1. Top » 
  2. 競馬

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

公営競技の宿命

Category: 競馬

なんだかんだで踏ん張っている印象だが、限界も近いか。

笠松競馬、11年度は存続へ 賞金削減などで収支にめど
 単年度赤字が予想され、今季限りの廃止も危惧(きぐ)された笠松競馬(岐阜県笠松町)が、2011年度は存続することが確実になった。運営する県地方競馬組合が30日、10年度の賞金・手当などを今後、計約5400万円削減することで、調教師や厩務(きゅうむ)員ら関係者と合意。さらに基金の取り崩しなどで、馬券販売額が過去最低になっても10年度の収支を合わせるめどがついた。

 組合側は30日の会議で、財政調整基金の全額6600万円に加え、従業員退職金のための基金など約7千万円を取り崩したうえで、レースの賞金・手当など約5400万円を削る案を示した。関係者からは反対意見も出たが、「存続が第一だ」として最終的に合意した。

 笠松競馬は1993年度から12年間赤字が続いた。「単年度赤字なら廃止」との条件で2005年度に再出発し、09年度まで単年度黒字を計上した。しかし、地主との訴訟を経て、10年度は賃料出費が増加。さらに景気低迷などの影響で馬券販売額が1970年度以降最低の108億円程度にとどまり、単年度赤字転落の可能性が出てきたため、組合が再建策を模索してきた。(青瀬健、磯崎こず恵)

[ 2010年12月1日5時11分 朝日新聞 ]


笠松競馬と言えば、オグリキャップ、オグリローマン、ライデンリーダーなどの名馬や、安藤光彰、安藤勝己、川原正一らの名騎手を輩出した伝統を持つが、2004年には笠松競馬経営問題検討委員会が廃止を提言するなど、廃止まであと一歩のところまでいったこともあった。
read more...
スポンサーサイト


2010-12-05 Sun 08:17:10 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

ローカルルールかご都合主義か

Category: 競馬

28日に行われたスポーツから一つを採り上げるとしたら、やはり競馬のジャパンカップだろう。結果はご存じのようにローズキングダムが優勝したが、ブエナビスタの降着についてはブロガーの間でも意見が割れている感じだ。遅ればせながら筆者も簡単に見解を述べてみたい。
read more...


2010-11-30 Tue 22:40:59 | trackback(2) | comment(0) | | PageTop▲

惜しい話

Category: 競馬

まず、最初の話題は

ナカヤマフェスタ、世界一までアタマ差及ばず2着/凱旋門賞
 現地時間3日、仏・ロンシャン競馬場で行われた第89回凱旋門賞(3歳上牡牝、仏G1・芝2400m、19頭立て)に、日本からナカヤマフェスタ(牡4、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が蛯名正義騎手騎乗で、ヴィクトワールピサ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が武豊騎手騎乗で出走した。

 レースは、ナカヤマフェスタが中団、ヴィクトワールピサが後方をそれぞれ追走。道中は20頭が一団のまま進み、最後の直線手前でナカヤマフェスタが外から進出。直線に入りナカヤマフェスタが一旦は先頭に立ったが、内からワークフォース Workforceが徐々に差を縮め、直線半ばで交わして先頭に躍り出た。

 その後も競り合いが続いたが差は縮まらず、ワークフォースが1着でフィニッシュ。ナカヤマフェスタはアタマ差の2着に敗れた。勝ちタイムは2分35秒30(不良)。さらに、2.1/2馬身差の3着にサラフィナ Sarafinaが入り、ヴィクトワールピサは後方から差を詰めたものの勝ち馬から約9馬身離された7着に終った。

 勝ったワークフォースは今年の英ダービー(3歳牡牝、英G1・芝12f10y)を7馬身差のレコードタイムで優勝。今回は、前走のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(3歳上、英G1・芝12f)・5着以来の出走だった。

[ 2010年10月3日 netkeiba.com ]


凱旋門賞(Qatar Prix de l'Arc de Triomphe)は賞金総額400万ユーロ(約4億6000万円)で芝のレースではジャパンカップ(4億7600万円)に匹敵する高額賞金レースである。過去にも日本馬は出走していて、最高着順はエルコンドルパサーの2着(1999年)、最近だと2006年のディープインパクト(3着入線も失格)が記憶に新しい。今回、ナカヤマフェスタ(27倍)、ヴィクトワールピサ(79倍)共評価は低かった(括弧内はRacing Postによるオッズ(starting price))が、多頭数のレースで十分上位入線のチャンスはあると思っていた。
read more...


2010-10-04 Mon 06:37:20 | trackback(6) | comment(0) | | PageTop▲

Will "Harbinger" literally become a harbinger?

Category: 競馬

何事にもリスクはつきものであるが。

社台がハービンジャーを購入
 今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSをレコードで2着に11馬身差をつけ圧勝し、凱旋門賞の最有力候補となったものの、その後の調整中に左前脚を骨折。現役引退を余儀なくされたハービンジャー(牡4歳)を、日本の社台グループが種牡馬として購入したと、3日、英国のスポーティングライフ紙電子版が報じた。

 同馬はデインヒルの直子のダンシリを父に持つ英国産馬。4歳となった今年、重賞3連勝のあとに臨んだ“キングジョージ”でG1初制覇、欧州最強馬の地位を確固たるものとしたが、その後に故障を発症して引退。今後の動向が注目されていた。種牡馬として、英国、欧州を中心とした争奪戦が繰り広げられたが、かつてはサンデーサイレンスを購入した日本の社台グループがその権利を勝ち取った。なお、購買価格などは明らかになっていない。

[ 2010年9月4日06時02分 スポーツ報知 ]


いくらで購入したかは分からないが、こちらの記事によれば、multi-million dollar dealとあるので数億円の買い物であろう。種牡馬の売買とすればそんなに高額な取引とは言えないと思うが、結局のところ産駒が走ってみないことには取引が成功だったか失敗だったかの結論は出せない訳で、リスクが高い買い物なのは確かだ。果たして、ハービンジャー(Harbinger)は日本で成功するのか筆者なりに検討してみたい。
read more...


2010-09-06 Mon 10:22:48 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

祭りだ!祭りだ!マツリダゴッホ(有馬記念の回顧)

Category: 競馬

それにしてもビックリした。マツリダゴッホは押さえの評価にはしていたが、まさか勝ってしまうとは。3連単800,880円、3連複73,320円は有馬記念史上最高配当、単勝50倍以上の馬が勝ったのはダイユウサク以来のことだ。反省の弁を踏まえつつ(笑)、上位入線馬を中心に回顧してみたい。
read more...

Theme: 競馬 - Genre: スポーツ
Tag: 有馬記念

2007-12-24 Mon 01:24:25 | trackback(10) | comment(0) | | PageTop▲

有馬記念の予想

Category: 競馬

今年も残り少なくなり有馬記念を迎えた。平穏に終わるのか、それとも大波乱か。馬券が的中すればそれに越したことはないが、年の締めくくりに相応しい好レースを期待したい。
read more...

Theme: 競馬 - Genre: スポーツ
Tag: 有馬記念

2007-12-22 Sat 21:17:37 | trackback(24) | comment(0) | | PageTop▲

ダーレー・ジャパンは何処へ?

Category: 競馬

先週のジャパンカップはアドマイヤムーンが優勝したが、そのアドマイヤムーンの馬主であるダーレー・ジャパン・ファーム(DJF)が中央競馬の馬主登録抹消の申請を行ったことが明らかになった。

ダーレー馬主撤退、日本進出は一頓挫
 ジャパンC優勝馬アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)を所有するダーレー・ジャパン・ファーム(DJF)が27日、中央馬主登録抹消をJRAに申請した。高橋力代表は、近いうちに退くとみられる。馬主資格消滅によって、ダーレーの日本への本格進出は一時、棚上げされることになった。

 DJFが、今年7月に3年越しで取得した中央の馬主資格を返上した。27日に申請書類がJRA免許登録部に提出された。折しも25日のジャパンCをアドマイヤムーンで勝ったばかりで、日本で地歩を固める矢先。7月の認可から、わずか4カ月で撤退した。高橋代表は職を退くとみられる。

 理由は明らかにされていないが、ダーレーを取り仕切る急進的なファーガソン氏と、穏健派の高橋氏との間に生じた考え方の違いが原因とみられる。繁殖牝馬約60頭を抱えるDJFの生産業務は、新代表の下で存続。アドマイヤムーンはダーレー・ジャパンが買い取り、種牡馬入りすることが決まっている。東京ダービー馬シーチャリオットは馬主不在では出走できないため、トレードされる。DJFは一から馬主資格申請をやり直すことになる。

 ダーレーのスポンサーであるモハメド殿下は、ドバイ首長(UAE副大統領兼任)に就任して以降多忙を極め、実務を任されていた側近のファーガソン氏が実権を握った。日本でも急激な変化を求め、クールモアと2大勢力を形成する欧州型を目指した。英国やオーストラリアからスタッフを送り込み、種牡馬を続々導入。セールでは馬を売る側に徹した。高橋氏はダーレー・ジャパンとダーレー・ジャパン・レーシングの役員を今月1日に解任され、ダーレーと日本競馬産業の共存共栄や融和を実行できない状況下に置かれた。

 中央に馬を送り込めなくなったダーレー。日本への本格進出計画は、一頓挫を余儀なくされる。

[ 2007年11月28日 8:11 日刊スポーツ ]


すったもんだの末に今年の7月に漸く馬主登録が認められたと言うのに、わずか4ヶ月余りでの撤退。余りに唐突な感は否めない。いったい、ダーレー・ジャパンに何があったのだろうか。
read more...


2007-11-29 Thu 22:41:37 | trackback(2) | comment(0) | | PageTop▲

JCダート&JCの予想

Category: 競馬

久々の更新で他に書きたいこともあるが、たまには競馬の予想でもしてみたいと思う。

残念なのは、ディラントーマスが出走できなくなったことだ。馬ウイルス性動脈炎(EVA)の陰性が確認できなかったとのことだが…。ブリーダーズカップターフ(5着)後の10月27日にアメリカでEVAワクチンを接種されていて、その抗体ができたものと考えられる。ただ、ワクチン接種をすれば抗体反応を示すのは当然のことだ。ブリーダーズカップ後に接種したのも、検疫のことを考えてのことだろう。国際セリ名簿基準委員会(ICSC)のPart1国入りを果たした日本競馬だが、まだまだ舐められている感は否めない。
read more...


2007-11-24 Sat 12:47:36 | trackback(24) | comment(0) | | PageTop▲

山本茜騎手の件に関する補足記事

Category: 競馬

直前の記事で山本茜騎手が原口次夫調教師を訴えた件を取り上げたが、その山本騎手が訴えを取り下げたことが話題になっている。

山本茜騎手がセクハラ訴訟取り下げ
 厩舎(きゅうしゃ)の男性調教師(48)からセクハラを受けたとして、調教師に約550万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていた名古屋競馬の山本茜騎手(24)が24日、訴訟を取り下げる書面を名古屋地裁に提出した。

 山本騎手は理由について「レースに勝ちたい、もっとうまくなりたいというのがわたしの思い。時間と労力を訴訟ではなく、馬に乗ることに使いたい」としている。

 民事訴訟法は「訴えの取り下げは相手方の同意を得なければ、効力を生じない」と規定。

 調教師は「地方競馬のファンや関係者に迷惑を掛けたくない」と話し、取り下げに同意する考えを示した。

 山本騎手は平成15年6月に調教師に弟子入り。今年9月21日、調教師にたびたび抱き付かれたり、厩舎にある調教師の住居に呼び出されて服を脱ぐよう求められたりしたなどとして、提訴していた。

(2007.10.24 13:17 産経新聞)


山本騎手に何らかの圧力がかかったという見方もあれば、はたまた山本騎手の売名行為ではないのかと勘ぐる見方もあるようだが、いったい何があったのか。簡単に推理してみたい。
read more...


2007-10-24 Wed 22:58:26 | trackback(2) | comment(0) | | PageTop▲

名古屋の厩舎で菊が満開

Category: 競馬

菊花賞はアサクサキングスが制したが、こちらは自らの”菊”を見せつけた愚か者の話だ。

名古屋競馬の女性騎手、調教師をセクハラで提訴
 名古屋競馬の山本茜騎手(24)が、所属していた厩舎(きゅうしゃ)の男性調教師(48)から悪質なセクハラを受け、所属厩舎の変更を余儀なくされたなどとして、調教師を相手取り、550万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしたことが分かった。女性騎手は全国にわずか10人余。現役の女性騎手が、競走馬の騎手を選べる調教師を訴えるのは極めて異例だ。

 訴状などによると、山本騎手は03年6月、調教師に弟子入りし、調教師の厩舎で競走馬の世話などを始めたが、調教師から度々抱き付かれるなどした。さらに、調教師は今年1月、厩舎の調教師の住居に山本騎手を呼び、強い馬に乗せる条件を語りながら「おれはお前に全部見せることができる」などと言って全裸になり、「お前も包み隠さず見せてみろ」と服を脱ぐよう求めたという。

 山本騎手は、厩舎に所属しないと競走馬に乗れなくなることなどから我慢し続けたが、これらの要求を拒否して師弟関係が壊れ、「指示に従わない」などの理由で5月に同厩舎を辞めさせられたと主張。甚大な精神的被害を訴えている。

 山本騎手は、05年10月にプロ騎手デビューし、今年3月、歴代女性騎手として最速(当時)で通算100勝を果たした。朝日新聞の取材に「調教師はセクハラを認めず、謝罪もしない。提訴するかどうか本当に悩んだが、自分の信念と他の女性騎手のためにも、泣き寝入りしてはいけないと思った」と話した。

 調教師は「全裸になったことは事実で行き過ぎがあったが、仕事の話し合い中のことで性的な意味はない。訴訟で争う」としている。

(2007年10月20日10時52分 朝日新聞)

read more...


2007-10-23 Tue 01:23:32 | trackback(3) | comment(0) | | PageTop▲

カワカミプリンセスはオヤジ好き?(宝塚記念の回顧)

Category: 競馬

毎年有力馬の回避が相次ぎGⅠとしての価値がとやかく言われる宝塚記念だが、今年はメンバーも揃ってGⅠに相応しいレースになった。フルゲートに加え先行馬が揃いハイペースになると予想されていたが、ローエングリンが1000m57秒5で逃げて持久力勝負になり、最後は2頭の叩き合いをアドマイヤムーンが制した。レースの上位入線馬を中心に何頭か見ていきたい。
read more...

Theme: 競馬 - Genre: スポーツ
Tag: 宝塚記念

2007-06-25 Mon 08:31:10 | trackback(4) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。