1. Top » 
  2. 組織検査

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

不可解な愛知県警の捜査

Category: 相撲

大相撲九州場所は横綱白鵬の優勝で終わったが、大関千代大海の休場により千秋楽を待たずに優勝が決まり、白鵬は大関琴光喜に裏返される始末。観客の入りが示すように熱戦とはほど遠い印象で、大相撲の低迷は当分続くだろう。

大相撲の人気低迷は、土俵の中だけではなく外でのトラブルによるところもあるが、時太山の急死事件も事件発生から5ヶ月、愛知県警が立件を視野に入れてから2ヶ月が過ぎている。いい加減立件されるかと思いきや、先延ばしにされるようだ。

慎重捜査、越年へ=組織検査、名大で再実施-時津風部屋の力士急死・愛知県警
 大相撲時津風部屋の序ノ口力士斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山=が名古屋場所前の6月、けいこ中に急死した問題は、立件に向け捜査を進めてきた愛知県警が斉藤さんの組織検査を再度実施することを決めたことから、結論は年明け以降に持ち越されることが確実となった。急死から5カ月。遺族からは「うやむやにされてしまうのでは」と、困惑する声も上がっている。(以下略)

[ 2007/11/25-16:04 時事通信 ]


以前の記事で触れたように、恐らく愛知県警は一度は立件を断念している。とは言え、組織検査は新潟大学の出羽厚二准教授(法医学)によって「多発外傷による外傷性ショックが死因」との鑑定結果が出ている。再検査は名古屋大学で行われるようだが、何度も検査する意味があるとは思えない。この決定は再検査が目的ではなく、明らかに捜査の引き延ばしが目的と思われるが、その背景は何なのか考えてみたい。
read more...
スポンサーサイト


2007-11-26 Mon 01:23:12 | trackback(0) | comment(5) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。