1. Top » 
  2. 宮川和則

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

スポーツの本質とは?

Category: その他のスポーツ

何とも不可解な…。

横浜光ジム閉鎖か?所属選手流血も試合止まらず、JBC運営に不信感
 プロボクシングの横浜光ジム(横浜市、宮川和則会長)がジムを閉鎖する意向を持っていることが5日、関係者の話で分かった。所属選手が出場した4日の試合をめぐり、選手の安全面に配慮したレフェリングができていないと日本ボクシングコミッション(JBC)に不信感を抱いたのが発端。同ジムでは来月2日に世界戦の興行を予定しており、もし現実にジムを解散するとしても、世界戦後となりそうだ。

 横浜光ジム関係者によると、所属選手が出場した4日の東京・後楽園ホールで行われたノンタイトル8回戦でのレフェリングがジム閉鎖を考えるきっかけになったという。

 試合終盤に所属選手が強打を食らったが、相手へのクリンチでダウンを逃れた。ダメージを負っていた様子だったが、試合は続行され、今度は偶然のバッティングで目の上を6針縫う裂傷を負った。試合は判定で引き分けに終わった。

 一連のレフェリングに関し、関係者は「選手の生命を第一に考えるはずのレフェリーがこの展開でも試合を止める動きが見られなかった」と指摘。「(試合を運営する)JBCとの信頼関係が損なわれた。選手を預かるジムの立場として責任が持てない」とジム閉鎖の意向を示唆。宮川会長は5日、都内のJBCを訪れ、ジム運営に必要なクラブオーナーライセンス返上を申し出たという。

 JBCは申し入れを了承しておらず、JBCの安河内剛事務局長は「6日にも担当レフェリーを呼んで試合を検証する」と話すにとどめた。

 横浜光は元2階級制覇の畑山隆則、前WBA世界ミニマム級王者・新井田豊ら世界王者を輩出した名門。ただ、来月2日に所属選手の李冽理(28)がWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチに挑戦するため興行主として試合を行う義務がある。

 ジム閉鎖となるとしても世界戦後になりそうだが、李が世界王者になった直後にジム消滅という前代未聞の事態になりかねない。日本王者も抱える有力ジムの閉鎖を避けるため、JBCを始め、関係各所が善後策を講じるのは確実。事態は流動的と言えそうだ。

[ 2010年9月6日06時01分 スポーツ報知 ]


実際に試合を見ていないので何とも言えない部分もあるが、バッティングなんてボクシングでは日常茶飯事であるし、クリンチでダウンを逃れるのも当然のテクニックだし、試合が引き分けに終わっていることからも、序盤から相手選手の強打を食らいダウン寸前だった訳でもないだろうし。言いがかりにしか思えないが…。

横浜光ボクシングジムと言えば、以前にも不可解な事件があった。
read more...
スポンサーサイト


2010-09-07 Tue 11:59:50 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。