1. Top » 
  2. ムスタファ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- --:--:-- | | PageTop▲

”やり直し”の疑問と課題

Category: その他のスポーツ

北京オリンピックハンドボールアジア予選のやり直しの実施についてここ数日情報が錯綜している感があるが、どうやら1月下旬に日本(代々木第1体育館)で開催されることが決定したようだ。

仕切り直しハンド予選 選手「これからが本番」
 混乱していたハンドボールの北京五輪アジア予選やり直し問題が10日、男女とも1月下旬に日本で開催されることが決まった。国際連盟(IHF)理事で日本協会の渡辺佳英会長は「もう1度フェアな試合ができることは大変喜ばしい。ハンドボールが大変な危機にあり、(不可解な判定を)是正しなければ発展はないと理解されたのだと思う」と語った。開催まで2週間、日本協会では早速、本格的な準備に入る。

 予選参加国は最大で男子が5カ国、女子は4カ国。会場は国立代々木競技場で、参加国数によって25日から31日までの日程の中で会期を収めることになるが、男子の場合、5カ国すべてが参戦した場合、最低でも5日間は必要だ。代々木競技場の1日の使用料は450万円。日本協会では男女予選開催に1億円を見込む。こうした開催費用はもちろん、日程に平日が入るだけに運営スタッフ集めや、受験シーズンの中での宿泊先の確保も難題だ。川上憲太専務理事は「宿泊先については1週間前から準備を始めており、何とかやろうということ」と唇を引き締めた。

 選手が所属する日本リーグもシーズン中で、選手招集も課題。この日、市原則之副会長が名古屋で各チームの責任者らを集め、代表チームへの協力を要請した。課題は山積してはいるが、それでも「選手のためにフェアプレーの試合を取り戻せた」と市原副会長。予選の開催はもちろん、北京への切符を一丸となって挑むことになる。(以下略)

[ 2008年1月10日23時14分 イザ! ]


今後アジア・ハンドボール連盟(AHF)も何らかの動きを見せるだろうし、韓国ハンドボール協会は男女どちらかの予選を韓国で開催することを要求するようだ。しかし、IHFのホームページでも告知しているようにやり直しは確実であるし、少なくとも男女の予選のどちらかは日本で開催されるだろう。恐らく、男女とも日本開催になるだろうが…。

以前のエントリーではここまでの経緯について書いたが、今回は疑問点や課題について纏めてみたい。
read more...
スポンサーサイト


2008-01-11 Fri 20:02:28 | trackback(0) | comment(1) | | PageTop▲
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。