1. Top » 
  2. 独占交渉権

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

謎多き破談

Category: 野球

ダルビッシュ有・紗栄子夫妻の話ではなく…。

岩隈久志:楽天に残留 アスレチックスとの交渉決裂
 ポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍を目指していた楽天の岩隈久志投手(29)と、独占交渉権を得ていたアスレチックスの交渉が決裂したことが22日、分かった。岩隈の代理人側は「再び両者が交渉のテーブルに着くことはない」と話しており、岩隈の楽天残留が決まった。同制度で応札がありながら、交渉が決裂するのは初めて。

 岩隈の代理人側は「1度目の金額提示の後、交渉によって歩み寄りがあると考えていたが、アスレチックスは『この額がのめないなら、来なくてもいい』という考えのようだ。受け入れられる条件ではない」と話した。

 岩隈が海外移籍可能なフリーエージェント(FA)権を得るのは順調にいっても来季中。メジャー志向を強く持っていたため、入札制度を利用して1年早く大リーグに移籍することを目指していた。

 入札制度を利用した交渉が決裂した場合、翌年11月まで同制度での移籍は認められない。岩隈は楽天に残留し、海外FA権を来オフに行使して改めて大リーグ移籍を目指すことになりそうだ。【藤野智成】

[ 2010年11月22日11時11分 毎日新聞 ]


そもそも落札したのがオークランド・アスレチックスだった時点で驚きだったのだが、同時に交渉決裂の可能性が高いと思っていた。マスコミによって報じられる内容も、条件面で球団側、代理人側の隔たりが大きくとても纏まる話ではないと思っていた。破談の直接の要因は条件(金銭)面の隔たりが大きすぎたことにしても、今回の件に関しては色々と謎が多く整理してみたい。
read more...
スポンサーサイト


2010-11-23 Tue 11:34:46 | trackback(3) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。