝鮮と引き分け
中国開催のサッカー東アジア選手権。17日の初戦で日本は北朝鮮と1-1で引き分けた。日本、北朝鮮に1-1の引き分け(スポーツナビ)   日本の先発は以下の通り。GK 川島DF 水本、加地、中澤、内田MF 遠藤、羽生、山岸、鈴木FW 播戸、田代交代 播戸→...
2008/02/18(月) 08:43:29 | りゅうちゃんミストラル
東アジア選手権 対北朝鮮戦
1-1の引き分けでした。 高原、大久保とかなりケガ人続出の日本代表。 FWの先発は播戸と田代とフレッシュな2TOP。 しかし、今回の会場は中国の重慶、4年前のブーイングは覚悟の上・・・。 見ているこっちもムカつかなければいいのですが・・・・。 (本当に4年前はムカつ?...
2008/02/18(月) 09:23:57 | FOOTBALL語り場
すっきりしないドロー・・・
予想できた結果ではあるけど・・・。 東アジア選手権 日本 1-1 北朝鮮 なんだかなぁ。結局はテストの意味合いが強かったのかな。怪我やなんやらで難しかったと思いますが、スッキリしない内容でした。 日本は4ー4ー2のシステム。CBには阿部の代わ...
2008/02/18(月) 11:12:26 | 雲の上からHello!
北朝鮮戦
まあ妥当な結果というところでしょうか。 前半15分くらいまでは、机上の空論と練習だけでシステムが巧く機能しないということを示して目もあてられない状況で、その中で先制点も奪われたわけですが、まあ、試行錯誤の結果なのでこれ自体は仕方ないところでしょう。 ただ...
2008/02/18(月) 12:35:39 | 川の果ての更に果てに
東アジア選手権開幕!!
今日から中国で始まった東アジア選手権。 相変わらず性懲りもなくチャイニーズはBooBooうるさいねぇ。 その方が見ているこっちも気合い入っていいけど。 今日は自国が負けたから、余計気分が悪かったのかもしれませんけどね。 水曜の中国戦に向けて少しは慣れておかな...
2008/02/18(月) 12:46:43 | キングのオキラク蹴球記
東アジア初戦は北朝鮮にドロー
東アジア選手権の初戦の日本VS北朝鮮は1対1でドローだよ 試合の前半は開始の早々に日本が失点して1対0で終了したけど 後半は前田のゴールで同点にしたけど1対1のドローだったね 日本は相も変わらず試合の開始早々に失点し後はドロー止まりで 俺も試合に興...
2008/02/18(月) 13:25:58 | スポーツ瓦版
何とかドローに持ち込んだ
東アジア選手権初戦の北朝鮮戦。 これまでの試合とスタメンが大きく変わった影響なのか、立ち上がりから何かバタバタしていた。 そして、落ち着く前の前半6分に痛恨の失点。 その後徐々にペースをつかみかけるもなかなかゴールは遠かった。 正直、このまま1-0で終わる...
2008/02/18(月) 13:28:46 | 勝手な言い分
消化不良
第3回東アジア選手権 日本1-1北朝鮮 う~ん・・・・失点のシーンは何やってんだって感じかな。 雰囲気的にこないだのタイ戦と同じ。 正にエアポケットに嵌ったという表現がしっくり来る。 立ち上がり慎重になり過ぎ、様子見をしている所を巧く突かれたね。 川島のせ?...
2008/02/18(月) 15:49:15 | FSS ~Fukuoka Sports Stadium~
2月17日(日)
「惡い奴ほどよく眠る」。東京マラソンで新星。 東アジアカップは北朝鮮に引き分け。
2008/02/18(月) 16:57:59 | 仙丈亭日乘
なんかイマイチなゲームだったな。
日本代表×北朝鮮代表 微妙だな 岡ちゃんは何がやりたかったのだろうか? ゴール前に引きこもる相手に、中途半端な浅い位置からクロスを放り込み。 これでは餃子を食う為にだけ行ったのかと言われてしまう。   しかし、加地が流血した時はゾッとしま...
2008/02/18(月) 21:23:36 | ナカユビタテロー!!!!!!
サッカー東アジア選手権、日本は北朝鮮と引き分け
サッカー東アジア選手権、日本は北朝鮮と引き分け(読売新聞) - goo ニュース サッカー男子の第3回東アジア選手権決勝大会が17日重慶で開幕し、日本は、北朝鮮と1-1で引き分けた。 前半は、開始早々に北朝鮮に先取点を入れられ、苦しい試合運びだったようです。 後...
2008/02/18(月) 22:18:00 | あれこれ随想記 
東アジア選手権 日本VS北朝鮮
3回目を迎えたサッカー東アジア選手権、今回は中国で開催されます。男子は過去2回とも2位に終わり、あと一歩で優勝を逃しています。今回こそ悲願の初優勝を目指す日本、初戦は北朝鮮と対戦しました。 試合は前半6分にチョン・テセのゴールで先制されてしまう嫌なムー...
2008/02/18(月) 22:23:41 | 日刊魔胃蹴
サッカー東アジア選手権、日本対北朝鮮戦。
中国・重慶でのサッカー東アジア選手権、初戦の日本{/v/}北朝鮮戦。 日本はFWが何人か怪我で遠征に参加せず、バンド君と田代の2トップ、MFに遠藤、羽生、山岸、鈴木ケータ、DFは中央に中澤、水本、左右に加地、内田、GKは川島君だった。 田代と川島君は代表初出?...
2008/02/18(月) 22:28:15 | 思いつくまま
フィギュアスケート四大陸選手権、浅田真央ちゃんが初優勝、安藤ミキティは3位。
韓国ソウルで行われたフィギュアスケート四大陸選手権・女子、日本からは浅田真央ちゃん{/hearts_pink/}&安藤ミキティ{/hearts_pink/}&村主章枝{/hearts_pink/}さんが参加した。 韓国のキム・ヨナさんは腰痛のため欠場だった。{/face_naki/} この大会は、3月の世界選手...
2008/02/18(月) 22:28:26 | 思いつくまま
霧に煙る重慶&霧に巻かれた?岡田ジャパン!!【サッカー 東アジア選手権】
サッカーの東アジア選手権が17日、中国の重慶で開幕した。岡田監督就任後、初の海外遠征となる日本代表は初戦で北朝鮮と対戦し、序盤先制されたものの、後半追いつき1-1の引き分けで何とか勝ち点1を獲得した。 また、これに先立って行われた韓国×中国の試合は3..
2008/02/18(月) 22:55:29 | 不定期更新のスポーツニュース
[東アジア選手権]霧の重慶、大凡静かな夜だった
そんな大会あるのは知ってたが今日からあるとは知らんかった東アジア選手権、日本代表も代表とは言え1.5軍ぐらいの戦力で臨む北朝鮮戦です。霧でかすんだ重慶のピッチ(緑は鮮やかだがなんかでこぼこした感じ)は少し前まで中国×韓国戦をやっていたそうで(何か発煙筒...
2008/02/18(月) 23:39:57 | BBRの雑記帳
サッカー日本代表東アジア選手権中盤は圧倒的支配も単調なクロスだけで新戦力起用以外見所なし
17日サッカー東アジア選手権日本対北朝鮮の試合が中国重慶オリンピックスポーツセンターで行われ、1対1でドローに終わった。試合は序盤から北朝鮮の攻勢に苦しみ、前半6分に川崎で活躍するFW鄭大世に決められ先制を許す苦しい展開、その後は日本が中盤を支配するも...
2008/02/19(火) 12:50:22 | オールマイティにコメンテート
東アジア選手権 北朝鮮にドローでは、、、
実はこの試合、日本は勝っているらしいですよ ここだけの話。 終了間際に一瞬映像が止まったでしょ? あの直後にゴール入れたらしいんですよ、 でも日本に勝たす訳にいかないので、そのシーンカットして引き分けとしたらしい。 だって、ここは中国重慶だから、、、 なん?...
2008/02/19(火) 16:12:32 | しっとう?岩田亜矢那
東アジアサッカー選手権2008「日本代表 vs 北朝鮮代表」
初優勝を狙う初戦の結果 日本代表1ー1北朝鮮代表 前半6分、チョン・テセ選手のシュートで先制される。 後半24分、安田選手のクロスをゴールキーパがはじいた 所を前田選手が頭で押し込む。 今日の試合は負けたかな?と思ってしまいました。前半4 1分のコ...
2008/02/19(火) 23:05:23 | slow,snow
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。