1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. サッカークラブの経営問題
  4. サッカー » 
  5. サッカークラブの経営問題

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

サッカークラブの経営問題

Category: サッカー

まず、最初の話題は、

大宮に観客数水増し疑惑 社長否定もJ問題視「必要あれば調査」
 2日に埼玉スタジアムで行われたJ1第25節・大宮―浦和戦で、試合を主管するホームチームの大宮が入場者数の水増し発表を行った疑惑が5日、浮上した。大宮は、3万3660人と発表したが、4000人弱の人数を上乗せした疑い。Jリーグはすでに大宮・渡辺誠吾社長に事情聴取を行っており、大きな波紋を呼びそうだ。

 通常、入場者はゲートを通過した人数に、ホームチームがVIP、特別招待客を合わせた数字を発表する。だが、複数の関係者によれば、2日の大宮―浦和戦で入場ゲートを通過した入場者は3万人弱。4000人弱の数字の開きがでるのは、異例の事態だ。

 通常のホームゲームはNACK5スタジアムで行う大宮だが、浦和との「さいたまダービー」は、収容人員6万3700人を誇る埼玉スタジアムで開催。ただ当日のスタンドは空席が目立ち、入場者数が発表されるとプレス席からは驚きの、現地のサポーターからは疑問の声が上がっていた。

 スポーツ報知の取材に対し、大宮・渡辺社長は、「この日は大々的なイベントをスタジアム内外で打ち、企画を盛り上げてくれた人たちを招待した。ただ、実際にスタジアムで観戦した人数しか発表していない」と否定した。

 入場者数は、クラブ人気のバロメーターのひとつで、広告料収入などと密接な関係がある。4000人弱、約10%にも及ぶ「水増し疑惑」をJリーグは問題視。すでに4日にはJリーグ幹部が大宮の渡辺社長に「事情聴取」を行っている。「水増しがあったとすれば、ゆゆしき問題だ。必要があれば調査する」と別のJリーグ幹部は話した。

 Jリーグは、1993年の開幕からスポンサーへの透明性の確保などの理由で実数発表を義務化。その後、プロ野球も実数発表に推移した経緯もある。だが、外部からの検証を受けにくいホームチーム発表の数字に“操作”が加えられたとすれば、Jの理念を揺るがす。真相の究明が待たれる。

[ 2010年10月6日6時1分 報知新聞 ]


ぶっちゃけた話をしてしまえば、入場者数の水増しを行っている(た)クラブは大宮アルディージャだけではないと思われるが、流石にこれはやり過ぎと言ったところか。大宮にとって厳しいのは、Jリーグのガリバー、浦和レッズの存在で、どうしても浦和の前に霞んでしまう感は否めない。実際、入場者数を見てみても、2009年度のホームゲーム(17試合)の合計で浦和751,565人、大宮276,202人と大宮は浦和の足下にも及ばないが、理由をちょっと考えてみたい。

Jリーグは様々な統計資料を発表しているが、その中に観戦者調査報告(pdfファイル、重いので注意)がある。これは、各チームのホームゲームのある試合でアンケート調査を行った結果を纏めたものである。対象の試合が1試合だけなので誤差はそれなりにあるが、各チームの傾向は現れているだろう。

まず、アンケートに回答した人達が応援するチームを見てみる。ホームゲームで調査しているので、当然ホームチームのサポーターが多いのだが、浦和の場合、有効回収数415に対して浦和サポーターは406(97.8%)であるが、大宮の場合、有効回収数427に対して大宮サポーターは309(72.4%)となっている。J1の平均87.7%に比べると大きく下回っており、大宮の観客動員は対戦相手に依存する傾向が強いことが分かる。

次に、各チームのサポーターの属性を見ていく。まず、男女比であるが浦和は男性が占める割合が56.9%、大宮は68.1%(リーグ平均は60.6%)と大宮は男臭い(?)クラブになっている。次に、平均年齢を見ていくと浦和は36.5歳、大宮は42.0歳(リーグ平均は37.3歳)となっていて、大宮は若いサポーターを獲得できていないことが分かる。最後に、居住地を見ていくと、浦和は埼玉県人の割合が76.3%、大宮は87.3%(リーグ平均は86.3%)となっていて、埼玉県人のうちさいたま市民が占める割合は浦和31.4%、大宮52.8%となっている。ここから、大宮はさいたま市以外での認知度が低いことが想像される。

上の結果から、浦和はガンバ大阪のような大都市型クラブ、大宮はアルビレックス新潟のような地方都市型クラブと言えると思うが、大都市の場合、動員率が低くなってしまうことは致し方ないことで、東京23区の北部とかもっと周辺都市へのアピールをする必要性を感じる。

大宮は、広告料収入が約24億円と浦和(約27億円)に次ぐ2位でJ1平均(約15億円)と比べるとかなり恵まれたクラブであり、別に焦る必要はないと思うのだが。確かに、広告料の目安として入場者数はあるにしても、多くの人が見たからと言ってそれがセールスに直結する時代ではないし、むしろ水増しによるマイナスイメージでスポンサーやサポーターが離れていくことの方を心配すべきだろう。

わざわざ、大きな埼玉スタジアムでやって観客が半分以下では恥ずかしいと思う気持ちは分からないでもないが、JリーグはNFL等のようなブラックアウト規制がある訳でもないし、現実は現実として受け止めるしかないだろう。Jリーグも発足から15年以上が経ち、もはや急激にサポーターが増える時代でもないし、地道にやっていくしかないだろう。大宮の観客動員数は2009年に急激に増えているが、恐らくはこの頃から水増しが常態化していたのではないか。この問題は大宮だけでなく、他チームやJリーグの広告収入に与える影響も大きく、チームとして適切な対処が求められるが…。

もう一つの話題は、

リバプール売却で合意…NESVに400億円
 サッカーのイングランド・プレミアリーグの強豪、リバプールは6日、米大リーグ、レッドソックスを所有するニューイングランド・スポーツ・ベンチャーズ(NESV)にクラブを売却することで合意したと発表した。

 売却成立には、クラブ側と対立する米国人の現オーナーとの係争が解決し、リーグが承認することが条件となる。英メディアによると、NESVは約3億ポンド(約400億円)を提示した。現オーナーは2007年にクラブを買収したが、銀行から借り入れた資金など約2億8000万ポンドの負債を抱え、返済期限が迫っていた。

 リバプールは今季、ホジソン新監督を迎えたが、同リーグで7試合を終えて20チーム中18位と低迷している。(共同)

[ 2010年10月6日19時19分 報知新聞 ]


クラブの売却は、日本ではともかく海外では日常茶飯事であり別に驚くことではないが、売却されたのがG-14にも名を連ねるビッグクラブであるリバプールとなればサッカー界に与える影響は少なからぬものがある。

ビッグクラブの経営問題と言えば、最近だとFCバルセロナの虚偽申告が思い出されるが、バルセロナはソシオによるクラブ経営と言う特殊な事情はあるにせよ、ビッグクラブでさえも台所事情が厳しいことを示している。経営悪化の要因はいくつかあるが、高額な違約金(移籍金)によるところは大きく、今後、TVの相対的な地位低下により放映権料の伸びは期待できないと思われるし、適正な規模に抑える努力をしていく必要があるのは確かだ。

3億ポンドが安いのか高いのかは何とも言えないが、メジャーリーグも経営は決して楽ではないと思われる中、3億ポンドを提示できるのは経営基盤が違いすぎると言うか。やはり、ヤンキースとレッドソックスは別格なのか。この2チームが売却されることは考えられないが、もし売却されたらいくらの値がつくのだろうか…。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「サッカー」の前後の記事


2010-10-07 Thu 01:45:36 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。