1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 訴えてやる!
  4. メディア・IT » 
  5. 訴えてやる!

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

訴えてやる!

Category: メディア・IT

上島竜兵の話ではないが。

Microsoft、Androidによる特許侵害でMotorolaを提訴
 米Microsoftは10月1日、米Motorolaが同社の特許を侵害したとして、米国際貿易委員会(ITC)と米ワシントン州西地区連邦地裁に提訴したと発表した。MotorolaがAndroid搭載スマートフォンで、Microsoftの9の特許を侵害していると主張する。

 侵害されたとする特許は、メール、カレンダー、連絡先の同期機能、ミーティング設定機能、信号強度とバッテリー残量をアプリケーションに通知する機能など、スマートフォンのユーザー体験に欠かせない技術に関連するものという。

 同社で知財およびライセンス担当副法務顧問を務めるホレーショ・グティエレス氏は公式ブログで「われわれはただ、Android端末によって侵害された知的財産を守るためにこの訴訟を起こした。最近の米Appleおよび米Oracleの訴訟から判断すれば、こうした行動をとっているのはわれわれだけではない」と述べた。

 Appleは3月に台湾のHTCを、Oracleは8月に米Googleを相手に、それぞれAndroidに関連する特許訴訟を起こしている。

 Microsoftは4月、HTCとAndroid端末で使われている技術に関する特許ライセンス契約を結んでおり、その時点で複数の端末メーカーとライセンス契約について話し合っているとしていた。

 今秋にはMicrosoftのスマートフォンOS「Windows Phone 7」を搭載した端末が、ASUSTeK、LG Electronics、Samsung、Dellから発売される。

[ 2010年10月4日7時18分 ITmedia ]


AndroidとはLinuxをベースに開発された主にスマートフォン向けのプラットフォームであり、携帯端末向けプラットフォームとしては後発であるものの、無償、オープンソースと既存のプラットフォームにはない特徴を持つ。2008年10月に初のAndroid端末がHTCより発売されると、Open Handset Alliance(OHA)に所属する会社から続々とAndroid端末が発売されるようになった。日本では、NTTドコモのSO-01B(Xperia)が有名だろうか。

現在のAndroidのシェア自体はそれ程大きくないが、無償で提供されるのは特に端末メーカーに取っては大きな魅力である。その為、特にOHAに所属しない(有料)プラットフォーム提供企業に取ってはAndroidは目の上のたんこぶであり、Windows Mobile(Windows Phone)を展開するMicrosoftだけでなく、iOSを採用するiPhoneを展開するAppleもHTC相手に同様の訴訟を起こしている。

但し、こういった訴訟を起こせるのは先進国の中ではアメリカ位だろう。アメリカの特許制度と言えば、悪名高い「サブマリン特許」が思い出される。特許と言うのは、世の為になる有益な技術の公開を促す代わりに、権利者に(一定期間技術を独占させることにより)相応の利益をもたらせるのが趣旨とされる。現在の特許制度においては、特許は登録される前に原則公開され、特許の有効期間は登録日ではなく出願日から起算されるようになっているが、これは特許制度を悪用して過度の利益を上げようとする「サブマリン特許」が横行したからである。

何故、「サブマリン特許」が横行したかと言えば、特許は独占使用するだけでなく、特許の有効期間中であれば実施料を取ることも出来る。その為、その技術が十分普及してから特許として登録されるようにすれば、場合によっては長い期間莫大な利益を上げることが可能になる。「サブマリン特許」の例としては日本においては半導体製造に関するキルビー特許、アメリカでは画像処理に関するレメルソン特許、Rambus社のSDRAM特許、「サブマリン特許」ではないが、突如高額の特許実施料を取った例としてはUnisis社のGIF特許などがある。

アメリカの特許のもう一つの問題点としては、他の国では到底特許となり得ないものが特許になり得る点で、余りに抽象的、包括的過ぎるものや既に普及している技術など(他の国では)特許性を満たさないものでも、特許として登録されやすい。

例えば、AppleがHTCを訴えた際に侵害されたとした特許としてはGUIにおけるオブジェクトの移動(US Patent No. 7,362,331, Time-based, non-constant translation of user interface objects between states)があるが、この特許が出願されたのは2001年1月(登録は2008年4月)で同年10月にWindows XPが発売されたことを考えれば、既にGUI自体特別なものではないし、2008年ともなればWindows Vistaが発売された後である。Abstractを読んだだけなので詳細に関しては何とも言えないが、基本的には従来技術から容易に想像される技術に過ぎないと思われる。今回の件に関して、Microsoftは具体的にどの特許が侵害されたが明らかにしていないが、恐らくは”アメリカレベル”の特許と思われ、外国(企業)から白眼視されることは避けたいのだろう。

これは、同内容を伝えるcnetの記事へのリンクであるが、この記事についてのコメントが辛辣で”Microsoft has never invented anything”とか”How does patent trolling prove that they are innovative?”とか、Microsoftの企業イメージが垣間見られる内容だ。

携帯端末は将来的に発展が約束された分野で、それ故に今後もこういった訴訟が相次ぐことが予想されるが、泥沼の訴訟合戦によって企業が疲弊して技術の進歩が止まるような事態は避けて欲しいものだ。MicrosoftはLinuxに対しても度々訴訟を起こすなど、無償、オープンソース化の流れを潰すことに必死な感があるが、お金を取るのであればその価格に見合うだけの優秀な製品を世に送り出して勝負するのがメーカーとしての本分ではないだろうか。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「メディア・IT」の前後の記事


2010-10-05 Tue 07:54:22 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。