1. Top » 
  2. 横綱審議委員会

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

有識者は昭和の遺物?

Category: 相撲

どっちもどっちではあるが。

相撲協会:横審、月刊誌記事で侮辱発言と伊藤理事に抗議文
 日本相撲協会の横綱審議委員会(横審)の臨時会合が25日、東京・両国国技館で開かれ、「文芸春秋」9月特別号のインタビュー記事で横審を侮辱する発言をしたとして、協会の伊藤滋外部理事(79)=早大特命教授=に抗議文を出すことを決めた。抗議文には委員12人のうち会合に出席した9人が署名。速達で伊藤理事に即日送付された。

 記事は「大相撲賭博調査団の全報告」というタイトルで、協会の特別調査委員会座長を務める伊藤理事が調査の内情などを詳細に語っている。その中で「名古屋場所が終わったあと、『賜杯自粛は行き過ぎ』だの『長い伝統を覆すような改革は好ましくない』だの、随分と物言いがついたようです」と横審が協会に苦言を呈したことに触れ、「横審は横綱の品格や見識を問うていればいいのであって、改革についてお節介を焼かなくてもいいんですよ。権威主義的な昭和の遺物ですね」と批判している。

 鶴田卓彦委員長(元日本経済新聞社社長)は会見で「余計なことを言うなというのはいくらなんでも言葉が過ぎる。横審として看過するわけにはいかない」と語った。

 この日の会合では、横審の役割について質問が出され、放駒理事長は「横綱に関する案件が第一だが、相撲界全般についてご意見をうかがいたい」と答えたという。

 抗議文について、伊藤理事は協会を通じ「何も言うことはありません」とコメントした。【大矢伸一】

[ 2010年8月25日20時22分 毎日新聞 ]


思わず失笑が漏れる記事だが、遠慮無く行かせて頂く。
read more...
スポンサーサイト


2010-08-26 Thu 07:42:54 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

"謝罪会見”という儀式に意味はあるのか?

Category: 相撲

30日に”渦中の”亀田大毅選手と横綱朝青龍が謝罪会見を行った。

亀田大毅:お騒がせして申し訳ありませんでした 公の場で初めて謝罪
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(10月11日)で反則行為を繰り返して判定負けし、日本ボクシングコミッション(JBC)から1年間の資格停止処分を受けた亀田大毅選手(18)が30日午後、練習再開を前に、所属する協栄ジム(東京都新宿区)で記者会見した。大毅選手は10月17日に父史郎氏(42)と謝罪会見したが、一言も話さずに退席。10月16日には兄の興毅選手(21)も謝罪会見をしていた。

 前回の謝罪会見から少し伸びた髪型で会見場に現れた大毅選手は「みなさまお騒がせして申し訳ありませんでした。今日から気持ちも体も落ち着いてきたので、一からではなく、ゼロからスタートしたいと思うので、ファンの皆様応援よろしくお願いします」と初めて公の場で謝罪した。

[ 2007年11月30日 毎日新聞 ]



朝青龍:3カ月ぶり再来日…会見で「心からおわびする」と
 療養のためモンゴルに帰国していた大相撲の第68代横綱・朝青龍(27)=本名・ドルゴルスレン・ダグワドルジ、ウランバートル市出身、高砂部屋=が30日、3カ月ぶりに再来日した。東京・両国国技館で記者会見し、「長い間、ご心配とご迷惑をお掛けしたことを心からおわびする」と謝罪した。

 朝青龍は7月末に左ひじと腰のけがを理由に夏巡業の休場届を出しながら、無断帰国中にサッカーをしていたことが判明。2場所連続出場停止などの処分を受けた。直後から「自分がコントロールできない状態」となり、「解離性障害」と診断されて帰国、療養していた。

 サッカーについては「痛みはあったが、頼まれたのでやった。自分が悪かった」と釈明。今後は「もう一度最初から心の準備をしたい」と語った。2日に大分県で始まる冬巡業には参加し、来年初場所での再起を目指す。

[ 2007年11月30日 14時59分 毎日新聞 ]

read more...


2007-12-01 Sat 13:55:03 | trackback(16) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。