1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 正気か!東京電力
  4. 政治・社会 » 
  5. 正気か!東京電力

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

正気か!東京電力

Category: 政治・社会

前の記事を書き上げるや否や、計画停電(輪番停電)の実施が発表された。福島第一、福島第二原子力発電所等の現状を鑑みるに輪番停電の実施自体は不可避だと思うが、明朝朝6:20から実施される地域があるにも関わらず、この状況は余りに酷すぎると言わざるを得ない。この社会的状況下、厳しい糾弾記事は書きたくないのだが…。

輪番停電とは停電を行う全区域をある数の区域に分けて、文字通り順番で一定時間電気の供給を止めて、最後まで行ったらまた最初から…という計画停電のことで、最近だと2001年にカリフォルニア州で行われた例がある。計画停電の内容は20:00頃、東京電力が記者会見で配布した資料だけしか判明していない訳だが、この内容がまた酷い内容で…。マスコミが大きく報道しないのも当然と言える。

そもそも何故50Hzと60Hzなんだまで遡ってなどと言う気は毛頭無いので、まず前の記事で触れた、東北地方太平洋沖地震の際に生じた停電が何故計画停電であったかを確信したかと言えば、東京都と神奈川県の停電世帯数の極端な違いで、東京都は約10万世帯に対して、神奈川県は約130万世帯である。しかも、東京とは神奈川県に隣接する町田市のみ、神奈川県はほぼ全域となれば、意図を感じざるを得ない訳で。想定されている東海大地震であれば、東京都と神奈川県の地震による被害に差がある可能性もあるだろうが、今回の地震に対して東京都と神奈川県で震度等から被害状況に差があるとは思えない訳で、「東京を守る為に神奈川を切った」のだろうと思った次第だ。

但し、地震の際に神奈川を切ったことに関してはどうこう言う気はない。ただでさえ、地震そのものでパニックになっている際に東京で停電が発生すればパニックに輪をかける事態になることは必至な訳で。横浜市の停電状況を見た時にも、西区と中区は停電0だった。西区や中区は駅で言えば、横浜、桜木町、関内辺りで横浜の中心地区だ。ここで停電が発生すれば、大パニックに陥っただろう。筆者が買い物に向かうところを決めた理由の一つは既にこの仮説が頭に浮かんでいたからだ。

それにしても、翌朝6:20から停電を行うのに、この事態とは…。とりあえず、記事を上げて適宜更新することとする…。

22:30 漸く、東京電力のホームページにアクセスできて資料らしきものを落としてみたが、先程の資料とグループ分けが明らかに異なる訳だが…。まさか、この資料はガセネタか?
NHK、東京電力のホームページを告知して良いのか。アクセスできるようになったとは言え、相当重い訳だが…。

0:00 実施エリアを東京電力で把握するのは当たり前のことで、事前にお客様に把握して貰うことが肝心なのだが…。

案の定、東京電力のホームページにアクセスできない。pdfファイルへの直リンは問題ないようだが…。

原発については(気が向いたら)別の記事と言うことにしたいが、正直計画停電に対してここまで軽々しく考えている(としか思えない)東京電力の報告内容そのものの信頼性が疑われる。

”通勤・通学を控えてくれ”って無理な話としか言いようがないが、そう言うしかないよなあ…。

計画停電についてもう少し言うと、14日の計画停電自体は致し方ないと思うが、電力需要の見積もりは何を根拠としているのか。確かに、平日の方が需要が多くなるのは(一般的には)事実だと思うが、(電力を多く消費する)大工場が14日からフル稼働できる状況とはとても思えないのだが。計画停電を実施している間だけでも、需要見積もりと実績を正確に毎日公表することを義務化して欲しいのだが。

明らかな誹謗発言を許して頂きたいが、現状では東京電力の存在自体が激甚災害としか言いようがない。多くの社員の方は懸命に頑張っていると思っているし、悪いのは企業体質というか幹部クラスなんだろうし、東京電力だけでなく日本の大企業や役所に多く見られる”病気”なのだが。

1:30 案の定、無計画停電の影響は甚大そうで、一体どのような困難が起こるやら。

漸く、東京電力のホームページにもアクセスできる状態になった様だが、毎日この状態が続くのなら論外と言わざるを得ない。予定はあくまでも予定でいいから、自分の住所(○○市町村××区△△)を入力したらその地区での(少なくとも向こう1週間の)予定(停電の有無)が確認できるようなシステムを数日以内に構築して安定動作させないと混乱は治まらないだろう。まあ、無理な話なのだが、無計画停電を要求したということはそれ位のことだと幹部は認識すべきだ。

もう少し言えば、(無)計画停電自体は最悪12日から想定していた筈だ。実質的には14日なのだから、2日の猶予があった訳で、その間にもう少し詰めることはできなかったのか。最終的には経済産業省の承認が必要にしても、経済産業省とて大きなイチャモンをつけることなど出来る訳ないのだし。正直、数時間でのやっつけ仕事としか思えない訳だが。

10:00 現在のところ、停電は行われていない。しかし、東京電力の対応は酷すぎる。第1グループの停電見送り-実施するかもという発表の仕方は論外だ。結果的に狼少年になってしまうことは仕方のないことだ。計画停電とは計画通りに(当該エリアで)停電することではなく、計画通りに(当該エリアで)停電する可能性があることのことだろう。余計な混乱を招くようなことをしてどうする。

計画停電に係る混乱は基本的には東京電力によるところが大きいが、JR東日本も相当醜い。京浜東北線は赤羽-蒲田間のみではなあ。乗務員の確保の問題もあるとは言え、それ以外の区間は全く運行できないことはないだろう。確かに、「万が一」は考えなければいけないが、事なかれ主義に走りすぎだ。

見送りを受けて、突如電車を運行した事業者もあったようだが、利用者もその情報に安易に飛びつくのは止めた方が良い。外出(通勤・通学)の可否は行くことだけでなく帰ってくることの見込みも合わせて決定することが必須だ。まあ、後先考えず行かなければいけないことはある訳だが…。

14:30 第2グループも停電しなかったようだが、相変わらず対応が後手後手だなあ。

現在、神奈川県のJR線は京浜東北・根岸線(桜木町以北)・鶴見線(鶴見ー扇町)が運行しているが、京急が15:30頃に全線で運転打ち切りのようだ。早い話が”逃げた”訳だが、朝は乗客が殺到したことが予想され、恐らく通常より少ない職員で裁いたのだろうから、疲労も相当なものだろう。非難する気にはなれない。JR東日本が”勇気”を出さないと、京急がパンクしてしまうぞ。

15:00 明日(15日)の停電計画を、東京電力はいつ発表する気なのか。今日の実績を踏まえてと言う理屈は理解できるが、昨日みたいなことになったら15日も混乱は避けられないと思うのだが。まあ、Yahoo!が特設ページを準備したので、昨日みたいに東京電力のホームページにアクセスが殺到してパンクする事態は避けられると思うが。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「政治・社会」の前後の記事


2011-03-13 Sun 22:46:28 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。