1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 喝!
  4. サッカー » 
  5. 喝!

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

喝!

Category: サッカー

最近はクライマックスシリーズの記事ばかりになっているが、サッカーの話題を纏めてお送りしたい。

まず、最初の話題は、

サッカー:J1 大宮の入場者数水増し、07年11月以降の全試合で 社長認め辞任へ
 サッカーのJリーグ1部(J1)大宮アルディージャの渡辺誠吾社長(55)は19日、さいたま市内で会見し、07年11月以降の全主催試合で公式入場者数を水増ししていたことを認めた。2日の浦和戦(埼玉スタジアム)で疑惑が表面化し、クラブ内で調査していた。渡辺社長は管理責任を取る形で近く辞任し、水増しを行った担当幹部2人も解任する方針。

 水増しはホーム競技場の「ナック5スタジアム大宮」の改装初戦以降、主催した全58試合で行われ、計11万1737人に上る。07年10月以前は記録が残っていないため、不明とした。Jリーグが定める算出方法では、ゲートを通ったチケット入場者に、貴賓席などの特別席や車いす観戦者などを合算した数字を公表することになっていたが、大宮は担当幹部2人の独断でゲートを通らなかったイベント参加者などを加味して推計し、1試合平均約17・9%の水増しを行っていたという。

 大宮の年間入場者数は08年の約20万人から、09年は約30万人に急増していた。渡辺社長は自身の関与は否定したうえで、07年春に設定した「09年までに年間観客動員30万人」というクラブ目標が、担当幹部の焦りを誘ったとの見方を示した。

 入場者は広告料収入などに影響し、透明性を確保するためにJリーグは93年の開幕当初から実数発表を義務づけている。Jリーグの大東和美チェアマンはこの発表を受けて「多くのファンを裏切り、他のクラブの努力を踏みにじる行為」と語り、近く裁定委員会を開いて大宮に対する制裁処分を決める方針を示した。【安間徹】

[ 2010年10月20日 毎日新聞 ]


大宮の入場者数水増し疑惑に関しては既報であるが、ここまで長期に渡って行っているとは思わなかった。大宮の年間観客動員数は2005年169,667人、2006年173,986人、2007年199,602人、2008年182,142人と推移して2009年に276,202人と急増しているので、明らかに2009年のデータは怪しいのは分かるのだが。

Jリーグにはブラックアウト規制もないし、それ以前に最近は(民放で)Jリーグ中継が放送されることすら希であるが、観客動員数=宣伝効果という側面ではチームの広告料収入に与える影響は大きい。チームの収入源を大きく2つに分ければ広告料収入と入場料収入になるが、2009年のJ1全チームの平均では広告料収入が45.2%、入場料収入が21.1%(残りはJリーグからの配分金等)となっている。大宮の場合、広告料収入が67.4%に対し、入場料収入は僅か10.7%でしかなく、広告料収入がクラブの生命線となっている実情が見て取れる。

しかし、そう簡単に観客動員数が増えるかと言えばそう甘くはない。Jリーグ自体の注目度が格段に上がるとも思えないし、何より近くに浦和レッズというビッグクラブがあるのが厳しい。マスコミも浦和にしか注目しないし、阪神タイガースに対するオリックス・バファローズのような立ち位置だろう。とは言え、この問題で影響を受けるのは大宮だけでなく、他のクラブやJリーグ自体にも及ぶ訳で、水増しという行為を肯定する理由にはならないのは当然だ。

大宮に対する処罰は、来週に開かれる裁定委員会に委ねられるようだ。勝ち点剥奪も噂されているが、余りに厳しすぎる処分をするのは賛成できない。何故なら、この問題は大宮だけの問題ではないからだ。

まず、この件に関してJリーグ幹部の責任は免れないだろう。大宮の年間観客動員数の推移を見れば、少なくとも2009年のデータは素人目にも明らかに怪しいだろう。勿論、クラブ側の経営努力の賜物である可能性も捨てきれないが、急激な観客増についてはJリーグがクラブに事情聴取するのが筋だと思うが、Jリーグがそれを行っていたとは思えない。

もう一つの理由は、水増しを行っているクラブは恐らく大宮だけではない筈で、全チームに対して観客動員数の調査をすることを優先させるべきだと思うからだ。もし、大宮に対して(勝ち点剥奪等の)厳しい処分をしてしまえば、処分を恐れて事実を隠蔽するクラブが出てくるだろう。闇が闇のままであればいいが、この件以降続々と水増しの事実が発覚することは、その都度自らJリーグのネガティブキャンペーンを行うようなもので馬鹿馬鹿しいこと極まりない。

今後は罰金の金額を上げるなり、勝ち点剥奪の処分を科してもいいが、今回に関しては寛大な処分にすべきだろう。大宮をスケープゴートにして乗り切ろうとするのは、不祥事が続々発覚して窮地に陥っている日本相撲協会の二の舞になるだけだ。くれぐれも、Jリーグが”落とし処”を間違えないことを願いたい。

次の話題は、

票の見返りに金銭要求=FIFA理事、英紙のおとり取材に-W杯招致
 【ロンドン時事】サッカーの2018年、22年ワールドカップ(W杯)招致で開催地決定の投票権を持つ国際サッカー連盟(FIFA)理事会メンバーが、米企業のロビイストを装った英紙サンデー・タイムズ記者のおとり取材に引っ掛かり、米国への投票と引き換えに金銭を要求していたことが分かった。17日付の同紙(電子版)には取引の様子を写した動画も掲載された。
 引っ掛かったのはアモス・アダム理事(西アフリカ連盟会長)とレイナルド・テマリー副会長(オセアニア連盟会長)。アダム理事は米国が22年招致に絞る前の時点で、18年開催地の投票で米国を支持する見返りとして、母国ナイジェリアに人工芝ピッチをつくる費用80万ドル(約6500万円)を要求。テマリー副会長はスポーツ学校開設の資金として300万ニュージーランドドル(約1億8000万円)を求めた。
 また、アダム理事は22年開催地への投票については既に別の取引を行ったことを明かし、テマリー副会長は他の二つの立候補国の支持者からも票取引の申し出があったことを明かした。
 同紙によると、FIFAは提供された動画を調査するとしている。

[ 2010年10月17日9時43分 時事通信 ]


色々な意味で凄い話だ。おとり取材と言うのも凄い話だが、それに引っかかってしまうメンバーもねえ…。動画を見たかったのだが、サンデー・タイムズ電子版は有料サイトだ。同サイトの動画を引用したと思われる、カタールのテレビ局、アルジャジーラが制作したInside Storyという番組を紹介しておく。



約24分の動画であるが、冒頭の3分くらいでナイジェリアのアダム理事とのやりとりが紹介されている。

FIFAワールドカップは(夏季)オリンピックに比べて、商業化路線への移行は遅れたが、最近は放映権料が著しく高騰していて、動くお金の面でもオリンピックに匹敵するイベントになっている。多額の金が動くとなれば、黒い噂が噴出するのも道理だろう。オリンピック招致も不透明感は否めないが、FIFAワールドカップも以前から色々怪しい噂はあったし、こういった不祥事が発覚すること自体には何の驚きもない。

この件に関してFIFAがどういう動きをするか注目していたが、アダム理事、テマリー副会長(タヒチ)に加えて、ワールドカップ招致で倫理規定に抵触した元理事4人に対しても暫定的に30日間の職務停止にしたようだ(スポニチ記事)。サンデー・タイムズはイギリスの有名な新聞、タイムズの姉妹紙であり、そこらのゴシップ紙とは格が違うだけにFIFAとしても黙殺はできなかったか。とは言え、今回職務停止になった元理事の中には4年前、ワールドカップ入場券の転売で理事職を追いやられた人物も含まれていて、FIFAの自浄能力の無さを象徴しているとも言える。

2018年及び2022年のFIFAワールドカップ開催地は12月2日の理事会で決定される。2022年のワールドカップには日本も立候補していて、開催地がどこに決まるかも注目であるが、FIFAがどのような処分を下すかも注目だ。12月2日だと30日間の暫定処分は明けている訳で、不祥事に関わった理事が投票するとなればFIFAワールドカップ自体のイメージダウンにも繋がりかねない。身内への甘さが目立つFIFAだが、果たしてどうなるだろうか。

最後はこちら。

無免許運転容疑:横浜マ金井選手取り調べ U21活動辞退
 サッカー・Jリーグ1部の横浜F・マリノスは21日、DF金井貢史(たかし)選手(20)が、道交法違反(無免許運転)容疑で神奈川県警横浜水上署の取り調べを受けたと発表した。金井選手は11月の広州アジア大会代表として21歳以下(U21)日本代表に選出されていたが、今後の代表メンバーとしての活動を辞退した。

 他にクラブ内処分として今季残りの全公式戦出場と全体練習参加を停止し、当面は自宅で謹慎する。また、嘉悦朗社長らチームを統括する幹部3人に減俸10%、3カ月の処分を下した。

 横浜マによると、金井選手は18日午後10時ごろ、横浜市内で自動車を無免許運転していたところを交通検問で職務質問され、昨年8月に違反点数の累積により運転免許を失効していたことが発覚したという。クラブには免許失効を報告せず、練習にも自ら運転する乗用車で通っていた。

 金井選手は加入3年目で、今季のリーグ戦は8試合に出場していた。【中村有花】

[ 2010年10月21日13時48分 毎日新聞 ]


容疑とあるが、れっきとした現行犯逮捕な訳で行政処分は免れないだろう。水上署と言えばみなとみらい地区の管轄であるが、APECに備えて厳戒態勢をとっている最中に無免許運転とは。マリノスの練習場であるマリノスタウンはみなとみらい地区にあるので、近寄らないことは不可能であるが。

それにしても、金井選手はまだ20歳だと言うのに、約1年前に違反点数の累積で免許が失効していたとは一体どんな運転をしていたのだろうか。車を運転すると人格が変わってしまう人は多々いるのだが。

肝心の処分であるが、これは金井選手の免許が失効した過程が分からないことにはクラブ側もどの程度の処分を下すのが適切かどうか分からない訳で、もし悪質な事実が発覚すれば追加処分を下す可能性が高いだろう。無免許運転という事実だけでも金井選手に弁明の余地はない訳だが、とは言え今後のサッカー選手としての可能性を完全に摘み取ってしまうような処分を下すのもどうかと思う。最近は何でもかんでも厳罰に処すべきと言った風潮が強いが、これも今の社会の閉塞感がそうさせるのだろうか。

ただ、クラブ側の管理にも疑問が残る。地方のクラブの選手であれば車が無ければ話にならないが、横浜で車が必須とは思えないし。マリノスタウンはかつては交通の便が悪かったが、今はみなとみらい線が開通して駅から遠い訳でもないし、若手選手には公共交通機関を使わせてもいいのではないか。まだ、電車に乗っていて大騒ぎになる程認知度も高くないだろうし、サポーター及びそうでない人達の反応を肌で感じるいい機会なのではないか。サポーターとの交流を図ることはJリーグの理念とも合致するし、一考の余地があると思うがどうだろうか。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「サッカー」の前後の記事


2010-10-22 Fri 08:25:02 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。