1. Top » 
  2. 血統

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

Will "Harbinger" literally become a harbinger?

Category: 競馬

何事にもリスクはつきものであるが。

社台がハービンジャーを購入
 今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSをレコードで2着に11馬身差をつけ圧勝し、凱旋門賞の最有力候補となったものの、その後の調整中に左前脚を骨折。現役引退を余儀なくされたハービンジャー(牡4歳)を、日本の社台グループが種牡馬として購入したと、3日、英国のスポーティングライフ紙電子版が報じた。

 同馬はデインヒルの直子のダンシリを父に持つ英国産馬。4歳となった今年、重賞3連勝のあとに臨んだ“キングジョージ”でG1初制覇、欧州最強馬の地位を確固たるものとしたが、その後に故障を発症して引退。今後の動向が注目されていた。種牡馬として、英国、欧州を中心とした争奪戦が繰り広げられたが、かつてはサンデーサイレンスを購入した日本の社台グループがその権利を勝ち取った。なお、購買価格などは明らかになっていない。

[ 2010年9月4日06時02分 スポーツ報知 ]


いくらで購入したかは分からないが、こちらの記事によれば、multi-million dollar dealとあるので数億円の買い物であろう。種牡馬の売買とすればそんなに高額な取引とは言えないと思うが、結局のところ産駒が走ってみないことには取引が成功だったか失敗だったかの結論は出せない訳で、リスクが高い買い物なのは確かだ。果たして、ハービンジャー(Harbinger)は日本で成功するのか筆者なりに検討してみたい。
read more...
スポンサーサイト


2010-09-06 Mon 10:22:48 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。