1. Top » 
  2. 2007年08月

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

朝青龍とバリー・ボンズ

Category: 相撲

巡業を休みながらモンゴルでサッカーをしている姿を目撃された横綱朝青龍に対し、日本相撲協会が二場所の出場停止と減俸4ヶ月、九州場所千秋楽までの謹慎処分、師匠の高砂親方(元大関朝潮)にも減俸4ヶ月の処分を下した。

朝青龍、2場所出場停止…横綱に初の処分
 体の故障で夏巡業の休場を申し出ながら、母国でサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)(本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、ウランバートル出身、高砂部屋)について、日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、9月の秋場所と11月の九州場所の2場所出場停止処分を決め、減俸30%4か月、及び九州場所千秋楽までの謹慎処分を科した。

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)も監督責任を問われて減俸30%4か月。横綱が本場所を出場停止となるのは初めてで、罰則規定を適用されたのも初。

 朝青龍は先月の名古屋場所で21度目の優勝を飾った後、故障を訴え、巡業部に「左ひじじん帯損傷と腰の疲労骨折などで全治6週間」とする診断書を添えて今月3日から東北、北海道などを回る夏巡業の休場を届け出た。休場届は承認されたが、承認前にモンゴルへ無断帰国し、元日本代表の中田英寿さんらとサッカーをしていたことが発覚。元気に走ったり、シュートする姿が日本のテレビで放映された。巡業部など協会内部には、北の湖理事長ら執行部に厳しい対応を求める声が上がっていた。

 臨時理事会は約30分で終了したが、各理事らは「出場停止処分」の意見で一致し、「1場所の処分では甘い」として2場所の厳罰が下った。処罰理由は優勝力士でもある横綱が巡業を休み、無断でモンゴルに帰国した行為が「言語道断」とされた。また、理事会後に記者会見した生活指導部長の伊勢ノ海親方(元関脇藤ノ川)は、横綱審議委員会の海老沢勝二委員長から前日、「横綱の行動は軽率であり、厳正な処分を求める」とした要望があったことも明らかにした。

(略)

(2007年8月2日1時46分 読売新聞)


朝青龍に対する処分が甘すぎるという声もあるようだが、個人的にはむしろ厳しすぎる位の処分であると思う。
read more...
スポンサーサイト


2007-08-04 Sat 11:23:23 | trackback(10) | comment(3) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。