1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. FIFA存続の危機?
  4. サッカー » 
  5. FIFA存続の危機?

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

FIFA存続の危機?

Category: サッカー

やはり第二弾があったか。

FIFA理事3人に多額な賄賂=W杯開催地決定前にまた不正疑惑-英BBC報道
 【チューリヒ時事】英BBC放送は29日、国際サッカー連盟(FIFA)の理事3人が、2001年に破産したFIFAの元マーケティング代理店、ISL社から総額1億ドル(約84億円)に上る多額の賄賂を受けていたと報じた。
 不正疑惑を報じられたのはハヤトウ副会長(カメルーン)とテイシェイラ(ブラジル)、レオス(パラグアイ)の両理事。いずれも、12月2日に迫った2018、22年ワールドカップ(W杯)開催地決定の投票権を持っている。
 BBCが入手したISL社の内部機密資料によると、賄賂の支払いは1989年から99年にかけて計175度にわたった。
 BBCはまた、ワーナー副会長(トリニダード・トバゴ)が10年南アフリカ大会の入場券転売に関与したと報じた。
 FIFA理事をめぐっては、テマリー副会長(タヒチ)とアダム理事(ナイジェリア)が英紙サンデー・タイムズのおとり取材に引っ掛かり、18、22年W杯開催地決定の際の投票確約の見返りに金銭を要求したとして資格停止処分を受けた。2日の投票はこの2人を除いた22理事で行われることになっている。

[ 2010年11月30日9時33分 時事通信 ]


第二弾と書いたのは、サンデー・タイムズ紙の囮取材の件が第一弾に当たると思われるからだ。この疑惑は、BBCの「Panorama」という調査番組で”Fifa's Dirty Secrets”のタイトルで報じられたものだが、29日は開催地投票の僅か3日前で、このタイミングで放送することに関しては批判の声が上がっていた。

ご存じのようにイングランドは2018年のワールドカップ開催地に立候補しているが、苦戦が予想されている。イギリスのブックメーカー、ウィリアムヒルによれば、ロシア1.67倍、イングランドとポルトガル&スペインが3.75倍、ベルギー&オランダが21倍となっている。確かに動いた金額からしても疑惑は看過できないものではあるが、10年程前の話を今更蒸し返すのは苦しいと言うか単なる招致活動と見られても仕方がないだろう。

ISL(International Sports Culture & Leisure Marketing A.G.)社はテレビ放映権に関する不正疑惑で告発されたが、2008年に裁判所はFIFAの理事らは不正に関わっていないという判断を下している。それ故か、FIFAは30日に疑惑を否定する声明を出しているが、事はそう簡単に済むとは思えない。と言うのは、この件に関して国際オリンピック委員会(IOC)が倫理委員会で調査するという動きがあるからで、BBCに対しても証拠の提出を要請するとしている。

ISLに関する疑惑については、過去にブラッター会長も賄賂を貰っていたと報じられたことがあるし、国際陸連(IAAF)のネビオロ会長(故人)も関わっていたとされている。ただでさえIOCとFIFAは折り合いが悪いだけに、IOCは徹底調査するだろう。もし裁定が「クロ」となれば額が額だけに、最悪FIFAはサッカーの統括団体としての承認を外されることもあり得るだろう。因みに、ISL社は1982年にadidasと電通の合弁会社(出資比率はadidas51%、電通49%)として設立されており、日本にとっても対岸の火事では済まされない部分もある。尤も、電通は最終的には出資比率を10%以下にまで下げているのだが。

FIFAに限らず国際統括団体の役員に対する疑惑は数多いし、そもそもどこまで潔白さが求められるのかという話ではあるが、流石に億単位の金をポケットに簡単に納めてしまうのはスキャンダルとされても仕方がないだろう。特にFIFAに関してはブラッター会長自身が疑惑まみれであり、今後第三弾、第四弾の暴露記事が出てきても何の不思議もないが、自身が疑惑まみれなだけに綱紀粛正を求めたところで何の説得力も無いのが問題で、今後も沢山話題を提供し続けることになりそうだ。

ワールドカップと言えば、ご存じのように日本は2022年のワールドカップ開催地に立候補しているが、こちらの方はカタール1.44倍、オーストラリア4倍、アメリカ5.5倍、日本34倍、韓国41倍となっている。

菅首相「支持率1%でも辞めない」=鳩山氏と会談

支持率1%云々は誤報という話もあるしサッカーの話題なので触れないでおくが、鳩山由紀夫前首相も「あまり期待しないでほしい」とか「あなた(菅直人首相)が出席したらいい」とか冷たいものだ。折角「政府専用機を用意する」と言っているのだから出席すればいいと思うのだが。尤も、日本が開催地に決まる可能性は極めて低く、「エコノミーで帰ってこい」と言われるのがオチだとは思うが(笑)。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「サッカー」の前後の記事


2010-12-01 Wed 11:55:06 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。