1. Top » 
  2. 日本サッカー協会

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

Money, Money, Money

Category: サッカー

今回はサッカー関連の記事をまとめてお送りしたい。まず、最初の話題は、

メッシ出なければギャラ減額!小倉会長明かす
 10月8日のアルゼンチン戦開催を正式発表した日本サッカー協会の小倉純二会長は10日、アルゼンチン協会とスーパースターのメッシ(バルセロナ)が試合に出場する契約を結んでいることを明らかにした。

 小倉会長は「メッシが出なければ、(アルゼンチン協会に支払うギャラが)20万ドル(約1680万円)減ることになる」と語った。

[ 2010年9月10日19時1分 サンケイスポーツ ]


アルゼンチンにとって日本は明らかな格下である訳で、過去にアルゼンチンだけでなくサッカーの強豪国に舐められてきた歴史を持つ日本代表(日本サッカー協会)としては、こういった契約を結べること自体進歩とは言えると思うが。確かに、興行的に見れば(リオネル・)メッシという名前はサッカーに詳しくない人でも知っている訳で、メッシがいるいないでは観客動員や視聴率が変わってくるのは事実だろう。それと、アルゼンチンに対して遊びに来るだけの来日は勘弁してくれというのもあるだろう。
read more...
スポンサーサイト


2010-09-12 Sun 01:31:09 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

とりあえず良かったんだろう

Category: サッカー

はっきり言ってあまり興味なかったのだが、この猛暑じゃ出かける気にもならないので見てしまった。結果はご存じの通り、香川真司選手のゴールでパラグアイに1-0で勝利した訳だが、手短に感想など述べてみたい。
read more...


2010-09-05 Sun 00:51:06 | trackback(15) | comment(0) | | PageTop▲

監督が先か、選手が先か、愛称が先か

Category: その他のスポーツ

誰が出るか知らないのに、愛称と言ってもなあという感じじゃないだろうか…。

白黒ジャパン!? 囲碁日本代表が「素敵な愛称」募集 「『なでしこジャパン』のように」
 囲碁日本代表に、素敵な愛称をつけて-。全日本囲碁連盟は30日、11月に中国・広州で開かれる「第16回アジア競技大会」に出場する囲碁日本代表チームの愛称を募集すると発表した。「○○○○ジャパン」の形で、「野球の『サムライジャパン』、女子サッカーの『なでしこジャパン』のような、選手が元気になり士気が上がる素敵な愛称を」と呼びかけている。

 同大会で囲碁は“頭脳スポーツ”として初めて正式種目に採用。日本からは名人、本因坊などトップクラス棋士が参加する予定で、先週末には東京都北区の「味の素ナショナルトレーニングセンター」で集中強化合宿も行われた。

 募集は9月1日から20日までで、はがきまたは日本囲碁連合ホームページから申し込む。採用者には代表候補選手とコーチの自筆署名入り色紙がプレゼント。問い合わせは事務局(電)03・3288・8727。

[ 2010年8月30日15時50分 産経新聞 ]


全日本囲碁連盟ではなく、全日本囲碁連合の誤りだと思うが…。全日本囲碁連合は日本棋院、関西棋院、日本ペア碁協会の3団体が立ち上げた新組織である。オリンピック、アジア競技大会に日本代表として選出されるためにはJOCに加盟している団体に所属している必要があるが、JOCに加盟するためにはその競技の統括団体であることが条件の一つになっている。日本棋院、関西棋院は基本的にはプロの組織であって、アマに関しては殆ど関わっていない訳で、JOCに加盟するためには新組織を立ち上げる必要があったのだろう。
read more...


2010-08-31 Tue 01:48:56 | trackback(13) | comment(0) | | PageTop▲

問われる日本サッカー協会の危機管理能力

Category: サッカー

サッカー日本代表監督のイビチャ・オシム監督が急性脳梗塞で倒れたことは既にご存じのことだと思う。脳梗塞はいかに迅速に治療に入れるかが治癒率や治癒後の後遺症に大きな影響を与えるが、不安になる実態が明らかになった。

<オシム監督入院>「後任」一切話していない…協会専務理事
 サッカーのオシム監督(66)が急性脳梗塞で入院した日本代表について、日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は17日、タイで行われている国際大会の視察から急きょ帰国した小野剛技術委員長らと対応策を協議した。合宿の日程も含め、強化策の見直しを小野技術委員長が中心となって行うことを確認したという。

 オシム監督が長期不在となれば、約80日後に迫った2010年ワールドカップ(W杯)アジア地区予選に向けた強化体制の見直しを迫られるが、田嶋専務理事は「(協会内部で)次期監督云々は一切話していないし、触れてもいない」と語った。スタッフによる18日のJリーグ視察も予定通りに行う。

 また、関係者によると、オシム監督が倒れた際、連絡に手間取り順大浦安病院(千葉県浦安市)に搬送するまで1時間以上かかった。オシム監督の家族が日本の119番通報を知らなかったため、フランスにいる知人から日本の関係者を経由して救急車を呼んだという。田嶋専務理事は「協会で24時間の連絡態勢を取っていたが、それは使われなかった」と説明した。

 入院先の病院には別室が用意され、家族のほか協会関係者が詰めている。【村田隆和】

[ 2007年11月17日20時47分配信 毎日新聞 ]


オシム監督は高齢(66歳)であるし、高血圧の持病もあった。協会としては、月1回の健康診断を受けさせたり、遠征や合宿の際には薬や病院の手配をする等対策は講じていたが、思わぬ綻びが見えた格好だ。健康診断の結果はジェフ千葉の監督時代よりも良好だったらしいが、オシム監督の年齢からすれば病を突然患っても珍しいことではないし、日本代表監督の重圧と言うのは想像以上に大きく激務であることには違いないだろう。それにしても、119番通報を知らなかったとは何とも酷い話で、24時間体制云々以前の問題だ。日本代表チームのゴール前ではないが、”詰めの甘さ”を露呈したように思える。
read more...


2007-11-18 Sun 17:21:56 | trackback(1) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。