1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. こんなところにもiPad
  4. その他のスポーツ » 
  5. こんなところにもiPad

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

こんなところにもiPad

Category: その他のスポーツ

野村監督のID野球ではなく、真鍋監督のIDバレーと言ったところか。

世界バレー:iPadで采配 リアルタイムで情報把握
 バレーボール世界選手権の女子第16回大会で、日本代表が今大会から使用している多機能情報端末「iPad(アイパッド)」が注目されている。代表の真鍋監督は、スタッフから届けられた現在進行形のデータをiPadで見ながら、采配(さいはい)を振っているのだ。

 コートサイドでプレー内容を打ち込んでいる渡辺啓太・分析担当によると、情報収集しているのはサーブ、サーブレシーブ、トス、スパイク、ブロック、ディグ(アタックのレシーブ)の6分野。相手の攻撃パターンや選手の特徴などのビデオ研究は以前から行われてきたが、当日のプレーのデータはセット間に紙に印刷して渡していた。iPadを利用した場合、その日のデータをリアルタイムで把握し、「試合途中での戦術の修正や選手交代に迅速に生かせることが強み」という。

 実際のデータ運用はかなり複雑だ。サーブレシーブの成功率が悪い相手をサーブで狙うのは序の口で、サーブを相手の特定のゾーンに打った場合、相手の攻撃パターンが一つに偏る、といった情報も見えてくる。1次ラウンドで20ブロックをマークした井上香織(デンソー)に対しても、1プレーごとにブロックの狙い目をベンチから指示していたという。渡辺分析担当は「選択肢を絞れれば、選手は楽になる。世界で初めての試み」と語る。

 もっとも情報を生かすも殺すも選手次第。日本は9日の韓国戦に勝ち、セルビアがロシアに敗れれば、準決勝進出が決まる。情報戦での優位がメダル獲得に結びつくか--。【高橋秀明】

[ 2010年11月9日9時56分 毎日新聞 ]


毎日新聞の記事に触れる前に現在の状況をおさらいしておくと、日本は9日の韓国戦に勝利した時点でPoolEの2位以内が確定し、13日から始まるFinal Roundの1-4位決定戦進出を決めた。韓国は全体的に硬さが目立ち、V・プレミアリーグのJTマーヴェラスに所属するキム・ヨンギョン選手も前半はスパイクミスが目立って自滅に助けられた感はあるが、江畑幸子選手の活躍は目を引いた。

2nd Roundを通じて見ると、中国に負けたのは頂けない感がある。以前に触れたように中国は世界ランキング3位で日本より格上ではあるが、今大会は調子は良くないだけに今後のことを考えると叩ける時に叩いておきたかった感はある。iPadも”中華Pad”には敵わないのだろうか。

TBSとしては10日のロシア戦にも勝って1位通過と煽りたいところだろうが、残念ながら1位通過は絶望的だろう。ロシアに勝てれば勝ち点の上では並ぶのだが、勝ち点が並んだ場合は得点率で順位を決めることになっていて、得点率に関しては日本はロシアに対してかなり分が悪い。9日の試合が終わった時点で、ロシアは得点502、失点375で得点率は1.339、日本は得点571、失点518で得点率は1.102である。直接対決であることを考慮しても、日本がロシアを上回る為には、日本が3-0で勝つ前提でロシアを29点以下に抑えないと無理な計算になるのでまず不可能と言わざるを得ない。2位通過だとFinal Roundの初戦の相手は世界ランキング1位のブラジルが濃厚でできれば1位通過したいところではあるが、ブラジルには8月のワールドグランプリで勝利しているので可能性はあるだろう。とは言え、これまで31連敗していた相手にそう易々と勝てるほど甘くはないのが現実だが…。

話を毎日新聞の記事に戻すと、今日の韓国戦でも木村沙織選手がサーブで狙われていたように、サーブレシーブの悪い選手を狙うのはどこの国でも行っているし、相手選手のスパイクのコースに対して確率の高い方を防ぎに行くのも当然であるが、サーブレシーブはともかく、スパイクに関しては対戦相手や局面によるところも大きく、リアルタイムでの情報収集を活かせれば試合を有利に進められるのは間違いないだろう。

とは言え、データを収集するだけでは何の意味もない訳で、そのデータから素早く的確な対策を導き出し、それを選手がどれだけ実行できるかにかかっている。今大会は井上香織選手のブロックが好調であるが、確かに予めコースを絞ることが出来れば成功率は高くなるだろう。

バレーボールに限らず、今後もスポーツのIT化は進んでいくと思うが、そのスポーツの本質を損なう程でなければIT化も良いのではないかと思う。iPadを駆使すれば簡単に格上相手に勝てるものではないし、ネットを挟んでのスパイカーvsブロッカーの駆け引きの構図自体に変わりはないのだし。ただ、今まで以上に状況に応じての適応力が求められるようになりそうだ。どんな競技においても、特定の能力に秀でた選手だけが活躍するようだと底が浅くなりがちでつまらなくなるので、IT化が総合力勝負になる方向に進むのであれば、様々な視点から楽しめるようになるし結構なことではないだろうか。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「その他のスポーツ」の前後の記事


2010-11-09 Tue 23:18:23 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。