1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 不入りの訳は?
  4. 相撲 » 
  5. 不入りの訳は?

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

不入りの訳は?

Category: 相撲

そう単純じゃないと思うが。

大相撲秋場所 チケット大量売れ残り…
 大相撲秋場所は12日、東京・両国国技館で初日を迎える。今場所からNHKのテレビ中継や優勝力士への天皇賜杯授与などが復活するが、初日は前売り段階で大量のチケットが売れ残っている。ファンの厳しい反応に放駒理事長(元大関・魁傑)は、土俵の充実など協会員の自覚を求めた。

 秋場所を翌日に控えたこの日、チケット担当の待乳山(まつちやま)親方(元小結・播竜山)の表情は渋いままだった。午後4時に締め切られた初日の残券は3122枚。ここ数年は場所前に完売していた千秋楽の入場券も残り「チケットは結構余っている。お茶屋さんの話も良くない」と肩を落とした。協会関係者は「当日は売れても1000枚程度。約2000枚は残る」と予測しており、東京場所の初日としては05年秋場所以来5年ぶりに「満員御礼」の垂れ幕が下りない危機に直面している。

 野球賭博問題の影響で、名古屋場所ではNHKのテレビ中継などが中止されたが、相撲協会が再発防止の対策をとり「暴力団等排除宣言」などを行ったこともありテレビ中継や優勝力士への天皇賜杯、外部表彰などが復活。名古屋場所では19本だった初日の懸賞数も73本とほぼ例年並みに回復した。しかし、肝心の客足だけは戻らなかった。放駒理事長は「(協会員全員が)態度で示して、お客さんが戻ってくるように努力をしなくてはいけない。後は(相撲の)中身の問題だ」と力士の奮起を求めた。失ったファンの信頼は、充実した土俵を見せることで取り戻すしかない。

(以下略)

[ 2010年9月12日 スポーツニッポン ]


放駒理事長らしい無難な発言ではあるのだが…。

確かに、野球賭博問題は大相撲人気に大きな陰を落としているのは事実である。但し、抜本改革となれば大相撲の伝統に関わる部分にまでも手を入れなければいけない訳で、それには少なくとも数年はかかるだろう。現状出来ることとして、充実した土俵を見せようというのは原点でもあるし、心がけとしては素晴らしいことだ。

ただ、そもそもここまで叩かれるのは、既に大相撲人気は凋落していたからだ。NHK以外のマスコミの大相撲の扱いがどんどん小さくなっていく一方にも関わらず、これだけバッシングが盛り上がったのは普段大相撲など全く興味のない人たちがバッシングの急先鋒に立っていたからであって、この騒動で大相撲ファンの多くを失ったかと言えばそうではないだろう。

無論、日本相撲協会は公益法人である訳で、公益法人というのは大相撲ファンの為だけにあるのではない。ただ、大相撲も数あるレジャーの一つであって、娯楽の少ない地方ならともかく、大都市圏において数あるレジャーの中から大相撲観戦を選んで貰うことはそう簡単なことではないだろう。TVで見るならともかく、いざ両国国技館に足を運ぶとなれば結構なお値段のチケットが必要になる訳で。

そうなると不入りの理由は何だろうか?確かに、一連の不祥事に怒っている大相撲ファンがいるのは事実にしても、もう一つ大きな原因として優勝争いがつまらないことが挙げられるだろう。秋場所初日も白鵬が盤石の相撲で48連勝を飾ったが、既に今場所も白鵬の優勝で決まりな感は否めない。しかも、仮に白鵬が全勝優勝したところで62連勝止まりで、双葉山の69連勝更新の期待がかかるのは九州場所になる訳で。これでは、興味を持てと言う方が無理というものだろう。

一方、今週の国内女子プロゴルフは、メジャートーナメントの一つである日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が行われ、藤田幸希(ふじたさいき)選手が2年ぶりの優勝をメジャー初制覇で飾った。先週の飯島茜選手といい、将来を嘱望されながらもう一つ結果を出せなかった美人プロゴルファーが活躍することは、新たなファン獲得にも繋がっていくだろう。

今年の国内女子プロゴルフ(LPGA)ツアーは、アメリカLPGAツアーがリーマンショックの影響などで試合数が少なくなったことから以前にも増して外国人選手が増えている。その結果、空前の混戦模様となっている。

今シーズンは既に23トーナメントが終了しているが、今シーズントーナメントで1勝以上している選手は19人もいる。今シーズン2勝しているのは、アン・ソンジュ、全美貞(ジョン・ミジョン)、不動裕理、飯島茜の4選手、1勝はウェイ・ユンジェ、北田瑠衣、古閑美保、有村智恵、朴仁妃(パク・インビ)、服部真夕、申ジエ、モーガン・プレッセル、横峯さくら、甲田良美、辛周(シン・ヒョンジュ)、李知姫(イ・チヒ)、福嶋晃子、鬼澤信子、そして藤田幸希の15選手。昨年の賞金女王の横峯選手もまだ1勝、2位の諸見里しのぶ選手は今シーズン未勝利、3位の有村選手も1勝止まりと苦戦している。

ただ、現在は大混戦のLPGAツアーも、2000年から2005年まで不動選手が6年連続賞金女王という時代もあった訳で、大相撲もいずれは大混戦の時代が来るのだろう。ただ、それがいつかと聞かれれば白鵬が引退するまで来ないとしか思えないのがお先真っ暗としか言いようがない訳で…。不動選手も2004、2005年は宮里藍選手とのマッチレースを制しての賞金女王であるし、白鵬の牙城を崩すとまでは言わないまでも、牙城に迫る力士(できれば日本人力士)が現れないことには盛り上がりようもないのだが…。

とは言え、力士を育てるのも時間がかかることだし、そもそも入門する力士が増えないことには育てるも何もあったものじゃない訳で。入門者減少の背景には不祥事続きの角界の実情があり、そう言った面では暴力団との関係にけりをつけることも必要であるが、ジュニア育成とかこれまで殆ど関わってこなかったこともやっていかないことには凋落に歯止めはかからないだろう。放駒理事長の指導力が問われることになりそうだが…。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「相撲」の前後の記事


2010-09-13 Mon 01:36:17 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。