1. Top » 
  2. 埼玉西武ライオンズ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

西武の敗因は何?

Category: 野球

パ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージ第2戦は、延長11回に井口資仁選手のタイムリーヒットで勝ち越した千葉ロッテマリーンズが5-4で埼玉西武ライオンズを振り切った。連日の延長戦を制したロッテは2連勝でファイナルステージ進出が決定した。この試合も手に汗を握る激戦となったが、試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...
スポンサーサイト


2010-10-10 Sun 23:00:42 | trackback(15) | comment(0) | | PageTop▲

今シーズンを象徴する試合

Category: 野球

セ・リーグ、パ・リーグ共今シーズンの順位は決定したが、日本シリーズ進出を賭けたクライマックスシリーズ(CS)がいよいよ始まった。埼玉西武ライオンズ-千葉ロッテマリーンズの対戦となったパ・リーグのCSファーストステージ第1戦は、延長11回福浦和也選手のホームランで勝ち越したロッテが6-5で西武を振り切った。この試合は当に今シーズンのパ・リーグを象徴する試合だったと思うが、試合を簡単に振り返ってみたい。
read more...


2010-10-09 Sat 22:25:53 | trackback(10) | comment(0) | | PageTop▲

福岡ソフトバンクホークス7年ぶりのリーグ優勝

Category: 野球

プロ野球はセ・リーグ、パ・リーグ共シーズン最終盤まで優勝が決まらない大混戦であったが、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが7年ぶりのリーグ優勝に輝いた。実際には2004年、2005年と2年連続でレギュラーシーズン1位ながらプレーオフで敗退して優勝を逃していて、(レギュラーシーズン1位という意味での)優勝がここまで久しぶりな感はないのだが、ソフトバンクホークスとなってからは初の優勝で関係者の喜びは一入であろう。できれば今日の試合(対東北楽天ゴールデンイーグルス)に勝って優勝を決めたかっただろうが、消化試合となってしまえば敗戦も致し方無しだろう。ただ、本多雄一選手の盗塁の数が埼玉西武ライオンズの片岡易之選手と並び、事実上盗塁王が決定したことは良かったのではないだろうか。ソフトバンク戦はこれくらいにして、(優勝が決まった)北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズ戦を振り返ってみたい。
read more...


2010-09-26 Sun 23:54:12 | trackback(13) | comment(0) | | PageTop▲

9月25日のスポーツ雑感

Category: 野球

手短に書いていく。

東北楽天ゴールデンイーグルス-埼玉西武ライオンズ
西武が3-2で辛勝した試合だが、勝因は長田秀一郎投手の好投だっただろうか。帆足和幸投手がルイーズ選手の放った打球を受けるアクシデントで急遽登板したが、2回2/3を無失点で切り抜け流れを作った感がある。楽天の先発ラズナー投手のデキが良かっただけに、失点していれば負けていたかも知れない。勿論、中村剛也選手の活躍も光った。今の調子は良いとは言えない状態であったが、1本目はともかく、2本目は完璧な当たりで、これで調子に乗れるだろうか。西武の重量打線の象徴とも言える「おかわり」の2発は他の打者にも好影響を与えそうだ。

楽天も最終回に1点を返して追い詰めたが、あと1本が出ないのが今の順位を象徴している。枡田慎太郎選手には代打もあったように思うが、枡田選手に経験を積ませようと言うことだろう。楽天は目先の勝利に拘る必要はないし、これはこれでいいのではないだろうか。
read more...


2010-09-26 Sun 01:44:44 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

ルールは誰のためにある?

Category: 野球

季節は秋になり、個人的に好きなNFLも始まったが、日米ともこれからクライマックスを迎えるのは野球だ。日本においてもプロ野球が地上波で放送される機会は激減したが、それとは裏腹にセ・リーグ、パ・リーグとも混戦になっている。今日(19日)の注目カードを一つずつ挙げるなら、セ・リーグは阪神タイガース-読売ジャイアンツ、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークス-埼玉西武ライオンズだっただろうか。

筆者はソフトバンク-西武をTV観戦していた。この試合、7回裏の集中打が効いてソフトバンクが11-4で快勝した。西武のM4で迎えたソフトバンク-西武の3連戦だが、結局ソフトバンクが連勝してM4は変わらず、もし3タテするようなことがあればソフトバンクの逆転優勝の可能性も十分だ。とは言え、この試合かなり後味の悪い試合だったことは間違いなく、問題のシーンを振り返ってみたい。
read more...


2010-09-20 Mon 00:49:43 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲

大盤振る舞いの裏側には

Category: 野球

かなり太っ腹に思えるが。

メジャーリーグ全試合をYouTubeでノーカット公開 日本限定
 米メジャーリーグ(MLB)の公式サイトを運営する米MLB Advanced Mediaは8月30日、YouTubeでMLBの全試合映像を日本向けにノーカット配信する「MLB.JP」チャンネルを開設した。PCでのみ閲覧できる。

 YouTubeと映像配信に関するパートナーシップを締結。MLBの試合終了後、36時間以内にノーカット映像を公開する。昨年以降の試合は全て公開する予定だ。試合のハイライトや、1日の全試合結果をまとめた映像も用意する。動画ページには広告を掲載し、収入をYouTubeとシェアする。

 8月30日時点で約4000本の動画を公開。ほとんどは英語だが、一部日本語の実況が付いたものもある。ランディ・ジョンソン選手が2004年に達成した完全試合、野茂英雄選手の初登板、松井秀喜選手がMVPを獲得した昨年のワールドシリーズなど、歴史に残る名場面や日本人選手の懐かしの映像も順次配信していく。

 ノーカット試合映像を見られるのは日本のみで、そのほかのハイライト映像や過去の映像はロシア、オーストラリア、ニュージランド、ブラジルからも見られるようにした。“本場”米国のYouTubeからは映像を見られない。

 MLB.JPの記者発表会には、元プロ野球選手で、ニューヨークメッツに在籍したこともある小宮山悟さんがゲストで登場。「シーズンもそろそろ佳境なので、ワールドチャンピオンがどこなのか想像しながら、(MLB.JPを)楽しみたい」と話している。

[ 2010年8月30日17時5分 ITmedia ]

read more...


2010-09-03 Fri 22:51:50 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。