1. Top » 
  2. 日本代表

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

悪くはなかった試合

Category: サッカー

ザッケローニ監督の二戦目となる、韓国代表との親善試合が12日、ソウル・ワールドカップスタジアムで行われた。結果は0-0のスコアレスドローに終わったが、親善試合とは思えない緊迫した空気もあって試合自体は面白かった。試合内容を簡単に振り返ってみたい。
read more...
スポンサーサイト


2010-10-12 Tue 23:57:20 | trackback(18) | comment(0) | | PageTop▲

歴史的快挙?

Category: サッカー

ザッケローニ監督の初陣となったキリンチャレンジカップ第3戦は、8日に埼玉スタジアムで行われ、日本代表は岡崎慎司選手の先制ゴールを守りきり、アルゼンチン代表を1-0で下した。飽くまで親善試合であって結果より内容が大切と思うが、この後に控えるアウェーの韓国戦を考えると、一つ勝てたことは不協和音を封じる上でも今後に繋がるだろう。この試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-08 Fri 23:55:42 | trackback(17) | comment(1) | | PageTop▲

監督が先か、選手が先か、愛称が先か

Category: その他のスポーツ

誰が出るか知らないのに、愛称と言ってもなあという感じじゃないだろうか…。

白黒ジャパン!? 囲碁日本代表が「素敵な愛称」募集 「『なでしこジャパン』のように」
 囲碁日本代表に、素敵な愛称をつけて-。全日本囲碁連盟は30日、11月に中国・広州で開かれる「第16回アジア競技大会」に出場する囲碁日本代表チームの愛称を募集すると発表した。「○○○○ジャパン」の形で、「野球の『サムライジャパン』、女子サッカーの『なでしこジャパン』のような、選手が元気になり士気が上がる素敵な愛称を」と呼びかけている。

 同大会で囲碁は“頭脳スポーツ”として初めて正式種目に採用。日本からは名人、本因坊などトップクラス棋士が参加する予定で、先週末には東京都北区の「味の素ナショナルトレーニングセンター」で集中強化合宿も行われた。

 募集は9月1日から20日までで、はがきまたは日本囲碁連合ホームページから申し込む。採用者には代表候補選手とコーチの自筆署名入り色紙がプレゼント。問い合わせは事務局(電)03・3288・8727。

[ 2010年8月30日15時50分 産経新聞 ]


全日本囲碁連盟ではなく、全日本囲碁連合の誤りだと思うが…。全日本囲碁連合は日本棋院、関西棋院、日本ペア碁協会の3団体が立ち上げた新組織である。オリンピック、アジア競技大会に日本代表として選出されるためにはJOCに加盟している団体に所属している必要があるが、JOCに加盟するためにはその競技の統括団体であることが条件の一つになっている。日本棋院、関西棋院は基本的にはプロの組織であって、アマに関しては殆ど関わっていない訳で、JOCに加盟するためには新組織を立ち上げる必要があったのだろう。
read more...


2010-08-31 Tue 01:48:56 | trackback(13) | comment(0) | | PageTop▲

勝った負けたよりも

Category: サッカー

かなり久々の更新となってしまいましたが…。

ワールドカップアジア地区3次予選の日本-バーレーン戦がバーレーンの首都マナマで行われたが、日本が0-1で破れグループ2の2位に後退した。予選の目標はあくまで予選を突破することであって1試合毎の結果に一喜一憂することではないと思うが、簡単に感想を述べてみたい。
read more...


2008-03-27 Thu 08:15:30 | trackback(19) | comment(0) | | PageTop▲

この道はいつか来た道

Category: その他のスポーツ

まず、サッカーの東アジア選手権、対中国戦について簡単に。

この試合は最初から見ていないので細かいことに触れられないが、試合を見始めた頃にはおよそサッカーらしくない光景が広がっていた。飛び蹴りや蟹挟みは宛ら格闘技のようだったが、ポイントが入らなかったのはサッカーの試合だったからだろう。

この試合はアウェーの試合だし、そもそも(海外では)サッカーはフェアプレーを重視するスポーツではない訳で、ラフプレーが多くなったり、明らかに不公平なジャッジもまたサッカーではあるが、選手を故障させる不必要なラフプレーに関しては厳しいジャッジをしなければいけないだろう。ただ、試合終了直後に中村憲剛選手に対して見せた主審の笑顔は何か意味深な事情を物語っているようだったが。

さて、本題だが、まずは以下の記事を読んで頂きたい。

大阪市の中学校がバレーボール独自大会
 日本バレーボール協会(JVA)が導入した個人登録制度に反発する大阪市の一部の中学校が、開催中の大阪中学校新人大会に参加せず、独自で大会を行うことが15日までに分かった。

 JVAは財源確保を目的に、これまで中学は1チーム年間2000円だった登録を本年度から個人登録に変更し、中学生1人500円とした。このため大阪では今回の新人大会への参加校が半減。大阪市中学校体育連盟バレーボール専門部の広瀬文雄部長はJVAに対し「経営が悪くなったら子どもたちからお金を巻き上げるのか」と不信感を募らせている。

 独自の大会は「交流会」の形で3月、女子81校が参加して行う。広瀬部長は「一部の先生から子どものために試合をしたいと言われ、(大阪市の)中体連が仲を持った」と説明した。

[ 2008年2月15日 20時32分 日刊スポーツ ]

read more...


2008-02-22 Fri 11:49:26 | trackback(1) | comment(0) | | PageTop▲

アジア選手権優勝の価値

Category: 野球

北京オリンピックのアジア予選を兼ねたIBAFアジア選手権最終戦が3日台湾・台中の洲際野球場(インターコンチネンタル球場)で行われ、日本は台湾と対戦し10-2で勝利し、3戦全勝でアジア選手権優勝、北京オリンピック出場権を獲得した。

フィリピン戦のコールド勝ちはまあ当然としても、やはり韓国や台湾とは楽な試合は出来ない。台湾戦は最終的には大差がついたが、先発の陽建福投手を打てず、一度は陳金鋒選手の2ランで試合をひっくり返されている訳で、楽な戦いではなかっただろう。韓国戦は文字通りの死闘となって、再三のピンチを辛くも凌ぎきった。国際試合の緊迫感はテレビを通じてもひしひしと感じられた。
read more...


2007-12-04 Tue 18:01:47 | trackback(14) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。