1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 宴の後始末
  4. その他のスポーツ » 
  5. 宴の後始末

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

宴の後始末

Category: その他のスポーツ

30日の試合は10,257人もの観客を集め空前の盛り上がりを見せたハンドボール北京オリンピックアジア予選だが、やはり宴の後に残るのは儚さなのか。

えっハンド協会大赤字、収入7割IHFへ
 社会現象となった大フィーバーの後に大赤字が待っていた。1月29、30日に開催された男女のハンドボール北京五輪アジア再予選の広告収入や放送権収入の約7割が、国際ハンドボール連盟(IHF)に入る規定が判明、31日までに日本ハンドボール協会に通達がきた。日本協会の取り分はわずか2割。規定通りなら日本協会は黒字から推定5000万円の赤字に転落する。1億円もの経費をかけて大会を成功させた日本ハンドボール界は、五輪を逃した後の、巨額の赤字に憤慨している。

(略)

 再予選の開催経費は約1億円に達した。当初は6000万円程度の予算を組んでいたが、世間の注目度の高さに、警備や設営などの経費が大幅に膨れあがった。それでも2日間で約1万5000人の観客を動員し、テレビ中継も実現。協会の自己資金約2000万円を合わせて、何とか黒字になる予定だった。

 規定ではIHFの取り分が7割。さらにエージェント1割、日本に2割という配分になる。ただ約4000万円近い入場料収入に対しては、現時点でIHFは主張していない。あくまで推定での換算になるが、日本の取り分は約1億円の収益のうち、入場料収入を引いた6000万円の2割、つまりが1200万円しかない。入場料収入と合わせても5200万円。総経費から換算すると5000万円前後の大赤字になる。

 すでに9月のアジア予選(愛知・豊田市)でも約1億数千万円の経費がかかっており、その回収も終わっていない。今回の再予選である程度の収益を確保するつもりだった。今後、IHFが入場料収入にまで権利を求めてくれば、日本協会の赤字は億単位に膨らむ可能性も出てきた。

 そもそも今回の再予選は、IHFとアジアハンドボール連盟(AHF)の摩擦で決定が遅れ、引き受け手はなかったため、日本が手をあげた。44日間という短期間で準備したため経費がかさんだ。通常の大会とは事情が異なる。協会関係者は「9月の予選はないことになったのだから、それにかかった経費はIHFが持ってほしい」と訴えた。【吉松忠弘】

[ 2008年2月1日8時57分 日刊スポーツ ]


やり直し予選の開催国に日本が立候補した時点で懐具合は大丈夫なのかと思ったが、やはり…。以前のエントリーで紹介したように、日本バスケットボール協会は世界選手権での約13億円の赤字を引き金に内部紛争に突入していて、日本ハンドボール協会も混乱に陥る可能性は否定できない。

基本的にこういった国際大会は赤字になるもので、特に世界的に見てもマーケットの規模が小さい競技は尚更だ。明らかに日本ハンドボール協会の見通しが甘すぎた感は否めない。昨年9月に愛知県豊田市で行われた(幻の)男子予選の分と合わせると億単位の赤字を計上しそうだが、果たしてこの危機をどう乗り切るのだろうか。

実際、日本ハンドボール協会の財政事情は厳しい平成19年度の事業予算を見てみると、総収入は5億円余り、その内事業費に使えるのは4億3,000万円程度になっている。5億円程度の事業規模はサッカーだとJ2のクラブでも厳しい位で、ここからもハンドボールが今置かれている状況が伺える。

他の協会と比較してみると、日本サッカー協会(JFA)が約178億円(2005年度)、日本バレーボール協会(JVA)が約35億円、日本バスケットボール協会や日本スケート連盟は残念ながら不明で、赤字を垂れ流すのには”どんぶり会計”体質も一因になっているのだろう。”どんぶり会計”で赤字を垂れ流すのは自業自得で厳しく責任追及されて然るべきだが、日本ハンドボール協会はこうやって最低限の情報公開(ディスクロージャー)は行っていて、放漫運営で赤字を大きくしたとは思えず何とかしてやりたいと思うが…。

それにしても、国際ハンドボール連盟(IHF)が7割も持って行くというのはボッタクリすぎだろう。確かに、IHFも運営資金が必要で大会からの収入を当てにしなければならないのは理解できるが、ヨーロッパ以外ではマイナーで市場規模の小さいハンドボールでこれだけの取り分を主張しては厳しい運営を強いられるのは当然だろう。ハンドボールの普及・発展を考えればヨーロッパ以外での大会を増やしていく必要があると思うが、再予選の候補地に上がった中国が財政的な理由で拒否したように今の規定では難しいだろう。せめて、ヨーロッパとそれ以外で取り分を変える必要はあるのではないだろうか。

日本ハンドボール協会もやり直し予選の放映権を民放に売っていれば少しはマシだったように思う。ただ、民放に売っていたら、「勝つしかないんです」とか散々煽りまくった上負けてしまえばサヨウナラとなるのがオチで、そういった点ではNHKと契約したのは評価できる。NHKなら世界最終予選も放送してくれる可能性もあるだろう(但し、ショッキングな結果になる可能性が大だが…)。ただ、ハンドボールの普及活動はテレビ放映だけでは無い訳で、これだけの赤字を出すと折角の注目度の高さを今後に繋げていく上でも大きな障害になるのは確かだ。

本来ならやり直しの元凶になったアジアハンドボール連盟(AHF)のアハマド会長のポケットマネーで補填しろと言いたいところだが、それは流石に無理だろうし。最近の永田町では”霞ヶ関の埋蔵金”探しがブームになっているが、埋蔵金の一部を日本ハンドボール協会に寄付したらどうだろうか。既に末期的症状にある福田政権だが、少しは小泉元首相のように”人気取りのパフォーマンス”も考えた方が良さそうだ。尤も、福田内閣は”選挙管理内閣”だろうし、そんな余裕もないのだろうが…。


<参考記事>
日本バスケットボール協会につける薬無し あとで読む ブックマークに追加する


2008-02-02 Sat 20:51:20 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。