1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 有識者は昭和の遺物?
  4. 相撲 » 
  5. 有識者は昭和の遺物?

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

有識者は昭和の遺物?

Category: 相撲

どっちもどっちではあるが。

相撲協会:横審、月刊誌記事で侮辱発言と伊藤理事に抗議文
 日本相撲協会の横綱審議委員会(横審)の臨時会合が25日、東京・両国国技館で開かれ、「文芸春秋」9月特別号のインタビュー記事で横審を侮辱する発言をしたとして、協会の伊藤滋外部理事(79)=早大特命教授=に抗議文を出すことを決めた。抗議文には委員12人のうち会合に出席した9人が署名。速達で伊藤理事に即日送付された。

 記事は「大相撲賭博調査団の全報告」というタイトルで、協会の特別調査委員会座長を務める伊藤理事が調査の内情などを詳細に語っている。その中で「名古屋場所が終わったあと、『賜杯自粛は行き過ぎ』だの『長い伝統を覆すような改革は好ましくない』だの、随分と物言いがついたようです」と横審が協会に苦言を呈したことに触れ、「横審は横綱の品格や見識を問うていればいいのであって、改革についてお節介を焼かなくてもいいんですよ。権威主義的な昭和の遺物ですね」と批判している。

 鶴田卓彦委員長(元日本経済新聞社社長)は会見で「余計なことを言うなというのはいくらなんでも言葉が過ぎる。横審として看過するわけにはいかない」と語った。

 この日の会合では、横審の役割について質問が出され、放駒理事長は「横綱に関する案件が第一だが、相撲界全般についてご意見をうかがいたい」と答えたという。

 抗議文について、伊藤理事は協会を通じ「何も言うことはありません」とコメントした。【大矢伸一】

[ 2010年8月25日20時22分 毎日新聞 ]


思わず失笑が漏れる記事だが、遠慮無く行かせて頂く。

まず、伊藤滋外部理事についてだが、はっきり言って相撲に全く興味がないのであろう。大相撲改革には所謂好角家以外の意見も必要なのは確かだが、理事になったのだから少しは相撲について勉強すべきだろう。

彼の発言についてだが、「横審は横綱の品格や見識を問うていればいいのであって、」違います。狭義の定義からすれば、横審(横綱審議委員会)は横綱昇進に関する理事長からの諮問に対して、横綱推薦を答申するか否かを決めるだけの組織だ。マスコミからの要望に対して、横綱の人格批判を行うのは明らかな逸脱行為と言わざるを得ない。「改革についてお節介を焼かなくてもいいんですよ。」それも違うんだな。広義の定義では、横審は相撲に造詣の深い有識者の集まりで、協会の求めで大相撲全般に対するアドバイスをすることも含まれるので、改革について(協会に求められれば)お節介を焼くこともある訳だ。まあ、今回の件に関しては逸脱行為だと思うが。「権威主義的な昭和の遺物ですね」だから、違うって…。結局のところ、横審は単なるアドバイザーであって権限は何もない訳で。ただ、ナベツネ、エビジョンイル、内舘牧子とキャラが立ちすぎた人物を起用しすぎたせいで、マスコミが必要以上に横綱審議委員に注目するようになっただけのことで。それに、ナベツネにしたって横綱審議委員になったのは平成に入ってからで、言うなれば平成の遺物だ。

次に、鶴田卓彦委員長をはじめとする横審の面々だが、「賜杯自粛は行き過ぎ」「長い伝統を覆すような改革は好ましくない」という意見もあるのは事実だし、大相撲全般に対するアドバイザーとして極端な方向に行きすぎないようにブレーキをかけることも必要だろう。ただ、比較的最近の事件として、時津風部屋の暴行事件やロシア人力士の大麻事件があったにも関わらず朝青龍叩きに終始していた連中がいきなり角界のご意見番気取りになったところで、説得力も無いし、余計なお節介と言われても仕方ないだろう。

外部理事は時津風部屋の暴行事件を契機に導入されたが、これまではお飾りだった感は否めない。ところが、村山弘義が最近まで理事長代行を努めるなど俄然その存在がクローズアップされていて、横綱審議委員としては面白くないのだろう

横綱審議委員も外部理事も所謂有識者と呼ばれる人たちであり、メンバーの社会的な肩書きとしてはどちらも遜色ないだろう。ただ、横綱審議委員は好角家であることが選出の目安になっているが、外部理事にはそういった基準はない訳で。何故、好角家の俺たちがアドバイザーで相撲オンチのあいつらが改革の担い手になるんだという不満は根強いものと思われる。

「名選手、名監督にあらず」とよく言われるが、有識者に関しても同じだろう。その道では実績を残した人物であっても、畑違いの分野で実力を発揮できるとは限らない。勿論、名選手であり名監督でもある人もいる訳で、有識者の中にもそういった人はいるだろう。ただ、最近の人選を見ていると、見事に問題児ばっかり選んでいる感は否めない訳で。有識者をありがたがるのは昭和の遺物として、それとはきっぱり決別すべきだろう。

そう言った点で、広報部長を公募したことは評価に値することだ。但し、応募が殺到した中で、本当に適切な人材を選べるかどうかは疑問符もつくが。日本相撲協会に人を見る目があるとは思えないからねえ…。

それにしても、伊藤理事も「何も言うことはありません」では面白くも何とも無いだろう。どうせだったら、「たかがアドバイザーが」とでも発言すれば良かったのに。それを聞いた鶴田委員長が「たかが相撲オンチが」とでもやり返せば、(白鵬の優勝が決定的な)本場所より盛り上がっただろう。ネタはともかくとして、内部で不毛な争いごとをしていては改革論議どころではない訳で、放駒理事長は速やかに収拾を図らなければいけないだろう。筆者がもし理事長であったら、伊藤理事は即刻クビにしたいところだが…。 あとで読む ブックマークに追加する
Category「相撲」の前後の記事


2010-08-26 Thu 07:42:54 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
prev | home | next














管理者にだけ表示を許可する
prev | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。