1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 勝ったことの意義、負けたことの意義
  4. 野球 » 
  5. 勝ったことの意義、負けたことの意義

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

勝ったことの意義、負けたことの意義

Category: 野球

プロ野球のアジアシリーズは11日に決勝戦が行われ、中日ドラゴンズが6-5でSKワイバーンズ(韓国)を破り、千葉ロッテマリーンズ、北海道日本ハムファイターズに続き日本が大会三連覇を飾った。

それにしても、中日ドラゴンズは初戦ではSKワイバーンズに敗れるなどかなり苦戦した。決勝戦も李炳圭選手の2ランホームランで勝負ありかと思ったが、山井大介投手の後を受けた岡本真也投手が李晋暎選手に同点2ランを浴びたのは大きな誤算だっただろう。9回に井端弘和選手のタイムリーヒットで勝ち越したドラゴンズがクローザーの岩瀬仁紀投手を投入して辛くも逃げ切ったが、ワイバーンズの粘りが光った好ゲームだった。

クライマックスシリーズ、日本シリーズでは初回にビッグイニングを作るなど先手先手の戦いをしていたドラゴンズだが、アジアシリーズでは全試合で相手チームに先制されているように、後手後手に回ったのが苦戦の要因だろう。初戦の1回、1死1,3塁の絶好のチャンスに中村紀洋選手が併殺打で倒れると、守備の乱れで失点を重ね完敗したように、悪い流れを作ってしまったように思える。

また、日本シリーズでは活躍した森野将彦選手、中村紀洋選手の不振が目立ったが、クライマックスシリーズからアジアシリーズまで1ヶ月間調子を維持するのは難しいし、タイロン・ウッズ選手がいない中「俺が打たなければ」という思いが裏目に出たように思う。エラーも多かったように全体的に「気が抜けた」ように感じることも多かった。確かに、日本シリーズが集大成であって、アジアシリーズはおまけの感は否めない。

とは言え、選手の動きが悪かった要因はやはり「勝って当然」のプレッシャーに因るものが大きいだろう。日本シリーズまではチャレンジャー精神で戦えても、アジアシリーズへそういった心構えで臨むのは困難だろう。ワイバーンズの善戦もチャレンジャー精神あってこそで、逆の立場だったなら難しかっただろう。そういった意味では地力の差はあるように思える。

ただ、中国はともかく、韓国、台湾との差はかなり縮まってきているのは事実で、いつ足許を掬われてもおかしくない状況だ。変化球を強振して相手投手の術中に嵌る感の強かった韓国、台湾も好球質打で足を絡めた細かい野球をするようになってきている。ワイバーンズには加藤初、大田卓司、福原峰夫の三人の日本人コーチがいるように、日本球界と韓国、台湾球界の人的交流が進んでいるのも大きな要因だろう。

今回、ドラゴンズが初戦でワイバーンズに敗れたのがアジアシリーズでの日本の初黒星となったが、アジアシリーズにとって意義ある敗戦だったと思う。韓国、台湾が日本に対して挑戦する図式は変わらないにしても、日本が楽勝続きではアジアシリーズの存在意義に関わってくることで、日本球界に危機感を植え付けたと思う。タイロン・ウッズ選手、川上憲伸投手と投打の看板が出てこないのでは、アジアシリーズが真剣勝負の場とはとても言い難い。

しかし、最終的にはドラゴンズが優勝したこともまた意義があることだと思う。アジア球界がより実力をつけていくには壁となりうる存在は必要で、いずれは優勝を逃すときが来るにせよ、日本がアジアの壁として立ちはだかることは決して悪いことではない。オリンピックやWBC等「負けられない試合」のプレッシャーは相当なものがあるに違いないが、「勝って当然」のアジアシリーズで優勝するのもかなりのプレッシャーがあることだろう。こういった緊張感を経験できることは数少ないし、来年以降の日本チームにとってはますますプレッシャーが大きくなるだろう。

アジアシリーズは今年が3回目だが、ずっと日本開催が続いている。スポンサー、放映権、日程、開催時期等考慮に入れるとドーム球場のある日本開催は仕方のないところだが、いずれは持ち回り制にすべきだろう。また、日程的には苦しいが、参加国の増加も視野に入れる必要があると思う。ディンゴ選手、ウイリアムズ選手等を輩出し、アテネオリンピックでは二度もやられたオーストラリアなどは実力的にも参加の資格はあるだろう。サッカーではAFC加盟となったオーストラリアは今後アジアのスポーツ界との交流は多くなるだろうし、野球での交流も視野に入れても良いのではないか。

ただ、まだ3回目であるし、大会の重みも回数を重ねることによって次第に増してくるように思う。アジア球界発展の為には必要な大会であることは間違いないし、関係者各位の努力によってより良い大会になっていくことを期待している。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「野球」の前後の記事


2007-11-12 Mon 19:47:56 | trackback(9) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
中日ドラゴンズ アジア制覇
中日ドラゴンズがアジア一となりました。 本当によかったですね! 心よりお祝い申し上げます。 このアジアシリーズでも シーズンと全く変わりない緻密で計算されつくした 夢のある野球を繰り広げ 韓国・台湾・中国本土のチーム相手に 予選リーグから圧倒的な力の差を見せ...
2007/11/12(月) 20:56:40 | しっとう?岩田亜矢那
[KONAMI CUPアジアシリーズ]決勝:1点差は中日ペース
さて、ようやく日テレも地上波で60分延長アリの中継をして、東京ドームには中日ファンが一気に集結、しかし何だかスタンドのエコーは「アジア頂上対決」というには、やむを得ないが半分は座席反射やぞ、という、空間を感じさせる残響。そんなアジアシリーズ決勝戦は先攻...
2007/11/12(月) 21:11:54 | BBRの雑記帳
158試合の果てに
ペナントレース144試合、クライマックスシリーズ5試合、日本シリーズ5試合、そしてアジアシリーズ4試合。
2007/11/12(月) 21:19:08 | 田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)
アジアシリーズ決勝 本当,お疲れさまでした!
おめでとう!! …というより…いや~,本当におつかれさまでした。 これで長かった今シーズンのプロ野球もついに終了です。
2007/11/12(月) 21:37:12 | D.D.のたわごと
アジアシリーズ2007 中日優勝
中日が韓国・SK破り初優勝…プロ野球アジアシリーズ(読売新聞) 中日、接戦制しアジア王者! 日本勢3連覇(スポーツナビ) 野球・中日優勝で落合監督胴上げ(時事通信) テキスト速報。スポーツナビ KON
2007/11/12(月) 21:54:37 | 青いblog
中日が韓国・SK破り初優勝
中日が韓国・SK破り初優勝…プロ野球アジアシリーズ(読売新聞) - goo ニュース プロ野球のアジア王座を争う「KONAMI CUP アジアシリーズ2007」(読売新聞社後援)は11日、東京ドームで決勝が行われ、中日が6―5でSK(韓国)を破り、初優勝。 中日...
2007/11/12(月) 22:45:47 | あれこれ随想記 
アジアシリーズ07中日ドラゴンズ接戦になりながらも最後は勝ち越して3年連続日本勢が制覇!
11日プロ野球アジアシリーズ2007決勝韓国王者SKワイバーンズ対日本王者中日ドラゴンズの試合が行われ、5対6で中日ドラゴンズが接戦を制して3年連続日本勢のアジア王者を死守した。試合はSK先発レイボーン、中日先発山井投手の投げ合いで始まり、初回にSKが...
2007/11/12(月) 22:52:17 | オールマイティにコメンテート
中日アジア王者!井端執念の勝ち越し打で強敵韓国SKを降す!
●SKワイバーンズ(韓国)5-6中日ドラゴンズ(日本)○(中日アジアシリーズ優勝!) 2007年11月11日(日)東京ドームでSKワイバーンズ(韓国代表)対中日ドラゴンズ(日本代表)、アジアシリーズ2007決勝戦が行われた。中日の先発は山井大介、SKの...
2007/11/12(月) 23:44:42 | DRAGONS VICTORY
中日が大接戦を制しアジアNo.1に輝く
アジアシリーズ2007の決勝戦。中日ドラゴンズが、SKワイバンズに6対5で勝利し、アジアシリーズチャンピオンに輝いた。これで、3年連続日本の球団がアジアNo.1になった。 良い意味でも悪い意味でも、決勝に相応しい試合だった。SKに先制されるも、2回に井上のソロホ...
2007/11/13(火) 21:45:28 | 関西スポーツ”快晴すぽーつ”
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。