1. Top » 
  2. 評議員会

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

日本バスケットボール協会につける薬無し

Category: その他のスポーツ

ついにと言うべきか、当然と言うべきか…。

日本バスケットボール協会:内紛問題 JOCが処分、強化費1100万円停止
 日本オリンピック委員会(JOC)は10日、加盟団体審査委員会を開き、紛糾が続いている日本バスケットボール協会に対して、今年度の強化交付金(約1100万円)を交付しない処分を決めた。バスケット協会が来年1月10日までに役員改選を終えない場合、さらに今後数年分の交付中止や、五輪、アジア大会などへの選手派遣見送りなども検討する。

 バスケット協会は、昨夏に日本で開いた男子世界選手権の大幅赤字決算をきっかけに、執行部と一部評議員が対立。評議員会が4月から5回連続で成立しない異常事態が続き、JOCが同協会に対して11月中の解決を求めていた。今年度予算や昨年度決算は11月末に承認されたが、7月末に任期満了となった役員の改選は先送りされたままとなっている。

 加盟団体審査委の市原則之委員長は「バスケット協会の混乱はスポーツ界のイメージを著しく失墜させた。まだ正常化したとはいえず、JOCの規定にも違反している」と説明した。

 JOCは加盟団体規程で、加盟団体の管理運営に適正を欠くと判断した場合は処分できると定めている。今年5月には、元会長が不正経理により有罪判決を受けた日本スケート連盟に対して、今年度の強化事業委託金を約2割(約1400万円)減額する処分を科した。【石井朗生】

[ 2007年12月11日 毎日新聞 ]


紛糾している直接の要因は昨年日本で行われた世界選手権で約13億円もの赤字を垂れ流したことだが、執行部と一部評議員の対立構造は何年も前からのことで根深い問題だ。対立が長引いているのは、執行部側と反執行部側が全く歩み寄りを見せないからで、反執行部側の責任もあるのは確かだが、行動に責任感の欠片もない日本バスケットボール協会幹部の責任の方が大きいと言わざるを得ない。
read more...
スポンサーサイト


2007-12-13 Thu 07:07:53 | trackback(0) | comment(4) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。