1. Top » 
  2. 野球協約

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

今こそ野球協約改定の時期

Category: 野球

前のエントリーで横浜ベイスターズ売却の話題に触れた矢先に…

TBS、来季は継続保有 住生活「不本意な結果」 横浜身売り決裂
 TBSホールディングスは27日、住生活グループとの間で進めていたプロ野球横浜ベイスターズの売却交渉が決裂した、と正式に発表した。来季に関しては球団を継続保有する方針も示した。

 記者会見した財津敬三社長は「ドラフト会議などを控え、時間的な余裕がなく交渉の打ち切りを決めた。引き続きオーナー企業として責任を果たし、球団の体制づくりを進める」と述べた。

 一方、住生活側も記者会見。傘下企業のトステムの溝口和美副社長は「ぎりぎりのタイミングまで知恵を絞ったが、不本意な結果になってしまった」と語った。買収断念の理由については「球場など諸条件が合わなかったため」と説明した。

[ 2010年10月27日17時46分 産経新聞 ]

read more...
スポンサーサイト


2010-10-27 Wed 23:36:26 | trackback(11) | comment(0) | | PageTop▲

巨人にGMは必要か?

Category: 野球

ネタが無い時は、やっぱりこの男に頼るしかない。

G渡辺会長、GM制度熱望「専門家が必要」
 巨人の渡辺恒雄球団会長が26日、リーグ優勝と日本一を逃したチームの立て直しへ向け、編成部門を統括するゼネラルマネジャー(GM)の必要性を語った。

 25日に原監督からシーズン報告を受けたばかりの渡辺会長は「巨人には選手をいかに強化するかという専門家がいない」と指摘。具体的な計画はまだないというが、ヤンキースのキャッシュマンGMを例に挙げ、「監督にも、オーナーにも、代表にも、対等にものが言える人間が必要。生え抜きじゃなくたっていい。能力のある人がいるはず」と力説した。

[ 2010年10月26日23時5分 サンケイスポーツ ]


好きにしてくれと言ってしまえばそれまでなのだが、最近はメジャーリーグも身近になり、GMと言う言葉自体も耳慣れてくるようになった。そこで、GMの必要性について少し考えてみたい。
read more...


2010-10-27 Wed 08:15:54 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

野球協約改定は何を目指すのか?

Category: 野球

根来泰周コミッショナー代行は「コミッショナーには権限がない」等と嘆きつつ(?)、野球協約を改正してコミッショナーの権限を強化する必要性を訴えてきた。漸くその方向性が明らかになったようだが…。

プロ野球オーナー会議、コミッショナー権限強化へ
 プロ野球のオーナー会議が23日、東京・港区のザ・プリンス・パークタワー東京で行われ、コミッショナーの権限強化など、プロ野球協約や社団法人・日本野球機構の定款の改定について、根来(ねごろ)泰周(やすちか)コミッショナー代行が示した素案を了承した。

 改定の柱は、<1>日本野球機構と日本プロフェッショナル野球組織を一本化し、セ・パ両連盟と統合する<2>コミッショナー権限の強化<3>オーナー会議を最高議決機関とする―の3つ。

 <1>では、独立しているセ、パ両連盟の事務局が、コミッショナー事務局に「部」として吸収される。

 <2>については、現在は実行委員会が選任しているコミッショナーを、オーナー会議が選任する。コミッショナーの職権は紛争の裁定など司法的なものが中心だったが、改定後は実行委の決定などに基づき、直接事務を実行できる行政的な権限も加わる。また、3年だった任期は2年となり、現在は任期中の身分が保障されているが、権限強化と引き換えに、オーナー会議によって解任される場合もある。一方、司法的な権限についても、諮問機関として第三者による調査・裁定委員会(仮称)を設置して、より効率的に紛争解決ができるようになる。

 <3>のオーナー会議は、日本人選手の海外流出問題や、五輪に野球を復帰させる取り組みなど、主に野球界の抱える重要問題を議論する。オーナー会議との関係があいまいだった実行委員会は、オーナー会議の下部の議決機関と明確に位置づける。審議事項も日本シリーズ開催方式など、試合運営にウエートがおかれ、オーナー会議の求めに応じて再審議もする。

 根来代行は「これで、協約改定の議論は終わり。あとは専門家にお願いして立法作業に入る」と10月を目標に、細部を詰める方針を改めて示した。

[ 2008年1月23日 21時01分 読売新聞 ]


今回のオーナー会議の審議事項は他にもあったようだが、本記事では野球協約改定のみに絞って検証してみたい。
read more...


2008-02-02 Sat 00:20:36 | trackback(1) | comment(2) | | PageTop▲

パウエル問題は誰が悪いのか?

Category: 野球

予想外の大騒ぎになっている印象だが…。

ソフトBがパウエル獲得を発表
 ソフトバンクは29日、新外国人選手として前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)を獲得したことを発表した。パウエルは01年に来日し、7年間の通算成績は161試合登板、67勝59敗、防御率3・89。昨年、巨人を自由契約になっていた。

 オリックスが11日に獲得に合意したことを発表していたが、竹内孝規球団常務最高執行責任者(COO=47)は「周辺確認をし、1月25日に更新されているNPBの自由契約選手リストにもパウエル選手の名前が入っていた。所属を決定づける統一契約書も交わしている」と契約の正当性を強調した。

[ 2008年1月29日16時26分 日刊スポーツ ]


色々なブログを見たところ、その多くはソフトバンクの対応を非難するものだったが、果たしてそうなのだろうか?この件については30日にパ・リーグの小池唯夫会長が事情を聴くとのことだったが、一応事情聴取は行われたようなので筆者の見解を述べてみたい。
read more...


2008-02-01 Fri 00:41:53 | trackback(10) | comment(2) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。