1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 名古屋の厩舎で菊が満開
  4. 競馬 » 
  5. 名古屋の厩舎で菊が満開

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

名古屋の厩舎で菊が満開

Category: 競馬

菊花賞はアサクサキングスが制したが、こちらは自らの”菊”を見せつけた愚か者の話だ。

名古屋競馬の女性騎手、調教師をセクハラで提訴
 名古屋競馬の山本茜騎手(24)が、所属していた厩舎(きゅうしゃ)の男性調教師(48)から悪質なセクハラを受け、所属厩舎の変更を余儀なくされたなどとして、調教師を相手取り、550万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしたことが分かった。女性騎手は全国にわずか10人余。現役の女性騎手が、競走馬の騎手を選べる調教師を訴えるのは極めて異例だ。

 訴状などによると、山本騎手は03年6月、調教師に弟子入りし、調教師の厩舎で競走馬の世話などを始めたが、調教師から度々抱き付かれるなどした。さらに、調教師は今年1月、厩舎の調教師の住居に山本騎手を呼び、強い馬に乗せる条件を語りながら「おれはお前に全部見せることができる」などと言って全裸になり、「お前も包み隠さず見せてみろ」と服を脱ぐよう求めたという。

 山本騎手は、厩舎に所属しないと競走馬に乗れなくなることなどから我慢し続けたが、これらの要求を拒否して師弟関係が壊れ、「指示に従わない」などの理由で5月に同厩舎を辞めさせられたと主張。甚大な精神的被害を訴えている。

 山本騎手は、05年10月にプロ騎手デビューし、今年3月、歴代女性騎手として最速(当時)で通算100勝を果たした。朝日新聞の取材に「調教師はセクハラを認めず、謝罪もしない。提訴するかどうか本当に悩んだが、自分の信念と他の女性騎手のためにも、泣き寝入りしてはいけないと思った」と話した。

 調教師は「全裸になったことは事実で行き過ぎがあったが、仕事の話し合い中のことで性的な意味はない。訴訟で争う」としている。

(2007年10月20日10時52分 朝日新聞)


愛知県(名古屋)競馬所属の女性騎手と言えば、女性騎手最多勝記録を更新中(現在496勝)の宮下瞳騎手が有名だが、山本茜騎手は「NARグランプリ2006」優秀新人騎手賞・優秀女性騎手賞を受賞し、女性騎手として最短(1年4か月と19日)で100勝を達成するなど目覚ましい活躍をしている。今年も55勝していて、勝率12.6%、連対率21.8%は優秀な数字で、高知県競馬の別府真衣騎手と共に今後の活躍が期待される若手女性騎手だろう。

JRA所属の女性騎手は全く結果を残せずに終わるなど女性騎手=お飾り的な印象もあるが、ここに来ての女性騎手の活躍の背景は何だろうか。勿論、本人の能力や頑張りもあろうが、地方競馬の置かれている状況とも無縁ではないだろう。地方競馬の多くは既に財政的に破綻していると言っても過言ではなく、常に”廃止”の二文字と隣り合わせの状態で、それは宮下騎手、山本騎手がいる名古屋競馬も別府騎手のいる高知競馬も例外ではない。最近、地方競馬の騎手のJRA及び南関東、兵庫への移籍が多いが、結果を出しても収入に結びつかないのではそれも当然のことだろう。

とは言え、レースを維持するにはそれなりの出走頭数は必要になるし、出走手当も重要な収入になる。その結果、常に”人手不足”の状態になり、女性騎手であっても騎乗機会に恵まれることに繋がっている。数多く騎乗することが騎手の技量を上げる近道であることは間違いなく、また女性騎手だからと言って技量が劣るとは一概に言えるものではない。十分な騎乗機会があれば結果を残す女性騎手が登場するのは当然のことであるし、女性騎手が活躍することによる興行上のメリットも大きいだろう。日本でもJ・クローンのような女性騎手が現れれば、女性騎手に対する色眼鏡も払拭できると思うが…。

それはともかく、女性騎手は希少な存在であるし、女性厩務員であっても割合はそう高くない。女性が少ない要因として、男性の多い世界に女性が入りにくいのはあるにしても、角界同様”競馬サークル”の持つ閉鎖的体質に由来する面も大きいだろう。例えば、JRAであれば関東なら美浦、関西なら栗東にトレーニングセンターがあるが、そこは調教などの仕事の場であると同時に、(住居もトレセン内やトレセン近郊が多く)生活の場にもなっていて、トレセン自体が”村社会”を形成している。地方競馬の場合は、競馬場自体が厩舎や調教施設を兼ねる場合が殆どなのでより狭い村社会になるだろう。

そういった”村社会”の特徴として、厳しい上下関係であったり、村の秩序を乱すものに対する過剰な反応があるが、勿論”競馬サークル”とて例外ではない。調教師と騎手は師弟関係にあり、時には”厳しい指導”が及ぶことも珍しくない。勿論、騎手として成長していく上で、調教師なり他の騎手なりの指導を受けることは必要なことだ。ただ、調教師の権限は大きく、どの馬にどの騎手を乗せるかは(馬主の意向が働くこともあるが)調教師の専権事項であり、調教師のご機嫌を損ねてしまうと”干される”ことも珍しくない。調教師>>騎手という上下関係は絶対的なもので、そういった関係がパワーハラスメントの温床となっていることは否定できない。

不当に騎手を干すことは労働基準法違反の可能性があることだし、他にも(閉鎖的な社会に由来する)暴力やセクハラなどは恐らく日常茶飯事であろう。程度の問題はあるにせよ、そういった問題が表面化しない理由としては、やはり村社会の掟には背くことはできないのだろう。いくら自分が被害者であったにせよ、村社会の見方は”村の秩序を乱すもの”に対する厳しい評価でしかない。仮に裁判に訴え勝訴したとしても、この世界で仕事を続けていくことは難しくなる。そういった点から、多くの場合”泣き寝入り”を余儀なくされるのが実態であろう。

ただ、時津風部屋で行われていた”反社会的”行為が表面化したように、いくら村社会の掟であっても社会的通念から著しく逸脱した行為は当然容認されるものではない。セクハラについては女性からの訴えがそのまま通ることが多く、時として冤罪事件が発生することもあるが、今回のケースでは原口次夫調教師自ら脱いだことを認めているので、裁判では山本騎手側の勝訴の可能性が極めて高いだろう。泣き寝入りの構図を改めていかなければいけないのは当然のことで、山本騎手の勇気ある決断に拍手を送りたい。

ただ、いくらセクハラが悪いことにしても原口次夫調教師を一方的に責めるのはどうだろうか。山本騎手はJRAの騎手試験に2度落ちて、地方競馬の騎手試験にも1度落ちている。厩舎に所属していた方が受かりやすいと考えた山本騎手は引き受けてくれる先を探したが、当然のことながら女性騎手(候補生)を簡単には受け入れてくれない。そんな中引き受けてくれたのが原口調教師であった訳だし、キングスゾーンのような良い馬に乗れたことは山本騎手にとっても貴重な財産だろう。

原口調教師は元騎手で、ゴールドレツトやアカネリンボーなどの名馬の鞍上として活躍している。騎手出身だけに、やはり自分の教え子である騎手の失敗が目についてしまい、それが厳しい指導に繋がることはあるだろう。しかし、調教師の立場を利用してのパワーハラスメントの感は否めないし、”競馬サークル”の掟からして自らが訴えられることなど全く考えていなかったのであろう。騎手そして調教師と長年競馬サークルにどっぷり漬かっていたことにより社会的常識が麻痺していたと思われるが、それは原口調教師だけの問題ではなく、競馬サークルに突きつけられた課題と捉えなくては今後も同じ失態を繰り返すことになりかねない。

ただ、裁判で勝ったとしても、競馬サークルの体質からして山本騎手の前途は明るいとは言えない。川西毅調教師によるバックアップは当然にしても、主催者の愛知県競馬組合としても全面的にバックアップすべきだろう。もしここで干されることがあれば、結局”泣き寝入り”体質に逆戻りするだけだ。勿論、騎手は実力の世界であり、山本騎手を優遇する必要はないと思うが、これだけの結果を残している騎手に騎乗依頼が来ないのもおかしな話だろう。色々な意味で真価が問われるのは、これからだ。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「競馬」の前後の記事


2007-10-23 Tue 01:23:32 | trackback(3) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
品性下劣?
山本茜騎手、元所属厩舎のH調教師を訴える。 http://www.asahi.com/national/update/1019/NGY200710190018.html この記事を読む限り、Hっていうやつはどうしようもない野郎だな。 ま、事実関係は今後さらに詳しく裁判等で明白になっていくんだろうが、H調教師が山本騎?...
2007/10/23(火) 03:54:56 | 公営競技はどこへ行く
山本茜騎手が調教師をセクハラで提訴
ぼけーっとネットをあさっていたらびっくりな文字が飛び込んできた! http://
2007/10/23(火) 22:53:33 | 大阪の耳はロバの耳
名古屋競馬でセクハラ。
競馬ファンのひとりとして、なさけなく思います。 競馬の世界には女性が騎手だけではなくいろいろな役割の部分で活躍しています。 そんな女性たちはどう思ったのでしょうか…。 しかもいまだに競馬界がいわゆる男女差別的な体質が残っていたことに驚きです。しか?...
2007/10/23(火) 23:45:55 | 徒然なる司馬に@「馬論」
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。