1. Top » 
  2. 2008年02月

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

この道はいつか来た道

Category: その他のスポーツ

まず、サッカーの東アジア選手権、対中国戦について簡単に。

この試合は最初から見ていないので細かいことに触れられないが、試合を見始めた頃にはおよそサッカーらしくない光景が広がっていた。飛び蹴りや蟹挟みは宛ら格闘技のようだったが、ポイントが入らなかったのはサッカーの試合だったからだろう。

この試合はアウェーの試合だし、そもそも(海外では)サッカーはフェアプレーを重視するスポーツではない訳で、ラフプレーが多くなったり、明らかに不公平なジャッジもまたサッカーではあるが、選手を故障させる不必要なラフプレーに関しては厳しいジャッジをしなければいけないだろう。ただ、試合終了直後に中村憲剛選手に対して見せた主審の笑顔は何か意味深な事情を物語っているようだったが。

さて、本題だが、まずは以下の記事を読んで頂きたい。

大阪市の中学校がバレーボール独自大会
 日本バレーボール協会(JVA)が導入した個人登録制度に反発する大阪市の一部の中学校が、開催中の大阪中学校新人大会に参加せず、独自で大会を行うことが15日までに分かった。

 JVAは財源確保を目的に、これまで中学は1チーム年間2000円だった登録を本年度から個人登録に変更し、中学生1人500円とした。このため大阪では今回の新人大会への参加校が半減。大阪市中学校体育連盟バレーボール専門部の広瀬文雄部長はJVAに対し「経営が悪くなったら子どもたちからお金を巻き上げるのか」と不信感を募らせている。

 独自の大会は「交流会」の形で3月、女子81校が参加して行う。広瀬部長は「一部の先生から子どものために試合をしたいと言われ、(大阪市の)中体連が仲を持った」と説明した。

[ 2008年2月15日 20時32分 日刊スポーツ ]

read more...
スポンサーサイト


2008-02-22 Fri 11:49:26 | trackback(1) | comment(0) | | PageTop▲

負けられない戦いはどこにある?

Category: サッカー

まずは、サッカーの東アジア選手権から。

サッカーの東アジア選手権が17日に中国・重慶で開幕した。日本は北朝鮮相手に1-1で引き分けたが、試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2008-02-18 Mon 08:34:51 | trackback(19) | comment(0) | | PageTop▲

柳の下にドジョウは何匹?

Category: その他のスポーツ

売り上げ不振で廃止論も出ているtotoだが、totoBIGの販売好調で当面の危機的状況は回避できたように思える。ただ、安閑とはしていられないのは事実で、新方式のくじを発売するようだ。

「BIG1000」を新発売=1等1000万円、11試合予想-サッカーくじ
 スポーツ振興くじ(サッカーくじ、愛称toto)を運営する日本スポーツ振興センターは14日、今シーズンから1等の見込み当せん金1000万円の新商品「BIG1000(ビッグセン)」を販売すると発表した。23日から販売を始める。
 新くじは1口200円でJリーグ11試合の結果をコンピューターが選び、購入者自身は予想しない。1等当せん確率(理論値)は17万7147分の1で、全試合的中の1等から3試合外れの4等まで当せん金を受け取れる。このくじだけで今シーズンは17億4000万円程度の売り上げを見込む。
 売り上げが低迷していたtotoは当せん金最高6億円の「BIG」が人気を呼び、2007年度の売り上げ見込みが約520億円と劇的に伸びた。より当たりやすい新くじの導入でさらに売り上げ増を狙うが、一方で1等約100万円の「ミニBIG」の売り上げ減につながるとの指摘もある。

[ 2008年02月14日18時19分 時事通信 ]


新しい方式のくじと言えば、先日平塚競輪が導入を発表した「チャリ・LOTO」の方がインパクトがありそうだが…。

12億円当たる車券導入へ=サッカーの「ビッグ」上回る国内最高額-平塚競輪
 神奈川県平塚市が運営する平塚競輪は6日、最高で12億円が当たる勝者投票券(車券)「チャリLOTO」を4月15日から新たに導入すると発表した。スポーツ振興くじ(サッカーくじ、愛称toto)の「BIG(ビッグ)」での6億円を抜き、国内最高配当額となる。
 この車券は、複数のレースの1着を予想する「重勝式」を全国で初めて採用し、1日のレースの後半7レースの1着を当てる7重勝単勝式。1口200円で、払戻金は最高12億円。インターネットの専用サイト上のみで販売され、投票方式はコンピューターが自動的に採番する。
 同時に導入される8重勝単勝式の「チャリLOTO S」は1口100円で、最高払戻金は6億円。こちらは購入者が予想して投票する。また、どちらの車券にも的中者が出ない場合次回のレースに繰り越されるキャリーオーバーが採用される。20歳未満の購入はできない。宝くじやtotoなどとは異なり、当せん金には税金が掛かる。
 担当者は「競輪は収益が落ち込んでいる。宝くじ感覚で、若いファン層が取り込めれば」と話している。

[ 2008年02月06日16時47分 時事通信 ]


両者について簡単に見ていきたい。
read more...


2008-02-16 Sat 07:24:49 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

30倍の抑止力は?

Category: 政治・社会

久々の更新になりますが。

迷惑メールに罰金3000万円、上限30倍に法改正へ
 迷惑メールへの規制を強化する特定電子メール送信適正化法改正案の全容が10日、明らかになった。

 送り先の同意なしに広告・宣伝のメールを送りつけた業者に対する罰金上限を、現行の100万円から30倍の3000万円に引き上げることが盛り込まれた。罰則強化で増え続ける迷惑メールに歯止めをかける狙いだ。

 総務省は2月中にも今国会に提出し、2008年中の施行を目指す。

 改正法案では、メールアドレスを通知されている場合や取引関係にある場合などを除き、送り先から同意を得なければ広告・宣伝メールの送信を禁止する。いったん受信の同意を得ても、途中で受信を断られれば、それ以後の送信も禁止する。

 さらに、送信者に氏名・名称、連絡先メールアドレスをメールに明示するよう義務付け、送り先からどういう形で同意を得たかの記録を保存することも求める。現行法では適用外となっている海外発の迷惑メールも、国内発のメールと同様に規制対象にする。

 アドレスなどを偽装してメールを送った場合、同意を得ない送信などで総務省から改善命令を出されても従わなかった場合の罰金が最高3000万円となる。

[ 2008年2月11日03時10分 読売新聞 ]

read more...


2008-02-13 Wed 07:28:06 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

決戦は火曜日

Category: 政治・社会

DREAMS COME TRUEの歌ではなく、アメリカ大統領選挙の話だが…。

民主2氏譲らず 共和はマケイン氏首位固め
 米大統領選の予備選・党員集会を一斉に行った5日の「スーパーチューズデー」で、開票が残っていた西部諸州のうち、全米最多の代議員数を持つカリフォルニア州は、共和党は「本命」のマケイン上院議員(71)、民主党はヒラリー・クリントン上院議員(60)がそれぞれ順当に勝利した。クリントン氏はオバマ上院議員(46)と互角の戦いとなっており、接戦は長期化する見通しとなった。マケイン氏の指名獲得の可能性はさらに高まった。

 今回のスーパーチューズデーで最も注目を浴びたカリフォルニア州だが、民主、共和いずれも事前の世論調査で優勢が伝えられた通りの結果となり、大きな波乱はなかった。得票率で1位になっても獲得代議員数で必ずしも大きな差がつくわけではないが、重要州を獲得したことで、今後に向けた政治的な影響は大きいと見られている。

 民主党はクリントン氏が8州、オバマ氏が13州だった。クリントン氏は5日夜、「私たちは戦いを続ける」と選挙戦の継続を宣言。オバマ氏も「我々の時が来た。我々の運動は本物だ。米国に変化が訪れた」と決意を示した。民主党の候補指名争いは大きなヤマ場を越えたが、予備選・党員集会は6月まで続く。最終的には8月末の同党全国大会で正式に候補指名の運びとなる。

 共和党のマケイン氏はニューヨークなど9州、ロムニー前マサチューセッツ州知事(60)は7州、ハッカビー前アーカンソー州知事(52)は5州で首位をとった。ハッカビー氏は予想以上の善戦で、ロムニー氏と同様、選挙戦から撤退しない考えを示した。

[ 2008年02月07日03時00分 朝日新聞 ]

read more...


2008-02-07 Thu 09:13:21 | trackback(10) | comment(2) | | PageTop▲

1000ドルポッキリの甘い誘惑

Category: その他のスポーツ

怪しげなお店ではないが…。

AHF 日韓に罰金1000ドル
 アジア・ハンドボール連盟(AHF)は5日、クウェート市で常任理事会を開き、AHFが認めていない北京五輪アジア予選やり直しに参加した日本と韓国に警告処分と罰金1000ドル(約10万8000円)を科すことを決めた。両国には罰金の支払いを条件に17日開幕の男子アジア選手権(イラン)出場を許すが、同選手権の際に開かれる見通しの次回理事会で、再予選を開催した日本には罰金の増額などが科される可能性が高い。AHFのアハマド会長は「常にルールを順守してきた日本が、今回はこれを破った。日本にとって暗黒の時期だ」と述べ、東京都が目指す16年夏季五輪招致は「強い味方を失った」と警告した。

 予想外の軽い処分に、日本協会の渡辺佳英会長は「懐柔策か何かの戦略だろう」と警戒。市原則之副会長は国際連盟(IHF)や韓国協会とも協議するとした上で「500ドルでも1万ドルでも基本的に罰金を払う必要はない」と強調した。

[ 2008年2月6日 スポーツニッポン ]


重罰に処す」と息巻いていた割にはあまりに拍子抜けする内容であるが、果たしてその真意は何だろうか。
read more...


2008-02-07 Thu 01:02:33 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

結果イーライ

Category: その他のスポーツ

ニューイングランド・ペイトリオッツとニューヨーク・ジャイアンツの対戦になった第42回スーパーボウルは17-14でジャイアンツが勝利した。ペイトリオッツには1972年のマイアミ・ドルフィンズ以来の”パーフェクトシーズン”達成が期待されたが、夢は現実にならなかった。この両チームはWeek17で対戦し、ペイトリオッツが38-35で勝利してレギュラーシーズン全勝を達成したが、まさかこの対戦がスーパーボウルのカードになろうとは思っていなかった。
read more...


2008-02-04 Mon 13:38:50 | trackback(6) | comment(0) | | PageTop▲

宴の後始末

Category: その他のスポーツ

30日の試合は10,257人もの観客を集め空前の盛り上がりを見せたハンドボール北京オリンピックアジア予選だが、やはり宴の後に残るのは儚さなのか。

えっハンド協会大赤字、収入7割IHFへ
 社会現象となった大フィーバーの後に大赤字が待っていた。1月29、30日に開催された男女のハンドボール北京五輪アジア再予選の広告収入や放送権収入の約7割が、国際ハンドボール連盟(IHF)に入る規定が判明、31日までに日本ハンドボール協会に通達がきた。日本協会の取り分はわずか2割。規定通りなら日本協会は黒字から推定5000万円の赤字に転落する。1億円もの経費をかけて大会を成功させた日本ハンドボール界は、五輪を逃した後の、巨額の赤字に憤慨している。

(略)

 再予選の開催経費は約1億円に達した。当初は6000万円程度の予算を組んでいたが、世間の注目度の高さに、警備や設営などの経費が大幅に膨れあがった。それでも2日間で約1万5000人の観客を動員し、テレビ中継も実現。協会の自己資金約2000万円を合わせて、何とか黒字になる予定だった。

 規定ではIHFの取り分が7割。さらにエージェント1割、日本に2割という配分になる。ただ約4000万円近い入場料収入に対しては、現時点でIHFは主張していない。あくまで推定での換算になるが、日本の取り分は約1億円の収益のうち、入場料収入を引いた6000万円の2割、つまりが1200万円しかない。入場料収入と合わせても5200万円。総経費から換算すると5000万円前後の大赤字になる。

 すでに9月のアジア予選(愛知・豊田市)でも約1億数千万円の経費がかかっており、その回収も終わっていない。今回の再予選である程度の収益を確保するつもりだった。今後、IHFが入場料収入にまで権利を求めてくれば、日本協会の赤字は億単位に膨らむ可能性も出てきた。

 そもそも今回の再予選は、IHFとアジアハンドボール連盟(AHF)の摩擦で決定が遅れ、引き受け手はなかったため、日本が手をあげた。44日間という短期間で準備したため経費がかさんだ。通常の大会とは事情が異なる。協会関係者は「9月の予選はないことになったのだから、それにかかった経費はIHFが持ってほしい」と訴えた。【吉松忠弘】

[ 2008年2月1日8時57分 日刊スポーツ ]


やり直し予選の開催国に日本が立候補した時点で懐具合は大丈夫なのかと思ったが、やはり…。以前のエントリーで紹介したように、日本バスケットボール協会は世界選手権での約13億円の赤字を引き金に内部紛争に突入していて、日本ハンドボール協会も混乱に陥る可能性は否定できない。
read more...


2008-02-02 Sat 20:51:20 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

野球協約改定は何を目指すのか?

Category: 野球

根来泰周コミッショナー代行は「コミッショナーには権限がない」等と嘆きつつ(?)、野球協約を改正してコミッショナーの権限を強化する必要性を訴えてきた。漸くその方向性が明らかになったようだが…。

プロ野球オーナー会議、コミッショナー権限強化へ
 プロ野球のオーナー会議が23日、東京・港区のザ・プリンス・パークタワー東京で行われ、コミッショナーの権限強化など、プロ野球協約や社団法人・日本野球機構の定款の改定について、根来(ねごろ)泰周(やすちか)コミッショナー代行が示した素案を了承した。

 改定の柱は、<1>日本野球機構と日本プロフェッショナル野球組織を一本化し、セ・パ両連盟と統合する<2>コミッショナー権限の強化<3>オーナー会議を最高議決機関とする―の3つ。

 <1>では、独立しているセ、パ両連盟の事務局が、コミッショナー事務局に「部」として吸収される。

 <2>については、現在は実行委員会が選任しているコミッショナーを、オーナー会議が選任する。コミッショナーの職権は紛争の裁定など司法的なものが中心だったが、改定後は実行委の決定などに基づき、直接事務を実行できる行政的な権限も加わる。また、3年だった任期は2年となり、現在は任期中の身分が保障されているが、権限強化と引き換えに、オーナー会議によって解任される場合もある。一方、司法的な権限についても、諮問機関として第三者による調査・裁定委員会(仮称)を設置して、より効率的に紛争解決ができるようになる。

 <3>のオーナー会議は、日本人選手の海外流出問題や、五輪に野球を復帰させる取り組みなど、主に野球界の抱える重要問題を議論する。オーナー会議との関係があいまいだった実行委員会は、オーナー会議の下部の議決機関と明確に位置づける。審議事項も日本シリーズ開催方式など、試合運営にウエートがおかれ、オーナー会議の求めに応じて再審議もする。

 根来代行は「これで、協約改定の議論は終わり。あとは専門家にお願いして立法作業に入る」と10月を目標に、細部を詰める方針を改めて示した。

[ 2008年1月23日 21時01分 読売新聞 ]


今回のオーナー会議の審議事項は他にもあったようだが、本記事では野球協約改定のみに絞って検証してみたい。
read more...


2008-02-02 Sat 00:20:36 | trackback(1) | comment(2) | | PageTop▲

パウエル問題は誰が悪いのか?

Category: 野球

予想外の大騒ぎになっている印象だが…。

ソフトBがパウエル獲得を発表
 ソフトバンクは29日、新外国人選手として前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)を獲得したことを発表した。パウエルは01年に来日し、7年間の通算成績は161試合登板、67勝59敗、防御率3・89。昨年、巨人を自由契約になっていた。

 オリックスが11日に獲得に合意したことを発表していたが、竹内孝規球団常務最高執行責任者(COO=47)は「周辺確認をし、1月25日に更新されているNPBの自由契約選手リストにもパウエル選手の名前が入っていた。所属を決定づける統一契約書も交わしている」と契約の正当性を強調した。

[ 2008年1月29日16時26分 日刊スポーツ ]


色々なブログを見たところ、その多くはソフトバンクの対応を非難するものだったが、果たしてそうなのだろうか?この件については30日にパ・リーグの小池唯夫会長が事情を聴くとのことだったが、一応事情聴取は行われたようなので筆者の見解を述べてみたい。
read more...


2008-02-01 Fri 00:41:53 | trackback(10) | comment(2) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。