1. Top » 
  2. 民放連

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

自業自得

Category: メディア・IT

日本代表の予想外の健闘もあって、視聴率自体は悪くなかったと思うのだが。

南アW杯放送、民放は赤字 「ショック受けた…」民放連会長
 民放連の広瀬道貞会長(テレビ朝日顧問)は16日の定例会見で、サッカーW杯南アフリカ大会での民放テレビ局の収支が、トータルで赤字になったことを明らかにした。NHKと民放がジャパン・コンソーシアム(JC)を組織して放映権を購入した国際スポーツイベントで、赤字になったのは今回が初めて。

 広瀬会長は「ショックを受けた」と表明し、理由について「放映権料が高騰し、スポンサーの広告費が抑制傾向のなか、大会直前まで日本代表が不調だったなどの要因が重なった」と説明。赤字額は明らかにしなかった。

 また、広瀬会長は放映権料の値上がり傾向について「混乱を招いており、高く買ってくれるところなら、どこにでも売ればいいという姿勢は反省を迫られる」と、国際サッカー連盟や国際オリンピック委員会を批判。引き下げに向けて主張していく意向を示した。

 民放連によると、JCは五輪では1984年のロサンゼルス大会、W杯では2002年の日韓大会から組織されている。

[ 2010年9月16日19時32分 産経新聞 ]


赤字額は十数億円と見られているが、(国民が望んでいるとも思えない)デジタル放送化への出費や不況によるCM収入の伸び悩み等、民間放送を取り巻く環境は厳しく、恨み節も分からなくもないが、正直自業自得の感は否めない。
read more...
スポンサーサイト


2010-09-22 Wed 00:42:29 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。