1. Top » 
  2. 北朝鮮

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

マイミクは将軍様?

Category: メディア・IT

珍しいこともあるものだ。

ツイッター遮断「知る権利侵す」 北朝鮮、韓国を非難
 【ソウル=牧野愛博】北朝鮮のウェブサイト「わが民族同士」が8月から、インターネット上でつぶやく「ツイッター」による情報提供を始めた。韓国政府が同国内からの接続を遮断したところ、同サイトは1日、「南朝鮮(韓国)人民の知る権利が侵害されている」と非難した。

 このアカウントの現在地は「平壌」とされ、主に韓国や米国を非難する北朝鮮公式メディアの主張を大半は朝鮮語でつぶやいている。フォローする人は1日現在、約1万500人。動画投稿サイト「ユーチューブ」へのアップロードも始めたが、韓国政府はこれらが国家保安法に触れると判断、韓国内で閲覧できない措置を取った。

 これに対し、「わが民族同士」は1日付の論評で、「インターネットによる意思交換は一つの流れ」とし、「共和国(北朝鮮)のものなら何でも否定する。無知な妄動だ」と決めつけた。

 ただ、実際には北朝鮮国内でも閲覧が制限されているとみられる。米国務省のクローリー次官補は8月18日、自分のツイッター上のつぶやきで「北朝鮮がツイッターとネットの世界につながったことを歓迎する」としつつ、「北朝鮮政府はツイッターに参加したが、一般市民にも接続を許可する用意はあるのか?」と皮肉っている。

[ 2010年9月1日22時48分 朝日新聞 ]


FIFAワールドカップ南アフリカ大会さえ情報統制していた国とは思えない発言だが…。
read more...
スポンサーサイト


2010-09-02 Thu 07:27:50 | trackback(0) | comment(0) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。