1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 人を裁くということ(追記あり)
  4. 芸能・音楽 » 
  5. 人を裁くということ(追記あり)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

人を裁くということ(追記あり)

Category: 芸能・音楽

漸く判決が出たが。

押尾学被告に懲役2年6月の実刑判決
 合成麻薬MDMAを一緒にのんで死亡した東京・銀座のクラブホステス、田中香織さん(当時30)を救命しなかったとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優、押尾学被告(32)の判決公判が17日、東京地裁で行われた。山口裕之裁判長は、懲役2年6月(求刑懲役6年)の実刑を言い渡した。

 争点だった保護責任者遺棄致死罪については、保護責任者遺棄については認めたが、致死の成立は認めなかった。

 検察側は「田中さんの死亡時刻は異変の約1時間後で、直ちに119番通報すれば救命できたのに、押尾被告は保身のために通報を怠った」と主張し、懲役6年を求刑した。

 これに対し、弁護側は「異変から死亡までは数分程度で、救急車を呼んでも助かった可能性は低い」と反論。押尾被告も「私は田中さんを見殺しにしていない」と訴えた。弁護側は保護責任者遺棄致死罪など2罪について無罪を主張、執行猶予付き判決を求めていた。

 起訴状によると昨年8月2日夕、東京・六本木ヒルズのマンション一室でMDMAを一緒にのんだ香織さんは午後6時ごろに急性中毒症状となり、死亡時刻は同47~53分ごろとしている。

 公判では調書など90点が採用され、証人として救命医療の専門医や押尾被告にMDMAを渡して実刑が確定した知人男性(32)、香織さんの両親ら19人が出廷、評議は14日午後と15日の終日行われた。

[ 2010年9月17日15時10分 サンケイスポーツ ]


筆者は、量刑は妥当な範囲内であると思う。今回の大きな争点はサンケイスポーツの記事にあるように保護責任者遺棄致死罪が問えるかどうかにあった訳だが、致死罪が問えるかどうかは微妙なのは事実で保護責任者遺棄致死罪に問うだけの明確な証拠がないと判断したのも頷けなくもない。保護責任者遺棄罪は3ヶ月以上5年以下の懲役であるが(刑法218条)、既に懲役1年6月の判断が出ている麻薬取締法違反と併せて懲役4年(実際には未決勾留日数を算入して約3年6月)は既に押尾被告が社会的制裁を受けていることも考慮に入れたものなのだろう。

そもそも、保護責任者遺棄致死罪であれば最大で懲役20年となるが、求刑が懲役6年になったこと自体、裁判官及び裁判員の間で意見がかなり食い違っていたからなのだろう。ただ、押尾被告側は控訴したが、控訴審において望み通りの執行猶予付き判決が出るかと言えば難しいように思える。確かに、保護責任者遺棄罪に問えるかどうかもグレーと言えばグレーなのだろうが。

しかし、仮に執行猶予を勝ち取ったとしても、芸能界に即復帰とはいかないだろう。日本人は薬物と性犯罪にはかなり厳しく、性犯罪に関しては裁判員制度導入前に比べて量刑が重くなっている傾向(誤差の範囲内という見方もある)があるくらいだ。保護責任者遺棄罪に問われなかったとしても「薬物を飲んでセックス」のイメージは最悪で、何よりイメージを大切にするテレビ局としてはとても使えないだろう。

感想はこんなものだろうか。個人的には、押尾被告への判決よりも裁判員制度自体の方が遙かに問題だと思うので、裁判員制度について勉強してみたい。

では、裁判員制度とはどういうものだろうか。似たような制度としては、アメリカの有名なドラマ「12人の怒れる男」(12 Angly Men)でも取り上げられた主にアメリカ、イギリスなどのコモン・ロー適用地域で採用されている陪審員制度、ドイツ、フランス等のヨーロッパ諸国で採用されている参審員制度がある。その違いを簡単に表に纏めると、

 陪審制参審制裁判員制度
裁判官の有無
事実認定
量刑×
メンバーの選定事件毎任期制事件毎

詳細は国によって異なるし、陪審制と参審制を併用している国もあるので参考程度に留めて欲しいが、簡単に言ってしまえば裁判員制度は陪審制と参審制の中間の制度だと言える。上表を少し補足すると、陪審制は裁判官は評議に加わらないが量刑の答申は行わない(量刑は裁判官が決定する。但し、民事事件では損害賠償額の答申を行う)。一方、参審制や裁判員制度では裁判官と参審員(裁判員)が共に事実認定や量刑を行うことになる。

参審制では参審員は一定の任期(国によって大きく異なる)があるが、その理由として、量刑には個々の事件だけでなく過去の事件とも照らし合わせたバランスが求められること、参審員がコロコロ変わっては量刑が実質的に裁判官の主導で行われやすくなること、被告が複数の事件に関わっていた場合にその全てに関して判断する必要があること(日本の裁判員制度では上記のようなケースでは事件を複数に分割する区分審理が行われる)等が挙げられるが、裏を返せば日本の裁判員制度の問題点とも言える。

裁判員制度の問題点を挙げ出すと切りがないように思えるが、1つ挙げるなら裁判員の待遇があまりに悪すぎることがあるだろう。裁判員には被告人には認められている拒否権がない、裁判員になることを余程の理由がなければ拒否できない、(正当な理由がなく)出頭しなければ過料が課せられる等、ある意味被告人以下の人権でしかない。これだけでも裁判員になることを拒む正当な理由になり得ると思ってしまうが、ここで問題にしたいのは裁判員の守秘義務についてだ。

裁判官にも評議の秘密を守る守秘義務が存在する(裁判所法第75条)が、これに違反したとしても刑事罰となる規定が存在しない。但し、裁判員については終身の守秘義務がありこれに違反すると6か月以下の懲役刑または50万円以下の罰金刑(裁判員法第108条)になるというのはあまりの格差に呆然とするほかないだろう。

確かに、公正な裁判を実現するための最低限の守秘義務は必要だろう。例えば、裁判員がTwitterに「押尾入廷なう」とか書き込んだりしたらたまらない(実際にはあり得ないが)訳で。但し、裁判員裁判は地方裁判所のみで控訴審や上告審には関わらない訳で、それにも関わらず終身の守秘義務とかアホですかとしか言いようがない。

大体、マスコミはどうなんだと。勿論、マスコミには報道の自由があるし、有名人が裁判員制度で裁かれる初のケースであって注目度が高いのは事実にしても、明らかに過剰報道と言うかはっきり言って報道ではなくただのショーだろう。過剰報道の何が問題かと言えば、裁判員による審理が報道によって左右され兼ねない点で、イギリスでは陪審員に予断を与えかねない報道に対しては法廷侮辱罪が適用されるし、裁判員法106条4項には「被告事件の審判に影響を及ぼす目的で、選任予定裁判員に対し、事実の認定その他の裁判員として行うべき判断について意見を述べ又はこれについての情報を提供した者も、第一項(2年以下の懲役刑または20万円以下の罰金刑)と同様とする。 」とある訳だし。マスコミは被告事件の審判に影響を及ぼす目的で報道している訳ではないにしても、これだけ(悪い)イメージを押しつけて審理に影響を及ぼすことはあり得ないとするのは無理があるだろう。他のブログを見てみても(求刑の)懲役6年でも軽すぎるのに2年6ヶ月とは何ぞやという声がかなり多いのが事実だ。

そもそも、裁判員制度導入の目的は何なのかと言えば、「国民に身近な司法」を実現するためであろう。そうであれば、裁判員になった経験談などを国民の間で共有して司法制度や裁判員制度をより良くしていくための議論のきっかけにすべきで、むしろ積極的に情報公開すべきだと思うのだが。

何故こうなってしまったかと言えば、裁判員制度導入に対して裁判官らは猛烈に反対していた訳で、それを押し切るために裁判員には極力余計な口を挟ませないようにする必要があった為だろう。また、身近な司法、国民との感覚のズレという点においては労働裁判を裁判員制度で裁くというプランもあった筈だが、経済界の反発が強く実現していない。国民の声を無視して強行突破しようという姿勢は総務省の痴デジ地デジ推進と何ら変わりなく、総務省といい法務省といい、これでは役所=国民の敵と言わざるを得ない。今回の騒動(?)は裁判員制度を見直すためのいいケーススタディとなる筈で、裁判員制度廃止も含め、国民の目線に立った法律改正は義務であると提言したい。

最後になるが、今回の裁判はあまりに注目度が高く、裁判員にとってもかなりのプレッシャーになったと思われるが、少なくとも筆者は冷静な審理がなされた結果であると思う。裁判員の方々の苦労を労いたい。

(9/29追記)
この話題について何度も書くつもりはなかったので被告側検察側双方が控訴することを前提に記事を書いたのだが、東京地検は控訴を見送る方針のようだ。この場合、刑事訴訟法402条に「被告人が控訴をし、又は被告人のため控訴をした事件については、原判決の刑より重い刑を言い渡すことはできない。」(不利益変更禁止の原則)と定められており、押尾被告の量刑が一審より重くなることはない。東京地検としては控訴しても保護責任者遺棄致死罪に問える可能性は低いと判断したのだろう。

今後は、
  • 審理を東京地裁に差し戻す
  • 一審の判決を支持し控訴を棄却する
  • 一審の判決を破棄し軽い量刑を言い渡す
の3つのケースがあり得るが、一審の事実認定や審理過程に大きな落ち度があったとは思えず、差し戻しの可能性はまずないだろう。ただ、これ以上新たな証拠や証言が得られるとも思えないし、また高等裁判所は刑事訴訟法382条の2、393条第1項を厳格に適用し「やむを得ない事由によって第一審の弁論終結前に取調を請求することができなかった」場合でない限りは被告人の証拠申請は却下する傾向が強いので、保護責任者遺棄罪に問えないことを立証するのも難しいであろう。控訴棄却の可能性が高いと予想しておく。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「芸能・音楽」の前後の記事


2010-09-18 Sat 01:06:49 | trackback(6) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
押尾学被告 実刑判決を受けるも致死罪は不適用
保護責任者遺棄致死まで適用されるかが、争点になるかと思われましたが、不適用でした。
2010/09/18(土) 05:28:48 | つらつら日暮らし
<押尾学被告>懲役2年6月の実刑判決 弁護側は控訴
{/pc2/}  合成麻薬MDMAを一緒に服用して容体が急変した女性を放置して死なせたとして、保護責任者遺棄致死など4罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判で、東京地裁(山口裕之裁判長)は17日、懲役2年6月(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。 ?...
2010/09/18(土) 10:26:01 | ぼけ~~~っと人生充電記!
押尾学被告 懲役2年6月
押尾学被告に懲役2年6月 「致死」認めず、東京地裁(共同通信) - goo ニュース
2010/09/18(土) 17:58:41 | 王様の耳はロバの耳
押尾被告に懲役2年6カ月の実刑判決
押尾学被告の裁判は、実刑懲役2年6カ月が言い渡されました。 被告側は判決を不服として、即日控訴したようです。
2010/09/18(土) 23:05:59 | あれこれ随想記 
押尾被告裁判員より実刑となる懲役2年6月を言い渡されかなりの温情も即日控訴で長期化へ
17日合成麻薬MDMAを一緒にのんで 急変した女性を救命しなかったとする保護責任者遺棄致死と、 麻薬取締法違反(譲渡、譲り受け、所持)の罪に問われた 元俳優押尾学被告の裁判員裁判が東京地裁で行われ、 「致死」の部分だけを認めず、 懲役2年6月(求刑懲役...
2010/09/19(日) 01:55:15 | オールマイティにコメンテート
前提を欠くヘッドライン
巷間話題の事件だが、18日付エキサイトニュース・サンスポ配信のヘッドラインが気になった。そこには「即日控訴も墓穴の可能性」とある。通常の人間がこれを見れば、”被告人の控訴は逆に(量刑上)不利になる”との意味合いが読み取れるはずである。本文でも(弁護士の...
2010/09/19(日) 10:06:20 | 時評親爺
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。