1. Top » 
  2. NFL

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

悩める下半身

Category: その他のスポーツ

アメリカ人も下世話な話題が大好きだねえ。

NFL=ファーブ、性的嫌がらせ疑惑で連続出場記録ストップも
 [イーストラザフォード(米ニュージャージー州) 12日 ロイター] 米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のバイキングスに所属し、289試合連続出場記録を持つ鉄人ブレット・ファーブ(41)が、窮地に立たされている。

 NFLは現在、ファーブがジェッツに所属していた2年前、チームの女性職員にわいせつメールを送ったとの疑惑を調査しており、その結果によっては本人に処分が下り、連続出場記録にピリオドを打たれる可能性がある。

 ロジャー・グッデル・コミッショナーは取材に対し「まず事実を突き止めることが先。次のステップがあるとすればそれからだ」と述べている。

 ファーブ本人はこの日当地で行われたジェッツ戦に出場。バイキングスは20─29で敗れた。試合後同選手は「負けたことに失望している」とだけ答え、疑惑に関する質問には口を閉ざした。

[ 2010年10月13日15時51分 ロイター ]


ミネソタ・バイキングスは昨シーズンは12勝4敗の好成績でNFC北地区を制したが、カンファレンス・チャンピオンシップでニューオーリンズ・セインツの前に涙を飲みスーパーボウル出場を逃している。今シーズンこそはと期待されたが、現在まで1勝3敗と苦戦が続いている。
read more...
スポンサーサイト


2010-10-14 Thu 00:18:08 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

アメリカプロスポーツ関連色々

Category: その他のスポーツ

まず、最初の話題は、

ブッシュ 金品授受でハイズマン賞はく奪
 NFLのセインツに所属するRBレジー・ブッシュ(25)が南加大時代の05年に受賞した年間最優秀選手、ハイズマン・トロフィーをはく奪される見通しとなった。FOXニューズ(電子版)など複数の米メディアが7日に伝えたもので、今月中に正式発表されるという。

 75年の歴史を持つ同賞のはく奪は史上初で、この年は空位の扱いとなる見通し。全米大学体育協会(NCAA)は6月に、ブッシュを含むチーム関係者に不適当な金品授受などをめぐる複数の違反行為があったとして、南加大に処分を下していた。

[ 2010年9月9日 スポーツニッポン ]


NFLは開幕を目前に控えているが、昨年度のスーパーボウルの覇者ニューオーリンズ・セインツにとってはちょっと気になるニュースだろう。但し、過去のことであるし、この件に関してNFLが処分を下す可能性は低いと思われるが。
read more...


2010-09-10 Fri 01:47:43 | trackback(0) | comment(2) | | PageTop▲

結果イーライ

Category: その他のスポーツ

ニューイングランド・ペイトリオッツとニューヨーク・ジャイアンツの対戦になった第42回スーパーボウルは17-14でジャイアンツが勝利した。ペイトリオッツには1972年のマイアミ・ドルフィンズ以来の”パーフェクトシーズン”達成が期待されたが、夢は現実にならなかった。この両チームはWeek17で対戦し、ペイトリオッツが38-35で勝利してレギュラーシーズン全勝を達成したが、まさかこの対戦がスーパーボウルのカードになろうとは思っていなかった。
read more...


2008-02-04 Mon 13:38:50 | trackback(6) | comment(0) | | PageTop▲

空気読んだペイトリオッツ

Category: その他のスポーツ

NFLはレギュラーシーズン最終週のWeek17を迎えプレイオフ進出チームの行方も気になるが、一番の関心事はニューイングランド・ペイトリオッツだっただろう。そのペイトリオッツはニューヨーク・ジャイアンツと対戦し38-35で勝利、1972年のマイアミ・ドルフィンズ以来、シーズン16試合制となってからは初のレギュラーシーズン全勝を達成した。1972年のドルフィンズはスーパーボウルも制覇していて、ペイトリオッツも”パーフェクトシーズン”となるか否が応にも注目を集めることになる。

レギュラーシーズン全勝は偉大な記録であるのは確かだが、チームにとって最大の目標はスーパーボウル制覇だろう。レギュラーシーズンの成績でプレイオフ進出チーム及びシード順が決まるが、既に第1シードを決めていたペイトリオッツにとってはこの試合の結果は重要ではなく、プレイオフを見越してメンバーを落としてくると思っていた。実際にはQBトム・ブレイディ選手、WRランディ・モス選手をはじめ主力選手を出して接戦をものにしたが、”勝利至上主義”に思えるビル・ベリチックHCらしからぬ采配の理由は何だろうか。
read more...


2007-12-31 Mon 22:50:09 | trackback(5) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。