1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 初の接戦の行方は…
  4. 野球 » 
  5. 初の接戦の行方は…

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

初の接戦の行方は…

Category: 野球

日本シリーズ第4戦が3日、千葉マリンスタジアムで行われた。今シリーズ初の延長戦となった一戦は、中日ドラゴンズが4-3で千葉ロッテマリーンズに競り勝ち、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。今シリーズはワンサイドゲームになることが多く初の接戦と言える試合だったが、簡単に振り返ってみたい。

先発投手は中日は山本昌投手、ロッテは唐川侑己投手だった。唐川投手のデキ次第ではこれまで同様ワンサイドゲームになってしまう懸念がある一方、山本昌投手もそれ程長いイニングは期待できず、両チームの継投も勝敗を左右するポイントとなりそうだが…。

試合は、3回裏に西岡剛選手の適時二塁打、井口資仁選手の2点本塁打でロッテが3点を先制したが、中日は4回表に和田一浩選手の適時二塁打、野本圭選手の犠飛で2点を返すと、5回表に井端弘和選手の併殺打の間に1点が入り、試合を振り出しに戻した。その後は両チームのリリーフ陣が踏ん張り今シリーズの初の延長戦に突入したが、11回表、大島洋平選手の適時三塁打が決勝点となり、中日が接戦を制した。

中日の山本昌投手は球が走っていてデキは悪くないように見えたが、3回にカーブ(?)を2球大暴投するなど制球を乱して西岡選手、井口選手に打たれ、この回で降板した。攻撃も1回表は荒木雅博選手がヒットで出塁するも井端選手が併殺打、3回表は大島選手がヒットで出塁するも牽制死と流れを悪くしていた。

勝因は大島選手の殊勲打や、10回裏、1死満塁で登板した高橋聡文投手のピッチングが挙げられるだろうが、密かに大きかったのは4回表の野本選手の犠飛だろう。ロッテはこの場面で先発の唐川投手を見切り、古谷拓哉投手にスイッチしたが、ここで2点差のままか、1点差になるかはこの先の試合展開に大きく響く可能性が高く、野本選手は良い仕事をしただろう。野本選手は数字自体は良くないがキーマンになっている感がある。

しかし、心配なのは井端選手で、この日も2併殺打と打撃の状態は最悪だ。井端選手に1本が出ていれば中日は楽に勝てた筈だ。それでも試合には勝っているし、守備では貢献しているので、落合博満監督はどういう決断をするだろうか。堂上直倫選手の先発もアリだと思うが。

一方、ロッテの唐川投手もストレートに威力があってデキは悪くないように見えたが、4回途中で降板した。もう少し引っ張る手もあったと思ったが、西村徳文監督は今日は早めの継投策で行く方針だった筈で、大怪我をする前に手を打ったと言うことだろう。

打線も相変わらず好調で、3回の西岡選手の二塁打も次に清田育宏選手が控えていることから西岡選手と無理に勝負に行った結果だろう。8回、9回、10回と相次いでチャンスを逃したのは頂けないが、今日はロッテにツキが無かった感があり、気にする必要はないだろう。

ただ、心配なのは里崎智也選手で、バッティングで結果が出ないことがリードにも影響している感がある。打たれるのは全てリードのせいではないのだが、ストレートを集めすぎる感があり、それを中日打線に要所で狙い打たれたように思える。里崎選手の体調面と代打不足を補う為にも、1試合休ませる手もあるように思うが。

第5戦の先発は中日は中田賢一投手、ロッテは成瀬善久投手と予想する。両チーム共第4戦までは先発投手を決めていたと思われるが、ここからは状況によって変わってくるだろう。第5戦のポイントとしては、両チーム共第4戦で中継ぎ投手陣を長いイニング使っている為、出来れば完投か直接クローザーに繋いで欲しいとベンチは思っているだろう。中日、ロッテ共他の選択肢も十分あり得るが、完投の可能性を考えればこの二人だろう。勝った方が王手をかける重要な試合であるが、本拠地であるロッテの方により重要な試合になるだろう。先発予想が当たるかどうかを含めて、いったいどのような試合になるか目が離せない。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「野球」の前後の記事


2010-11-04 Thu 01:16:00 | trackback(11) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
〔日本シリーズ第4戦〕延長戦の末、2勝2敗のタイに!再びナゴドへ
10回裏無死2塁3塁のサヨナラのチャンスで 1本の外野フライが出ない、 そして、その後の守備の時に 反対に勝ち越し点を入れられてしまう。 まるで、ウチの終盤戦をみているよう。 さりとてドラの苦悩も覗える 日本シリーズは延長15回...
2010/11/04(木) 01:46:32 | しっとう?岩田亜矢那
〔日本シリーズ第4戦〕延長戦の末、2勝2敗のタイに!再びナゴドへ
10回裏無死2塁3塁のサヨナラのチャンスで 1本の外野フライが出ない、 そして、その後の守備の時に 反対に勝ち越し点を入れられてしまう。 まるで、ウチの終盤戦をみているよう。 さりとてドラの苦悩も覗える 日本シリーズは延長15回まで行う との前提があ...
2010/11/04(木) 01:46:38 | こちら、きっどさん行政書士事務所です!
延長11回の激闘 ドラゴンズ粘り勝ち
2009年日本シリーズ第4戦。 千葉ロッテマリーンズvs中日ドラゴンズの第4戦は、今日も千葉マリンスタジアムでプレーボール。
2010/11/04(木) 06:29:34 | FREE TIME
<日本シリーズ>第4戦は延長11回でマリーンズ敗戦
10回裏、あのチャンスで得点できなければ、そりゃ負けるでしょうな。
2010/11/04(木) 06:56:46 | つらつら日暮らし
日本シリーズ第4戦「千葉ロッテマリーンズ vs 中日ドラゴンズ」
マリーンズ、逆転負けです・・・。(4ー3) 物凄い試合になってしまいました。今日は山本(昌)選手が 先発だったので、勝っておきたかったんですが・・・。 この敗戦はただの1敗ではないので・・・。 5回表が痛かった。あそこを上手い事切り抜けてくれたら王 手だった…
2010/11/04(木) 07:28:45 | slow,snow
日本シリーズ第4戦 中継陣が呼んだ白星
10回裏。 「運があった」としか言いようのない福浦の三直併殺で流れは変わった。 ・チャンスでブランコに回って三振 ・毎度のごとく拙攻三昧 ・リリーフ陣がゼロでしのいで最後に勝ち越す この1年、...
2010/11/04(木) 08:17:45 | CW馬なりにて歩む
【野球】日本シリーズ第4戦:延長制してタイに
昨日は見ていてハラハラする試合でしたが、勝てて良かったです☆ チケットが取れずにBSで観戦していたのですが、何度負けを確信しそうになったことか…それを救ってくれたのは、ヒーローインタビューに登場したこの二人でした。 大島くん、アッキーありがとう! ...
2010/11/04(木) 08:44:30 | Party?Party!@neppie.com
【日本シリーズ】中日、五分に戻す
(千葉マリン) 中 日000 210 000 01=4 ロッテ003 000 000 00=3 〔延長11回〕 <投手> (中)山本昌-ネルソン-三瀬-河原-浅尾-    高橋-岩瀬 (ロ)唐川-古谷-小野-内-伊藤 ○高橋1勝 S岩瀬1S ●伊藤1敗 <本塁...
2010/11/04(木) 11:10:40 | FUKUHIROのブログ・其の弐
2010プロ野球日本シリーズ第4戦  中日が延長戦を制し、ロッテの王手を阻止。
ロッテの2勝1敗で迎えた「2010プロ野球日本シリーズ」の第4戦。3日も千葉マリンスタジアムで行われました。ロッテが連勝すれば5年ぶりの日本一に王手がかかり、中日は王手を阻止して名古屋に戻りたいどころです。第4戦はロッテが唐川侑己、中日・山本昌の先発でスタ...
2010/11/04(木) 13:51:43 | 日刊魔胃蹴
延長11回、大島、決勝三塁打! 怒濤の拙攻合戦は中日に軍配!
◆M3-4D◆ 王手を狙うロッテは3回、西岡のタイムリー二塁打,井口の2ランで3点を先制。中日は4回、ベンちゃんのタイムリー二塁打,野本の犠飛で1点差とすると、5回には無死満塁から井端のゲッツーの間に同点。その後、両軍共にリリーフ陣が再三再四のピンチを...
2010/11/04(木) 15:33:29 | ANQ Ritzberry Fields
11月3日のスポーツ
天気が良かったので、午前中から池袋へ買い物に行って(チャリンコ)、帰ると姪(2ちゃい)が遊びに来てて、そのあと無線LANの設定やらなんやらで、ほとんどテレビを観てない祝日の一日。 そんな中、明日のスポーツ紙の一面を飾りそうな試合がいろいろありましたねー。...
2010/11/04(木) 19:08:41 | O塚政晴と愉快な仲間達
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。