1. Top » 
  2. 原口次夫

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

山本茜騎手の件に関する補足記事

Category: 競馬

直前の記事で山本茜騎手が原口次夫調教師を訴えた件を取り上げたが、その山本騎手が訴えを取り下げたことが話題になっている。

山本茜騎手がセクハラ訴訟取り下げ
 厩舎(きゅうしゃ)の男性調教師(48)からセクハラを受けたとして、調教師に約550万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていた名古屋競馬の山本茜騎手(24)が24日、訴訟を取り下げる書面を名古屋地裁に提出した。

 山本騎手は理由について「レースに勝ちたい、もっとうまくなりたいというのがわたしの思い。時間と労力を訴訟ではなく、馬に乗ることに使いたい」としている。

 民事訴訟法は「訴えの取り下げは相手方の同意を得なければ、効力を生じない」と規定。

 調教師は「地方競馬のファンや関係者に迷惑を掛けたくない」と話し、取り下げに同意する考えを示した。

 山本騎手は平成15年6月に調教師に弟子入り。今年9月21日、調教師にたびたび抱き付かれたり、厩舎にある調教師の住居に呼び出されて服を脱ぐよう求められたりしたなどとして、提訴していた。

(2007.10.24 13:17 産経新聞)


山本騎手に何らかの圧力がかかったという見方もあれば、はたまた山本騎手の売名行為ではないのかと勘ぐる見方もあるようだが、いったい何があったのか。簡単に推理してみたい。
read more...
スポンサーサイト


2007-10-24 Wed 22:58:26 | trackback(2) | comment(0) | | PageTop▲

名古屋の厩舎で菊が満開

Category: 競馬

菊花賞はアサクサキングスが制したが、こちらは自らの”菊”を見せつけた愚か者の話だ。

名古屋競馬の女性騎手、調教師をセクハラで提訴
 名古屋競馬の山本茜騎手(24)が、所属していた厩舎(きゅうしゃ)の男性調教師(48)から悪質なセクハラを受け、所属厩舎の変更を余儀なくされたなどとして、調教師を相手取り、550万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしたことが分かった。女性騎手は全国にわずか10人余。現役の女性騎手が、競走馬の騎手を選べる調教師を訴えるのは極めて異例だ。

 訴状などによると、山本騎手は03年6月、調教師に弟子入りし、調教師の厩舎で競走馬の世話などを始めたが、調教師から度々抱き付かれるなどした。さらに、調教師は今年1月、厩舎の調教師の住居に山本騎手を呼び、強い馬に乗せる条件を語りながら「おれはお前に全部見せることができる」などと言って全裸になり、「お前も包み隠さず見せてみろ」と服を脱ぐよう求めたという。

 山本騎手は、厩舎に所属しないと競走馬に乗れなくなることなどから我慢し続けたが、これらの要求を拒否して師弟関係が壊れ、「指示に従わない」などの理由で5月に同厩舎を辞めさせられたと主張。甚大な精神的被害を訴えている。

 山本騎手は、05年10月にプロ騎手デビューし、今年3月、歴代女性騎手として最速(当時)で通算100勝を果たした。朝日新聞の取材に「調教師はセクハラを認めず、謝罪もしない。提訴するかどうか本当に悩んだが、自分の信念と他の女性騎手のためにも、泣き寝入りしてはいけないと思った」と話した。

 調教師は「全裸になったことは事実で行き過ぎがあったが、仕事の話し合い中のことで性的な意味はない。訴訟で争う」としている。

(2007年10月20日10時52分 朝日新聞)

read more...


2007-10-23 Tue 01:23:32 | trackback(3) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。