1. Top » 
  2. 福岡ソフトバンクホークス

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

神様、仏様、成瀬様

Category: 野球

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第6戦が19日、ヤフードームで行われた。3勝3敗の五分で迎えた文字通りのファイナルステージは、成瀬善久投手の好投で千葉ロッテマリーンズが7-0で福岡ソフトバンクホークスに完勝し、ロッテは2005年以来5年振りの日本シリーズ進出を決めた。思わぬワンサイドゲームになった試合であるが、簡単に振り返ってみたい。
read more...
スポンサーサイト


2010-10-19 Tue 23:48:37 | trackback(20) | comment(0) | | PageTop▲

文字通りのファイナルステージへ

Category: 野球

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦が18日、ヤフードームで行われ、千葉ロッテマリーンズが5-2で福岡ソフトバンクホークスに勝利、対戦成績を3勝3敗の五分に戻し逆王手をかけた。両チームとも積極的に動いた試合であったが、試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-18 Mon 23:40:01 | trackback(16) | comment(0) | | PageTop▲

勝負師としての資質

Category: 野球

今日もまずはパ・リーグから。

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦が17日、ヤフードームで行われ、千葉ロッテマリーンズが4-2で福岡ソフトバンクホークスに勝利、対戦成績を2勝3敗として何とか踏みとどまった。今日の試合は、一言で言ってしまえば渡辺俊介投手の好投に尽きるが、他のシーンを含めて簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-17 Sun 22:53:25 | trackback(18) | comment(0) | | PageTop▲

SBMの恐怖

Category: 野球

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が16日、ヤフードームで行われた。試合は、福岡ソフトバンクホークスが1-0で千葉ロッテマリーンズに勝利、対戦成績を3勝1敗として日本シリーズ進出に王手をかけた。ここまでロースコアの試合になるとは全くの予想外であったが、投手戦と言うよりは貧打戦だっただろう。試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-16 Sat 22:40:41 | trackback(14) | comment(0) | | PageTop▲

正反対の試合

Category: 野球

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が15日、ヤフードームで行われた。試合は、和田毅投手の好投が光り、福岡ソフトバンクホークスが3-1で千葉ロッテマリーンズに勝利、対戦成績を2勝1敗とした。昨日とは全く逆の展開となったが、試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-15 Fri 23:53:45 | trackback(11) | comment(0) | | PageTop▲

まずは予想通りの勝利

Category: 野球

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが14日、ヤフードームで開幕した。試合は大松尚逸選手の一振りが効いて、千葉ロッテマリーンズが3-1で福岡ソフトバンクホークスに先勝した。CSのシステム上、1位チームはファーストステージを勝ち上がってきたチームに関して試合勘の上で不利なことは否めなく、また下のチームにとってはアドバンテージの1勝を乗り越えて日本シリーズ出場を手にする為には初戦は絶対に落とせない訳で、ロッテの勝利は順当であったと言えるだろう。試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-14 Thu 23:28:53 | trackback(12) | comment(2) | | PageTop▲

福岡ソフトバンクホークス7年ぶりのリーグ優勝

Category: 野球

プロ野球はセ・リーグ、パ・リーグ共シーズン最終盤まで優勝が決まらない大混戦であったが、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが7年ぶりのリーグ優勝に輝いた。実際には2004年、2005年と2年連続でレギュラーシーズン1位ながらプレーオフで敗退して優勝を逃していて、(レギュラーシーズン1位という意味での)優勝がここまで久しぶりな感はないのだが、ソフトバンクホークスとなってからは初の優勝で関係者の喜びは一入であろう。できれば今日の試合(対東北楽天ゴールデンイーグルス)に勝って優勝を決めたかっただろうが、消化試合となってしまえば敗戦も致し方無しだろう。ただ、本多雄一選手の盗塁の数が埼玉西武ライオンズの片岡易之選手と並び、事実上盗塁王が決定したことは良かったのではないだろうか。ソフトバンク戦はこれくらいにして、(優勝が決まった)北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズ戦を振り返ってみたい。
read more...


2010-09-26 Sun 23:54:12 | trackback(13) | comment(0) | | PageTop▲

9月25日のスポーツ雑感

Category: 野球

手短に書いていく。

東北楽天ゴールデンイーグルス-埼玉西武ライオンズ
西武が3-2で辛勝した試合だが、勝因は長田秀一郎投手の好投だっただろうか。帆足和幸投手がルイーズ選手の放った打球を受けるアクシデントで急遽登板したが、2回2/3を無失点で切り抜け流れを作った感がある。楽天の先発ラズナー投手のデキが良かっただけに、失点していれば負けていたかも知れない。勿論、中村剛也選手の活躍も光った。今の調子は良いとは言えない状態であったが、1本目はともかく、2本目は完璧な当たりで、これで調子に乗れるだろうか。西武の重量打線の象徴とも言える「おかわり」の2発は他の打者にも好影響を与えそうだ。

楽天も最終回に1点を返して追い詰めたが、あと1本が出ないのが今の順位を象徴している。枡田慎太郎選手には代打もあったように思うが、枡田選手に経験を積ませようと言うことだろう。楽天は目先の勝利に拘る必要はないし、これはこれでいいのではないだろうか。
read more...


2010-09-26 Sun 01:44:44 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

ルールは誰のためにある?

Category: 野球

季節は秋になり、個人的に好きなNFLも始まったが、日米ともこれからクライマックスを迎えるのは野球だ。日本においてもプロ野球が地上波で放送される機会は激減したが、それとは裏腹にセ・リーグ、パ・リーグとも混戦になっている。今日(19日)の注目カードを一つずつ挙げるなら、セ・リーグは阪神タイガース-読売ジャイアンツ、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークス-埼玉西武ライオンズだっただろうか。

筆者はソフトバンク-西武をTV観戦していた。この試合、7回裏の集中打が効いてソフトバンクが11-4で快勝した。西武のM4で迎えたソフトバンク-西武の3連戦だが、結局ソフトバンクが連勝してM4は変わらず、もし3タテするようなことがあればソフトバンクの逆転優勝の可能性も十分だ。とは言え、この試合かなり後味の悪い試合だったことは間違いなく、問題のシーンを振り返ってみたい。
read more...


2010-09-20 Mon 00:49:43 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

パウエル問題は誰が悪いのか?

Category: 野球

予想外の大騒ぎになっている印象だが…。

ソフトBがパウエル獲得を発表
 ソフトバンクは29日、新外国人選手として前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)を獲得したことを発表した。パウエルは01年に来日し、7年間の通算成績は161試合登板、67勝59敗、防御率3・89。昨年、巨人を自由契約になっていた。

 オリックスが11日に獲得に合意したことを発表していたが、竹内孝規球団常務最高執行責任者(COO=47)は「周辺確認をし、1月25日に更新されているNPBの自由契約選手リストにもパウエル選手の名前が入っていた。所属を決定づける統一契約書も交わしている」と契約の正当性を強調した。

[ 2008年1月29日16時26分 日刊スポーツ ]


色々なブログを見たところ、その多くはソフトバンクの対応を非難するものだったが、果たしてそうなのだろうか?この件については30日にパ・リーグの小池唯夫会長が事情を聴くとのことだったが、一応事情聴取は行われたようなので筆者の見解を述べてみたい。
read more...


2008-02-01 Fri 00:41:53 | trackback(10) | comment(2) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。