1. Top » 
  2. Jリーグ規約

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

道産子の憂鬱

Category: サッカー

日本銀行が四半期に一度発表する短期経済観測調査(日銀短観)では未だに景気は緩やかな回復基調にあるとの見方を崩していないが、原油高やアメリカのサブプライムローンの焦げ付き問題は日本経済にも確実に影を落としている。経済状態に左右されるのはプロスポーツも同様で、仕方のないところもあるが…。

J1札幌、道・市が10億円無担保融資…事実上回収不能
 サッカーJリーグで、J1に昇格したコンサドーレ札幌の運営会社「北海道フットボールクラブ」(本社・札幌市、HFC)が、北海道と札幌市から計10億円の融資を受けながら、過去10年間にわたり元本返済を猶予され、年約1000万円の利払いだけの優遇措置を受けていたことが19日わかった。

 返済期限はいずれも今年3月末だが、HFCは債務超過に陥っており、事実上、回収不能。融資は無担保で行われ、これまで具体的な返済計画はなかった。安易に公費を支出した道と市の責任も問われそうだ。

 道と市は1998年度、HFCに対し、スポーツ文化振興などを目的に、それぞれ5億円を融資。使途の制限は設けず、金利は中小企業などが利用できる当時の道の公的制度融資の半分程度の優遇利率が適用された。現在も年1・1%だ。融資期間はともに1年だったが、道は2003年から5年とされ、これまで融資が更新されてきた。

 HFCはこれまで道と市にそれぞれ年約500万円の利息を支払っていたが、元本は全く返済していない。融資について、道や市は内部事業評価で「見直しが必要」などの指摘を受けていたが、最終的には「チームの存続と安定的な運営に欠かせない」と、元本返済の猶予を容認してきた。

 HFCが道などに提示した資料によると、同社は昨年末時点で約27億円の累積債務を抱え、約2億円の債務超過で、融資の返済に応じられない状況。HFCは債務超過を解消するため、約25億5600万円の資本金の8割減資を行う予定だが、道と市は計3億円を出資しており、減資になれば計2億4000万円の税金が失われる格好だ。

 HFCは減資と同時に融資の優遇措置の延長も要請しているが、道と市は財政状況が苦しく、交渉は難航。これまでHFCに多額の補助金も投じられた経緯から、道議会でも与野党から批判の声が上がっている。道は「納税者の理解が得られない」として、減資と引き換えに経営責任を明確にするよう求めている。

 HFCの児玉芳明社長は「コンサドーレは道民の財産で、つぶしてしまえば大きなマイナス。チーム存続がまず第一」としている。

 HFCは96年に設立。昨年末現在の株主構成は、サポーターでつくる「持ち株会」が発行株式総数の21・5%を占め筆頭株主。経営陣は、地元紙の北海道新聞社OBが社長、専務の主要ポストを占める。

[ 2008年1月20日 3時3分 読売新聞 ]


コンサドーレ札幌の経営危機は今に始まったことではないが、夕張市が財政再建団体に転落したことに象徴されるように北海道の財政事情はとても厳しく、この問題が改めてクローズアップされたのだろう。
read more...
スポンサーサイト


2008-01-23 Wed 07:43:21 | trackback(0) | comment(2) | | PageTop▲

ベストメンバー規定の意図とは

Category: サッカー

現在、サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)は決勝トーナメントに入っている。近年は予選リーグ敗退が目立つJリーグ勢だが、今年は浦和レッズ、川崎フロンターレの2チーム共予選リーグを勝ち上がり、準々決勝に進出した。川崎Fはセパハン(イラン)相手に勝てた試合を落とした感があるが、浦和は前回大会覇者の全北現代(韓国)を破り見事に準決勝に進出した。川崎Fにとっては残念な結果であったが、浦和の快進撃に期待したい。

試合結果はこのくらいにして、気になったのがこの記事だ。

川崎F 8人入れ替え事情聴取へ
 Jリーグは23日の柏戦で先発メンバー8人を入れ替えた川崎Fに対して近く、事情聴取を行う方針を固めた。犬飼専務理事は試合前、川崎Fの武田社長に「なぜ(主力)選手を使わなかったのか」と詰問。試合後には「ACLとJリーグの両方を頑張ってもらうためにチャーター機も飛ばしたが、通じなかった。説明を求めたい」と語った。鬼武チェアマンも「反省会をしないといけない」と不快感を示した。

 Jリーグにはベストメンバーで試合を戦うルールがあるが、柏戦での入れ替えは規定を満たしており、武田社長は戸惑いを隠せない。「最初から入れ替えるつもりだったわけじゃない。日本に戻って選手の疲労を見てから決めた」とJリーグ軽視ではないと訴えた。

(2007年09月27日 スポーツニッポン)


何が問題なのかと思われた人もいるかも知れないが、やはり問題だと思う。何が問題かと言えば…。
read more...


2007-09-28 Fri 22:03:32 | trackback(2) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。